ブラ3のノスタルジー 

2017年06月06日(火) 12時10分
ブラ3、すなわちブラームス交響曲第3番を今年オケでやることになりました。
ブラームスの交響曲は4つあり、1、2、4番は学生時代もしくは卒業直後にやったので「知っている曲」で、3番はやったことがないので「知らない曲」だと思っていました。
知っている曲とは、楽譜や音源がなくてもだいたい全曲歌えるというのが基準です。
しかしブラ3 の楽譜をもらってほぼ初見で合奏に臨んだところ
意外に弾ける...?
いや弾けないにせよ、どこで入るか、どこでどのパートが何を担っているかはなんとなくわかる...
あれ、けっこう知ってる...
知っていました。
学生時代、クラシックの特定の曲をバカみたいに繰り返して聴いていたころ、どうやらブラ3 も聴いていたようです。
聴いていたという事実は忘れているけれど、曲自体は覚えているのですね。
記憶とは不思議なものです。
記憶をしまう場所が違うのでしょうか。
つまり大好きな曲のひとつだったのです。
それも忘れていたなんて。
ようやく当時の自分のことを少し思い出して、少し愛おしく思ったりしています。
その頃は悩みがたくさんあってしんどいと思っていたけれど、今から思えば相当にゆるやかで音楽にたっぷり浸っていた日々でした。
自分で演奏することはあまり考えず、ただただ繰り返し聴いて満足していた純粋で贅沢な時間。

ブラ3 はさほど有名ではなく地味ですが、ブラームスらしい、交響曲らしい、重厚で深みのある美しい曲です。
(ただし終わり方は忘れていました。こんな終わり方だったとは...)
よろしければききにきてやってください。

2017年7月2日 (日) 13:30 開場 14:00 開演
長岡京記念文化会館 (http://www.nagaokakyo-hall.jp/top.html)

ドヴォルザーク/スラブ舞曲集より 5番、10番、13番、15番
リヒャルト・シュトラウス/ホルン協奏曲第1番 変ホ長調
ブラームス/交響曲第3番 ヘ長調

http://www7b.biglobe.ne.jp/~bra/kyokyo-ob-orchestra/


Je te veux 

2017年05月25日(木) 10時25分
エリック・サティの "Je te veux" (ジュトゥヴ)
のこ音 (日本のこぎり音楽協会関西支部) 用にアレンジしたものを
一人で録音しました。
1本は弓でメロディを、3本はマレットで演奏しています。


https://youtu.be/7N1oxLYPLIs

みなさんにどのように受け止められるかとても不安ですが
いつ終わるともわからない人生、やってみたいことをやっておきたいと思い
挑戦してみました。
よろしければきいてやってください。

ものすごく時間がかかりました。
ひとつ前の IN PARADISUM から7ヶ月も経ってしまったと思っていたら
いつの間にか10ヶ月もかかっていました。
時の流れは厳しい。

プンドポの夕べ Vol.10 

2017年04月20日(木) 11時02分
2017年4月26日 (水) 「プンドポの夕べ Vol.10」
今回もガムランやのこぎりで演奏に参加させてもらいます。
ちらしにのこぎりのイラストが!
ゲストはウッドベースの植田良太さんです。
ベースの低音とガムランがどのように絡まっていくのか、とても楽しみです。
イギルやルバーブやシトゥルなども登場します。
どれもほんとに良い音です。
ご予約お待ちしております!

