また、建築や土木系では建築士のように「業務独占資格」と称

June 16 [Thu], 2016, 16:59

労働経験が就職活動において有利になることは多いと思われます。







私自身が人事部に在籍していた頃、面接で受けた印象は、働いたことがある人の方がしっかり受け答えしており、好印象を抱いたということです。







社会経験のあるなしの差はこんな時にも出るのではなかろうかとひしひしと感じました。







転職したいときに持っておいたほうが有利な資格として、社会保険労務士や公認会計士がおすすめです。







これまでの職場での経験や実績を生かした転職を考えている方にもおすすめしたい資格です。







社会保険労務士という資格を得ていると、総務、人事関係の業種に就きやすくなりますし、公認会計士の資格があれば財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。







転職を考えた時に、仕事をしっかりと探すためには、それなりの時間が掛かることでしょう。







今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合には、仕事探しに費やすことができる時間は多くは取ることはできないでしょう。







そういった悩みの解消のために、注目したいのが転職サイトへの登録です。







転職サイトに会員登録を行うことにより、自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも一緒に協力して転職先を考え、探してくれるでしょう。







転職した後、お祝い金の受け取れる転職サービスなんかもあります。







それが理由で、利用する転職サービスを選ぶ人もいるそうです。







同じ程度の転職サービスなら、お祝い金を受け取れる方が良いですよね。







ただ、もらえるお祝い金の額というのは転職先の収入により、変わりますし、全て含めて有利となる転職サービスを選ぶようにした方がいいでしょう。







不動産業界に転職しようと考えているのであれば、最初に、宅建主任者資格を取得するようにしましょう。







宅建主任者資格の有無で、合格通知がでない企業もあるようです。







業界ごとに必要な資格が変わりますから、転職前に、次の仕事内容にあった資格を取っておくことも良い方法だといえるかもしれません。







転職して大手企業に職を得れば、給料の額は高くなるでしょうか?基本的には、収入が増えるので、手取額にこだわるのなら大手企業への転職を目指すのがよいでしょう。







大手企業の場合は年収700万円〜800万円もさほど珍しいことではないようです。







年収が1000万円ほどの人もいるため、明らかに中小企業に比べ、給料が高いといえます。







転職時、履歴書の記述の仕方がわからないという方もいるでしょうが、近年では、ネットで探すと、履歴書の記載方法の模範なども載せられていますので、参考にするなどして、履歴書を書かれてみてもいいと思います。







ただ、みたままを書くのはいけません。







人事担当者にしっかり読んでもらえるような記載方法を自分で考えるべきです。







無難な転職理由としては、スキルをアップさせるためという理由が一番支障がなく、それに加え、相手企業にマイナスのイメージを持たれづらい理由です。







スキルアップという理由ならば、無難なだけでなく、今後、より一層のスキルアップを目指しているという積極的な印象を人事側に抱いてもらうことが可能です。







転職するときに求められる資格は、専門の仕事以外だと、そこまで多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やっぱり、国家資格が有利でしょう。







また、建築や土木系では建築士のように「業務独占資格」と称される、該当の資格を有していないと実際に働けないというような仕事が多いので、狙ってみるといいかもしれません。







一昔前は、35歳転職限界説という説も、全くの嘘とは言えませんでした。







昔は年功序列だった関係で、35歳以上の人が中途で入社してきてもどのように扱うかが難しいので、不採用とする企業が少なくなかったのです。







ですが、今日は年功序列のシステムが機能しなくなったため、35歳を超えていても前途有望であれば積極的に採用する企業が少なくなくなりました。







転職を考えたときに持っておいたほうが有利な資格として、社会保険労務士や公認会計士がその一例になります。







これまで積み重ねてきた経験を生かした転職活動を考えている人にも間違いなくお勧めしたい資格です。







社会保険労務士という資格を持っていると、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格があると財務とか経理関係の職を得られやすくなります。







あなたがUターン転職という選択をしたとき、その地方の求人情報を得ることが難しいこともあります。







ただ、転職サイトであったりスマホの転職アプリを活用すると、地元の求人情報が簡単に手に入れられる上、応募さえすることができますよ。







豊富な求人情報の中であなたの理想の転職先が見つかるように、考えうる限りのツールはどんなものでも利用することをお勧めします。







大手企業への転職に成功すれば、給料の額は高くなるでしょうか?基本的には、給料がアップするので、手取額にこだわるのなら大手企業を転職先に選んだ方が良いでしょう。







大企業では年収700万円〜800万円もさほど珍しいことではないのです。







年収が1000万円以上という人もいるので、明らかに大企業のほうが給料が高いといえるでしょう。







転職をするときに求められる資格というのは、専門の仕事以外だと、そこまで多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が強いでしょう。







特に、建築や土木関係では、「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を有していないと仕事ができないというような仕事が多いので、狙いやすくなっているかもしれません。







新たに職を見つけるのなら、面接には派手ではない無難な服を選んでハキハキとものが言える人だと感じさせるように行動しましょう。







興味をもたれるであろうことは予想の範疇ですから、先回りし、青写真を描いておいて、自信をもって語ってください。







頭が真っ白になったり、嫌悪されるような表現は避けましょう。







貫禄のある態度でのぞみましょう。







転職の履歴書に、前職の会社の名前や勤務年数のような工夫のない経歴を書くのみでは、それを読む採用担当の方に今までしてきた仕事を知ってもらえません。







どのような部署でどのような仕事を行い、どんな成果が残せたのかやスキルを持つことができたかなどの説明を加えることで、人事の人の目に留まりやすくなります。







転職する時に、身内と話すことは大切なことでしょう。







しかし、適切な助言がほしい場合には、仕事の現状を知っている同僚に話してみてください。







ともに働いているからこそできるアドバイスがあると思います。







同僚が信用できない場合は、別の仕事に変わったことのある友人に相談するのもオススメです。







お仕事探しを始める場合、あなたの職歴を簡潔に、かつ分かりやすく書きましょう。







どのような業務をしてきたのかが伝われば、今必要としている役職で活躍できるか、人事も分かりやすく、採用のきっかけになります。







また、意外と気にされない方が多いのが履歴書の写真ですが、写真についてアドバイスをくれるスタジオなどで、撮ってもらうのが良いかと思います。







万が一、記入している途中で間違えてしまったら、面倒でも、新しい履歴書をつかってください。







転職する場合、資格を持っていないことに比べて転職先が要望するスキルに近い資格を取得していた方が有利になる時もあります。







ただ、今の時代、望まれているのは、資格よりも実務の経験なので、資格をとっていなくても実務の経験が長い人の方が就職に有利なこともあります。







転職を行う時の志望動機で必要になるのは、ポジティブさが伝わるような意欲的な中身です。







自分の成長につながりそうだとか、これまで習得してきた専門知識や技術を活かすことができそうというような前向きな志望動機を述べましょう。







できることなら、その企業の業種や事業内容、応募職種に合うような志望動機をまとめることが望ましいと考えられます。







そのためには、綿密な下調べをするようにしましょう。








転職先の会社の待遇を見極める方法
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sfu1dcu
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sfu1dcu/index1_0.rdf