計はヘルメットが約70個、ガスマ

October 01 [Wed], 2014, 13:06

[29日 ロイター] - 米国トヨタ自動車販売は29日、2005─11年型のタコマ4X4とタコマ・プリランナー計約69万台について、リアサスペンションの不具合に伴いリコール(回収・無償修理)すると発表した

これまでのところ不具合による事故などは報告されていないという
き、12年春から遊歩道は通行禁止になったまま環境省立山自然保護官事務所によると、11〜12年に観測していた地獄谷の噴気温度が100度前後だったのに対し、12年に新たに見つかった地点の噴気は140度近くまで上がっていた

 立山室堂地区安全対策専門委員会で座長を務める東京工業大火山流体研究センターの野上健治教授は「火山活動が活発化していると認識すべき」と指摘地震計の増設など観測体制の強化が急務とし、「国や自治体、研究者らがしっかりと連携し、防災対策を着実に進めていかなければならない」と述べた


■室堂周辺9施設、ヘルメット調査 最大必要数下回る
 御嶽山の噴火を受けて立山町は29日、北アルプス・室堂周辺にあるホテルや山小屋など9施設を対象に、ヘルメットやガスマスクの保有状況を初めて調査し、最大必要数を大きく下回っていることが分かった町は観光客の安全確保に向け、それぞれ千個以上を用意し、各施設に配置する方針だ

 調査は電話で聞き取りで実施した各施設が宿泊者、従業員の人数を念頭に回答した最大必要数を合計すると、それぞれ約1760個だった

 しかし、実際の保有数の合計はヘルメットが約70個、ガスマスクは約100個で、従業員の作業用が大半だった

 町総務課は「施設への配置を通じ、広範な観光客の安全確保につなげたい」としている環境省立山自然保護官事務所によると、11〜12年に観測していた地獄谷の噴気温度が100度前後だったのに対し、12年に新たに見つかった地点の噴気は140度近くまで上がっていたiPhone 5 ケースコピー環境省立山自然保護官事務所によると、11〜12年に観測していた地獄谷の噴気温度が100度前後だったのに対し、12年に新たに見つかった地点の噴気は140度近くまで上がっていたiPhone5 シャネル環境省立山自然保護官事務所によると、11〜12年に観測していた地獄谷の噴気温度が100度前後だったのに対し、12年に新たに見つかった地点の噴気は140度近くまで上がっていたグッチ iPhone ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sfwewe/index1_0.rdf