ティム・クックが「買うべき会社」にGoProが浮上 ymgerman / Shutterstock

March 07 [Mon], 2016, 14:58
ティム・クックが「買うべき会社」にGoProが浮上
ymgerman / Shutterstock
ここ数年、iPhoneはアップルに莫大な利益をもたらしているが、CEOのティム・クックは喜んでばかりいられない。iPhoneへの依存度が高すぎることは、将来における不安材料だからだ。
超人気iphoneケース市場からは、スマートフォン事業で成功を続けることを称賛される一方で、iPhone並みの高成長が期待できる新製品を生み出せていないことを批判されている。クックは、製品開発を補強するために大規模なM&Aの実施を検討するべきかもしれない。
超人気iphoneケース

FBRのアナリストDan Ivesは12月10日、まさにこの点を指摘した。「我々は、クックが次の10年間の成長をけん引する製品を開発することに集中していると確信している」とIvesはレポートの中で述べ、アップルが現在取り組んでいるのはiPhone 7の開発だけではない可能性を示唆した。
iPhone6ケースグッチ

新たな製品の中には、自動運転車のように社内で開発されるものもあるだろう。しかし、Ivesは今こそ2000億ドル(約24兆円)の手元現金を使って大型買収を実施するべきだと指摘し、候補としてアドビシステムズ、Box 、GoPro、テスラモーターズの4社を挙げている。
エルメスiPhone 6ケース

コンシューマー製品の世界で圧倒的な力を持つアップルブランドも、B2B領域での影響力はそれほど大きくない。アップルはiPad ProのリリースやIBMとの提携を行っているが、クリエイティブ業界に強いアドビを傘下に収めれば一気に法人向け事業を強化できるだろう。
超人気iphoneケースまた、今年IPOしたオンラインストレージサービスのBoxを買収すれば、アップルのiCloud事業を一般消費者向けから法人向けに拡大させることも可能だとIvesは話す。

また、アップルの既存の製品ラインと最もフィットするのはGoProだろう。
シリコンiPhoneケース同社は2014年に大型上場を果たして以降、株価は暴落している。アップルのリテール網を使えば、GoProのアクションカメラを売ることは容易だろう。
iPhone6ケース香水風また、ドローンやVR(仮想現実)など、競合のグーグルやフェイスブックが大きな関心を示している分野に進出する足掛かりになるかもしれない。さらには、GoProの獲得によってコンテンツ強化を図ることもできる。
iPhone6ケース

他の3社と比べると、アップルがイーロン・マスクのテスラを買収する可能性は低いとIvesは述べている。自動車ビジネスに対するアップルの野心は既に広く知られているが、「テスラの先進的なバッテリー技術を手に入れることで次世代自動車の開発をスピードアップすることができる」とIvesは指摘する。
シャネルiphone6 ケース
「テスラ買収はアップルのR&Dを加速させるだけでなく、故スティーブ・ジョブスと並び称されるテクノロジー・ビジョナリーであるマスクを関与させることもできる」

テスラは決して安い買い物ではない。同社の時価総額は約300億ドル(3兆6000億円)とゼネラル・モーターズ(GM)のほぼ半分もある。販売台数ではGMに遠く及ばないにも関わらずだ。だがクックが恵まれているのは、iPhoneが稼いだ利益のお陰で使いきれないほどの現金が手元にあることだ。
シャネルiphone6 ケースその額は、仮にFBRが候補に挙げた4社を全て手に入れたとしてもまだ余るほどだ。

市場ではM&Aが活況を呈しているが、アップルはこれまで通り他社の動きを傍観してきた。
グッチiPhone 6 ケースアップル史上最大のM&Aは2014年に30億ドルで買収したBeatsだが、Iveが提案した案件はどれもこの金額を上回る可能性が高い。Beatsの買収は、それまで自社プラットフォーム上で展開するテクノロジーを獲得するための小規模なM&Aしか実施してこなかったアップルの戦略を変える転機となった。
グッチiPhone 6 ケースしかし、Beatsの買収ですら、フェイスブックが190億ドルを投じたWhatsAppの買収に比べれば取るに足らない金額だ。多くの人がiPhone 7の発表を心待ちにしていることだろう。
超人気iphoneケースモデルナンバーが繰り上がるということは、大ヒットとしたiPhone 6やiPhone 6 Plus以来の大きなモデルチェンジとなることを意味するが、噂される新機能は予想以上に斬新だ。

ニュースサイト「G for Games」が中国版TwitterのWeiboから収集したリーク情報によると、アップルは少なくとも5種類のプロトタイプをテストしているという。
シャネルiphone6 ケース

噂1. Lightningポートの廃止
最も大きなインパクトがあるのがLightningの廃止だろう。USB Type-Cは新MacBookにも搭載され、アップルが採用を進めている規格だ。
iPhone6ケース今後アンドロイド端末の多くもType-Cにシフトし、スマートフォンの充電規格が統一されることが予想される。しかし、Lightningポートは2012年にリリースされたばかりなので、同規格の端末やアクセサリを所有しているユーザーは混乱するかもしれない。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー                      

噂2 . ワイヤレス充電の搭載
ワイヤレス充電の標準規格と互換性を持たせるのか、アップルが独自の規格を作るのかは不明だが、これまでアップルが新技術を導入してきたやり方を考えれば、ケーブル充電より高速な方法が提供できなければ実装しないだろう。(これは次世代の標準規格で実現に近づくと考えられている)

噂3. 「3D Touch」のマルチタッチ化
アップルは現在、マルチタッチと3D Touchを組み合わせた技術をテストしていると言われている。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー例えばスクリーンを指2本で軽くプレスすると前画面に戻り、指3本で強めにプレスするとホーム画面に戻るといった操作が可能になる。しかし、この機能がどれだけ実用的かは疑問が残る。
シャネルiphone6 ケース3D Touchは他社製品との大きな差別化ポイントであることは確かだが、導入したばかりの技術を次のモデルで仕様変更することは大きなリスクでもある。

噂4. デュアルカメラの搭載
「6S」発表の際は技術が未完成でデュアルカメラ搭載が見送られたと言われている。
iphone6ケース6Sのカメラも優れていたが、競合製品に圧倒的な差をつけることができなかったため、iPhone 7ではデュアルカメラをキラー機能として搭載し、他社と差別化を図ることは十分考えられる。

噂5. 指紋認証センサーをディスプレイ上に搭載
実現すればホームボタンをなくしてディスプレイ面積を増やし、同時にディスプレイ上にロック解除機能を持たせることが可能になるが、技術面で準備ができているかは不明だ。
iPhone6ケースグッチアップルが指紋認証技術の特許を申請していることから、実現に向けて積極的に取り組んでいることは確かだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sdgysed
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sgetszvx/index1_0.rdf