---
プンドポの夕べ Vol.10
日時: 2017年4月26日(水)19:30 OPEN/20:00 START
会場: 金一志韓国伝統芸術院
前売予約 1,500 yen/当日 1,800yen

プンドポの夕べはやぶくみこと野村誠による、ジャワガムランを中心にした演奏会。
今回のプンドポの夕べのゲストは植田良太さん! そっと寄り添い、導き、空間をほぐしていくようなウッドベースの音がガムランの音とコラボレーションします。ぜひお立会いください。
add-coco のごはん、yugue のお菓子、kanichai-tsukichai の飲み物の出店もあります。




http://mukubaynooto.jimdo.com

プンドポの夕べ Vol.9 

2016年12月05日(月) 18時13分
12月14日 (水) 「プンドポの夕べ Vol.9」
今回も Sekar Gendis のメンバーとしてガムランやのこぎりで演奏に参加させてもらいます。
ぜひぜひお越しくださいませ〜。

---
プンドポの夕べ Vol.9
日時: 2016年12月14日(水)19:30 OPEN/20:00 START
会場: 金一志韓国伝統芸術院
1,500 yen

出演:
野村 誠 (鍵盤ハーモニカ、ガムラン)
やぶくみこ (ガムラン、パーカッション)
Sekar Gendis
ゲスト: ミウラ1号



http://mukubaynooto.jimdo.com

クリスマス イン トウコウジ 

2016年11月29日(火) 18時03分
アンサンブル・フレンズ 第5回コンサートのお知らせをさせてください。

クリスマス イン トウコウジ
日時: 2016年12月23日 (金祝) 13:30開場 14:00開演
会場: 東光寺 (京都市バス「北野天満宮前」より徒歩3分)
全席自由 500円 (お茶とお菓子付き)
ご予約・お問い合わせ: sawingcat@gmail.com
アンサンブルフレンズ

アンサンブルフレンズは基本的にフルート、バイオリン、のこぎり、キーボードの4人で活動しているのですが、いまさらながら全員リコーダー好きだということに気づいて、今回はリコーダーのアンサンブルもとりいれます。
せっかくなのでクリスマスの曲を多めに選び、またいつものように各自好きな曲も盛り込んでいます。

電車の最寄駅は JR円町で、徒歩17分と少し遠いのですが、バスで来ていただければすぐです。
東光寺は落ち着いた素敵なお寺で、近くには北野天満宮や有名なお豆腐屋さんなどもありますし
妖怪ストリートと名付けられた商店街には昔ながらの心惹かれるお店が並び、妖怪の飛び出し坊やもいます。
冬の京都の観光がてら、足を運んでいただけるとうれしいです。
ご予約お待ちしております!

プンドポの夕べ  

2016年08月18日(木) 12時00分
8月31日 (水) 「プンドポの夕べ vol.8」にて
Sekar Gendis のメンバーとしてガムランやのこぎりでちょこっと演奏に参加させてもらいます。
ガムランにパーカッション、鍵盤ハーモニカ、のこぎり等がまざりあって、なかなか珍しい音楽になることと思います。
ゲストのエンリコや、やぶさん、野村さんの演奏も楽しみです。
平日の夜ですが、ご興味ありましたら是非お越しくださいませ。

---
プンドポの夕べ vol.8
2016年8月31日 (水) OPEN 19:30/START 20:00

金一志韓国伝統芸術院 (京阪電車「出町柳」駅)

1,500 yen

ゲスト: エンリコ・ベルテッリ (パーカッショニスト)

今回で8回目を迎える「プンドポの夕べ」は、やぶくみこと野村誠によるジャワガムランを中心に活動を続けているSekar Gendisのレパートリーもお送りします。今回のゲストはエンリコ・ベルテッリ。「プンドポの夕べ」に登場するのは2回目になります。ロンドンを中心にユニークな演奏活動を展開する彼の感性とガムランが出会います。

http://mukubaynooto.jimdo.com

---



IN PARADISUM 

2016年07月28日(木) 11時56分
フォーレのレクイエムより "IN PARADISUM" (楽園にて)
4本ののこぎりを重ねてみました。
よろしければきいてやってください。


https://youtu.be/I05KelnbRkY

2週間くらい前にまた犬の夢をみました。
ホワイトシチューのじゃがいもをあげようとするのだけれどプイと横を向かれ、よく見るとタマネギがはさまっていて、ごめんな!ごめんな!と謝り続けるのでした。
夢のなかでは謝ってばかり。
現実世界で会えなくなって6年。

