教師が生徒全員を、まるで出席を取るように惨殺する超問題作『悪の教典』

February 04 [Mon], 2013, 16:31
教師が生徒全員を、まるで出席を取るように惨殺する超問題作『悪の教典』。その凶行前夜を描くBeeTV『悪の教典―序章―』に出演した中越典子が、一人二役で作品に挑戦した大仕事を振り返った上で、“序章”を鑑賞すればサイコパス蓮実聖司の恐怖が増幅すると推した。iphone5 携帯ケース

その他の写真

“序章”は三池崇史監督と伊藤英明主演で、貴志祐介の禁断のベストセラー小説を映画化した『悪の教典』の前日譚。“日常に潜む悪意”をテーマに、映画版とは異なるアプローチでサイコパス教師・蓮実の闇に迫る。ルイヴィトン財布蓮実の同僚で心理カウンセラーの水落聡子を演じた中越は、「生徒や父兄、学校のこと。爽やかな顔をして、すべてを調べ上げて“準備”をしている。腕時計 ブランド用意周到な殺人鬼です」と蓮実の人物像を分析。また、仕事で苦悩する聡子は優しく手を差し伸べる蓮実に好意を抱くが、「心理カウンセラーなのに蓮実の方が一枚上手で、本性を見抜けない。グッチ財布切ない話です」と巧妙な蓮見の手口に絶句した。

中越は水落聡子と、数学教師、釣井正信(吹越満)の妻・景子の一人二役を担当。iphone5 携帯ケース性格が正反対で、まさしく演じ分けが要る大仕事だったようだ。「聡子はカウンセラーですが、本当は彼女こそ助けが要るほど頼もしくない(笑)。ルイヴィトン バックそこが聡子のポイントでした」と説明し、「聡子と釣井先生の奥さんとが、物語に複雑に関わっているので、それが明らかになるにつれてだんだん怖くなります」と回想。「実は釣井先生は“序章”のキーマンで、不気味な存在です。シャネル 財布釣井先生の行動には“奥さんに理由がある”わけですが、それだけに演じ分けはやりがいがありました」と語り、凄惨な凶行の“遠因”を作ってしまう聡子と景子を演じ分けたことで、“本当の悪”の恐怖を深く実感してしまったという。

「この“序章”は心理的な追い込みが尋常ではないので、上手く映画へ繋がっていってほしいです」とも語る中越。グッチ長財布「 “序章”、本編、もう一度“序章”の順番で観ると、初めて気が付くこともあると思います。伊藤さんの本当に何気ないシーンに、背筋が凍りますよ」と鑑賞アドバイスもしていた。グッチ長財布「わくわくしちゃいけないけれど、サイコパス蓮実の次の一手がどうしても気になっちゃう(笑)」という『悪の教典』とBeeTVドラマ『悪の教典―序章―』。超問題作を繰り返し観て、“本当の悪”に迫ってみてはどうだろうか。シャネル 財布 人民日報海外版の報道によれば、「2011年に中国人は1人当たり平均4.3冊の本を読んだ。韓国人は11冊、フランス人は20冊、日本人は40冊で、ユダヤ人は64冊だった」とのデータがメディアで繰り返し引用されている。ロレックス 時計しかしこのデータは本当に正しいのか? 中国は世界で1人当たりの読書量が最も少ない国の1つなのか?

【その他の写真】

中国新聞出版研究院国民閲読研究・促進センターの徐昇国主任によると、第9回全国国民読書調査では、11年、中国で満18〜70歳の国民が紙の書籍を読んだ量は1人当たり4.35冊だった。全国国民読書調査は1999年から始まり、現在は年に1回実施。グッチ財布国民の文化活動を対象とした長期的な調査となっている。

専門家によれば、中国人の読書量は10年に4.25冊、09年に3.88冊、08年に4.75冊と変動しながらも安定的だが、楽観視はできない。iphone5 携帯ケース徐昇国氏は「読書量の減少は世界的な流れだ。だが、世界各国の読書量を比較してみれば、中国は確かに少なく、古くからの文明国、儀礼の国といった地位にそぐわない。ロレックス 時計現在、読書をめぐる雰囲気は1980年代より悪く、「知識は無用」という人も増えている」と指摘した。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sfwefseo/index1_0.rdf