pp一方、男性を見たところ、ゲイバー、スタートアップ企業が一番多く、次に旅行先や空港が目立ちました

January 13 [Tue], 2015, 12:36

では、ソーシャルメディア利用時に表れる5つの傾向のうちまずは2つをお届けしました。

今回は残りの3つを紹介いたします。


■3:イギリスの女性はセール品を知るために、ブランドのアカウントをフォローする

ヨーロッパの中でも特にイギリスの女性は、セールの情報を得るためにブランドのアカウントをフォローする傾向が強いことが判明しました。

「なぜソーシャルメディアでブランドをフォローするのか?」という項目では、64%の女性がディスカウントを目的にフォローしていることがわかりました。

ヨーロッパの平均は52%。一方、イギリスの男性は56%という結果でした。

 

■4:男性は自分のステータスや意見をソーシャルメディアで公開したがる

研究によれば、イギリスの男性の45%が自身の位置情報をソーシャルメディアで公開しています。これに対し女性は全体の約1/3でした。また、男性は自分のステータスや意見を公開する傾向もみられました。

ポーター・ノヴェリ社のソーシャルメディアストラテジスト、ヘレン・ノウィッカ氏は以下のように考えています。

「おそらく、女性は自身の位置情報や、何をしているかを公開することを警戒しているのでしょう。また、男性はステータスとそれに付随する位置情報そのものを楽しむから、とも考えられます」

米市場調査会社『Forrester』の研究によれば、女性はコミュニティに参加したり、情報を共有したり、会話に加わったりするのに対し、男性のコミュニケーションはより一方的で競争的であることがわかりました。

Forresterの研究では以下のように述べられています。

「男性は女性よりもより収集傾向があり、クリエイターで批評家っぽいといえます。

男性は動画を見たり、コンテンツを作ったり、フォーラムで自分の意見を公開したりします、例えば、女性が執筆したWikipediaの記事は、全体の15%しかありません」

また、ウォールストリート・ジャーナルがFoursquareで1週間分のチェック・インを調べたところ、女性は化粧品店や病院、教育施設やその他のお店にチェックインしていることが分かりました。

一方、男性を見たところ、ゲイバー、スタートアップ企業が一番多く、次に旅行先や空港が目立ちました。

ほかにも、インターネット調査会社のcomScoreのデータによれば、女性は一か所により多く、より長く滞在するようです。世界的には、女性の16%が、ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)でより長い時間を過ごすことも分かっています。

 

■5:男性はブログでより活発に活動している

女性は、一般的な技術ブログよりも、米ブログメディア『The Next Web』を読んでいることがわかっています。

しかし男性読者はそれにもましてブロゴスフィア(ブログのユーザーによって構成された意味空間)に参加していることがわかりました。

女性の46%がよくブログを読むのに対し、男性は54%という結果となっています。

また、自身のブログを作成したり、知らない人のブログを読んだり、コメントを残す割合がすべて男性の方が女性よりも多いことも判明しています。

 

いかがでしたか? これまでもMenjoy!では様々な男女の差についてお伝えしてきましたが、今回はソーシャルメディアに表れる男女の傾向を5つお届けしました。

今後さらに男女の違いについて解明されることを期待したいですね。

 

【知っておきたい男女の違い】

 

【参考】

http://www.hopekanpou.net/seiryokuzai-27.html
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sfewgerher
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sfewgerher/index1_0.rdf