市民の自発放し依然として「粗放」

June 04 [Wed], 2014, 17:46

レディーチャイナ
近年、毎年旧暦の初一、十五日、ある市民は定期的に組織する。南寧市北大橋埠頭はすでに1つの比較的に固定する。記者はかつて何度も放しで現場で見て、放して成筐の車の運者レンギョ、ソウギョ、ティラピアなどの魚。釣り籠は、魚も死活、邕江に落ちる。足の活力は、尾びれに並べると遊走;瀕死のは、白い腹を繰る、波に浮き瀋み。

家が江南区の陳さんはいつも放しランダムに选択場所。「私はすべて水製品市場の勝手に買って魚を放し、時々邕江ながら、時々ダム。」彼女は、野菜市場のどんな魚を売って、彼女は何を買うのは魚。彼女は知っているかどうか尋ねる記者が少し生物許さないで勝手に放し、生態係の破壊をもたらす可能性がある時、彼女は驚いて「多くの人はすべてこのように逃した。」
勃動力三體牛鞭
会うたびに市民放し、南寧市漁業漁港監督管理駅副駅長も行ってみ王军放し品種。一度は、彼が見た人の市民を持って来て袋の卵、少しながら。質問に直面して、この市民によると大きな魚はすでに死んで、だから彼は魚の卵を切り開いて川の中に入れて、ふ化し小魚自然かもしれない。実は、母の体内から直接魚を取り出して数の子は発育成魚、ただ別の魚の餌。VVK
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福源春
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sgdhsghjed/index1_0.rdf