中国大手保険会社、中国人寿保険の楊明生会長

March 28 [Thu], 2013, 9:36
中国大手保険会社、中国人寿保険の楊明生会長が同社の利益が2012年から確実に改善するとの見方を示したというメディアの報道について、中国人寿保険は、「2013年の業績改善は中国人寿保険集団全体の業績について言ったものであり、中国人寿保険だけを意識して言ったものではない」と説明した12日付中国証券報が伝えた

 記者のインタビューに応じた際、楊会長が「2013年の利益は間違いなく改善する更に、2013年は不動産業が保険企業の重要なターゲットの一つ中国が十二・五(第12次五カ年計画、2011―2015年)期に、国家重点革新(イノベーション)基地を15―20カ所建設する方針であることが先般、明らかになった12日付中国証券報が伝えた

 中国科学技術部、国家発展改革委員会は、先般発表した『十二・五国家重点革新基地建設計画』の中で、「十二・五」期に、国家重点革新基地を15―20カ所建設し、2020年をめどに大規模な国家重点革新基地の形成を目指すとした今後、中国は公共事業、重点プロジェクト、農業、新興産業、在来産業の5つ分野を中心に国家重点革新基地の建設を推進する審査の厳格化で、30社の新規株式公開(IPO)審査待ち企業が上場の夢をあきらめることになったまた、初期的な審査をパスした企業の自己審査報告の提出期限も迫っている投資銀行関係者は、「IPO審査待ち企業の自己審査報告書の提出が来週に集中するだろう」と見ている12日付中国証券報が伝えた

 市場関係者からの情報によると、今のところ、自己審査報告を出した企業はまだないが、初稿が既に完成し、チェックを行ってる企業が多い予定では、提出期限が3月末であるが、3月中旬にも一部企業が先に提出すると見られる自己審査報告の提出と同時に、修正した目論見書を提出する必要もあるが、ある審査待ち企業の関係者は、「資料の提出で機先を制することで、自信をアピールできるだけでなく、企業の早期上場にもプラスとなる」と指摘している「先にラストスパートをかけたものが勝ちを手にする」との考えであるになる」と話したが、中国人寿保険は、「この発言は、集団の今後の業績改善に対する楊会長個人の望みである楊会長は中国人寿保険集団公司の会長でもあるため、この発言は集団全体に対するものである不動産業が重要なターゲットになるとの発言も、保険業種全体に対しての見方であり、中国人寿保険の具体的な投資戦略について言ったものではない」としている更に、2013年は不動産業が保険企業の重要なターゲットの一つ中国が十二・五(第12次五カ年計画、2011―2015年)期に、国家重点革新(イノベーション)基地を15―20カ所建設する方針であることが先般、明らかになったiphone5ケース ブランド更に、2013年は不動産業が保険企業の重要なターゲットの一つ中国が十二・五(第12次五カ年計画、2011―2015年)期に、国家重点革新(イノベーション)基地を15―20カ所建設する方針であることが先般、明らかになったカルティエ サングラス更に、2013年は不動産業が保険企業の重要なターゲットの一つ中国が十二・五(第12次五カ年計画、2011―2015年)期に、国家重点革新(イノベーション)基地を15―20カ所建設する方針であることが先般、明らかになったiphone5ケース ブランド
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sfewose88/index1_0.rdf