もし贅沢品価格と原産地関係後

March 12 [Tue], 2013, 17:19
KapfererでLVから見ていると、エルメス、シャネルこの種類のブランドにとって、品質を強調すると伝統のブランドは彼らは比べることができない性の主要な出所。彼らにとって、原産地は祖国のようで、ぶどう畑の土に結合、自然、日光、雨水や人類複雑労働の奇跡を乗せて文化。彼らにとって、「××製」のラベルを訴えている全体の物語。彼らが独立を保って、非公開では家族企業、彼らが長い目で落ちない短期の利益の罠。

他の会社は創造的なスタイルを強調され、「ファッションビジネスモデル」の啓発。だから、Burberry CEO A. Ahrendts会社そのイギリス工場閉鎖を決定しイギリス以下弁護:製造は消費者のブランドの戦略を構築する偏愛要素に基づいて、ファッションや英倫風は、特定イギリス製造技術、このいくつかとフランスやイタリア贅沢品ブランドとは違う。本当の贅沢品会社を維持する異色の特性や独特の、継続して永久の欲望の源泉。」

「ぜいたく品を保つために商業のモード、本当の贅沢なブランドを堅持しなければならない原産国。」Kapfererは「多くの贅沢なブランドにとっては大変こと。この要求を創造しなければならない必要な条件を維持製品。」もし贅沢品価格と原産地関係後、他の多くのブランドが引っ越しする生産場で、新興国でも東欧探して安価な労働力を求めても、株主より大きな利益。しかし贅沢品ブランドの管理者と株主たちが迎合大衆消費品ですか?Kapfererの答えは、「ではもちろんなく。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sghdad112/index1_0.rdf