森美術館にてJOJOと邂逅す。

November 25 [Sun], 2012, 3:25
仲間うちでは異様な盛り上がりを見せていたJOJO展。
私もようやく観に行ってきました。
一緒に行ったのはAyKさんとLilyくん。
お互いにユニオンジャックを随所に取り入れたファッションで現れ、どう見てもペアルックです。
ごちそうさまでしたと言って立ち去りたくなりましたが別にこれペアルックじゃないんですよー。
2人ともこのモチーフが好きなだけなんですとのこと。
気を取り直してチケットを持って入り口に向かいました。
まず、バオーやアイリンのカラーイラストが御出迎え。
80年代感満載の意匠の中にありながらも、荒木先生のセンススタービー 悪質が炸裂その興奮もさめやらぬ間にJOJO第一部の展示スペースが始まり、もう、あっという間に引き込まれてしまいました。
石仮面欲しいw原画展なので、それぞれの時代のコミックやジャンプの表紙を飾った美しいカラーイラストがメイン。
筋金入りのジョジョラー率が高いこともあり、誰もが息を飲んでじっくりと見入っていました。
そしてまた、ところどころに展示されている立体像景物がまたすごいiPadを使ったAR展示もあわせ、JOJOの世界を体感できるものをと考え抜いたであろう企画者や技術者のみなさんには頭が下がります。
ちなみに一番好きなのは3部次唐ヘ7部ですが、最愛のキャラクターは徐倫です。
google入力すごいな、徐倫が一発で変換できるぞ傷口を縫うのが精一杯という中で、あそこまでタフな闘いを繰り広げた彼女。
エルメェスやFFと協力しあい、エンポリオを守りぬいたあの姿には惚れずにはいられませんよ描きおろしイラストでジョリンをジョルと仗助が支えているものがあったのですが、嗚呼、本編中でもこの二人がこうやってサポートしてくれていればもっと楽にあの窮地を乗り越えられただろうにと泣きそうになりました。
二週目の世界では、人殺しになる前のここ重要アナスイと無事結婚して幸せになっていて欲しいものです。
最後に3人で漫画カメラのJOJO版であるスタープラチナザワールドで記念写真を撮ってきました。
今確認してみましたが、まだアップされていなかった。
残念。
私たちのスタンドはスタープラチナザワールドでした。
で、グッズ売り場。
zettaさんが言っていた通り、もうほとんど完売していたorz本当は第6部のパンツが欲しかったのに仕方なく3800円は高いぜと思いながらも本展のパンフとも言うべきHIROHIKOARAKIWORKS19812012を買ってきました。
会場で見たときは原画を見た直後だったこともあり、やっぱ迫力がオリジナルとは全然違うよねと思いましたが、こうして家で改めて開くと、すっごいイイわこれwww本の小口にはオラオラオラと無駄無駄無駄が浮かび上がる凝った仕様となっております。
もう一回行きたくなるほどの面白さでしたが、期間中のチケットは全て完売。
どっかに荒木飛呂彦記念館とか建ててくれればいいのにね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sfuveq7wsf
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sfuveq7wsf/index1_0.rdf