あなたの声に心は開く 

2016年04月04日(月) 18時15分
今年オープンしたロームシアターでオケの演奏会をやります。

〜オペラの愉しみ〜
日時: 2016年5月5日(木祝)14:00 開場 15:00 開演
会場: ロームシアター京都 メインホール
http://rohmtheatrekyoto.jp
全席自由 一般前売 2,000円 当日 2,500円, 小中高生 1,000円
プログラム:
ロッシーニ 「セヴィリアの理髪師」 より
ヴェルディ 「椿姫」 より
プッチーニ 「トスカ」 より
サンサーンス 「サムソンとデリラ」 より
レハール 「メリーウィドウ」 より抜粋 他

今回は歌の方をたくさんお呼びして、オペラの有名なアリア、それほど有名でない曲、いろいろ取り揃えてお届けします。
メリーウィドウは多めに取り上げます。

内容も雰囲気もさまざまな曲をあれこれやるのですが
中で個人的に最も好きなのはサムソンとデリラの
「あなたの声に心は開く (Mon cœur s'ouvre à ta voix)」です。
美しい。
のこぎりで弾いたこともあります。
妖艶なデリラがサムソンを誘惑する歌。
繰り返される下降音形は背中を撫でる指の動きのようであったり。
最も盛り上がるバレエ曲「バッカナーレ」も演奏します。

ゴールデンウィークの最終日ではありますが
新しいロームシアターの見学がてら、あるいは近くの美術館や動物園への訪問と合わせて、足をお運びいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。





参考リンク
京都国立近代美術館
京都市美術館
京都市動物園

駐車場は激混みしそうですね。

片づけプロジェクト休暇 

2016年03月23日(水) 18時16分
先日、今年度 3 回目の片づけ休暇(年度末に、来年度に持ち越せない有休をとって片づけ日にあてる)をとりました。
片づけプロジェクト自体がもう4年めくらいで(長過ぎ)、目立つところからそれなりに手が入ってきており、この日は真ん中に立って部屋を眺める時間というのがけっこうありました。
もうこれ以上どうしたらいいかわからん
と嘆いた日々もありましたが、落ち着いて見直してみると
ずっと置いてあるけれどそこになくてよいもの
が次々に見つかるのが楽しくなってきます。
まだまだモノが多いから見つけやすいだけなんですけれども。

片づけ休暇は、片づける日というよりも、部屋の片づけシステムを再構築する日と位置付けています。
常に収まりの悪い場所は、システムを変える必要があるのだとようやく気づきました。
モノの置き場所も使い方も、昨日までの習慣に引きずられず、よりよいやりかたを考えることによって
こりかたまった頭の中がほぐされる気がします。
思い込みってこわいな、とか。

わざわざ一日使う(いやもう三日め)という緊張とプレッシャーもあります。

それから、性格上どうしても未使用のものは捨てられないので
しまってあったものをどんどん使う
というのもひきつづきやっています。
やり方が決まるとだいぶ楽になりました。

こんなふうに書くときっちり片づいた清潔な部屋が思い浮かぶかもしれませんが、実際はそれほどでもないです。
それでも自分としては画期的な変化だと思っていますし
ちょっとだけ片づけ脳が冴えてきた気がするので、ここに書いてみました。

そして、最新の発見としましては
これを片づけ休暇なしでもやらなあかん
ということですね。(あたりまえ)
いつ終わってもおかしくない人生
片づけも楽しみながらがんばります。

2015/6/27 の記録 

2016年02月05日(金) 11時14分
今更ながら、去年の6月の演奏会の映像をアップロードしてみました。
仙石彬人さんのタイムペインティングも素敵です。
改めて、誘ってくださった中村友紀さんに心より感謝です。

"La plus que lente", Claude Debussy/ドビュッシー 「レントより遅く」



"Etude for Myallet"/ミャレットのエチュード (オリジナル曲)



"En sourdine", Gabriel Fauré/フォーレ 「ひそやかに」