お茶づけ、力士、相撲……これらのキーワードだけを聞くと

October 28 [Tue], 2014, 10:26
永谷園のお茶づけ、相撲中継+CM+商品が瞬時にリンク、アッパレな広告
Business Journal 9月28日(日)6時0分配信

 これに対して懸賞1本当たりに企業が拠出する金額は6万2000円です(ちなみに内訳は、3万円が力士手取り分、2万6700円が納税充当金、5300円が日本相撲協会経費だそうです)

 永谷園は、1場所当たり多い時には200本の懸賞を出しているので、露出価値約8000万円に対し、拠出金は1240万円と考えられます

 もちろん、どんな企業でも視認性の高い懸賞旗を出せば広告効果があるとはいえません大相撲とのイメージ連動、ターゲットの合致性、商品との親和性があってこそ、その価値が見いだせるのです

 ところで、最近の永谷園のテレビCMの中で、NHKの映像のように自社の懸賞旗が映されているシーンを使っています広告禁止の公共放送らしき映像をあえて使用している点もまた面白いところです

 永谷園広報部によると、「広告効果は意識しておらず、純粋に国技としての大相撲を応援するために懸賞を出しています好取組に対して懸賞をかけることで、大相撲特有の華やかさを盛り上げることを第一義としています」とのことだが、何はともあれ、禁断の公共放送に堂々とCMのイメージを映し出しているところがアッパレです

 さて、大相撲との連動、日本文化とのコラボレーションなど、一見すると良いことずくめのようなCMへの力士の起用ですが、お茶現地の若者に技術を伝授

 エブリ・シリアンの支援を受け、NSPPLは400ドルの義肢を150個ほど製作する予定だシリアにいる家族の安全のため「アブ・ファイサル」の偽名を名乗るエブリ・シリアンの職員によれば、手を1つ作るのにかかる時間は10時間ほどだ

 ロボハンドの義手は耐久性にも優れているバンアズによれば耐久年数はまだ不明だが、起業当時に作ったものは今もしっかり機能しているという

 経営は半ば慈善事業で、富裕国の顧客が支払う代金などで貧しい人々の分を賄う仕組みださらに誰もが自前の3Dプリンターで製作できるよう、ロボハンドはデザインをオープンソースとして公開しているただこうした動きは業界の反感を買っていると、バンアズは言う

 バンアズが万人に好かれる人間でないことは想像に難くないせっかちで厚かましく、口も悪いだがシリアで目撃した惨状には心を痛めた「兄弟同づけの将来を考えると、ターゲットの年齢層が絞られすぎているのではないかと懸念されます

 お茶づけ、力士、相撲……これらのキーワードだけを聞くと、特に若い女性への訴求効果はどれほどあるのだろうか、と気になります

 しかし、寿司をはじめとした日本料理は、世界からの注目度が高まりつつあり、相撲も若い女性を取り込むための企画を実施するなど、人気回復に向けて動いています「国技」としての地位すら危ぶまれた時期もありましたが、こちらも世界に誇れる日本の伝統です「お茶づけ離れ」「相撲離れ」などとならぬよう、さらに若い人を引きつけるような魅力を発信し続けてほしいものです大相撲とのイメージ連動、ターゲットの合致性、商品との親和性があってこそ、その価値が見いだせるのですiPhone6 ルイヴィトン大相撲とのイメージ連動、ターゲットの合致性、商品との親和性があってこそ、その価値が見いだせるのですiPhone5 シャネル大相撲とのイメージ連動、ターゲットの合致性、商品との親和性があってこそ、その価値が見いだせるのですシャネル Chanel シリコン
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sfseref/index1_0.rdf