弾は、高知県での測定結果リポートです電波測定の背景や計測

March 27 [Wed], 2013, 10:59
 11月16日にNTTドコモがサービスを開始した「docomo LTE Xi下り最大100Mbps」のフィールドテスト特集第2弾は、高知県での測定結果リポートです電波測定の背景や計測方法などについてお伝えした「【はじめに】」と併せてご参照ください

【画像:スピードテストの結果、ほか】

※スピードテスト結果の表は、標準計測回数を7回とし、未計測の場合は空欄、計測1度の場合は平均値表記なしとしている LTE接続できない場合は計測回数が0または1回としている

 12月3日、2泊3日の四国4県Xi100Mbps電波測定ツアーの初日は、羽田からANAのフライトで高知空港に9:50ごろ到着した空港といえばXiの下り75Mbps・上り25Mbpsの高速屋内エリアということで、到着出口付近で今回の電波測定ツアーのウォーミングアップとして、ツアー最初の計測を実施した比較対象は、au 4G LTEのOptimus G LGL21の2台のみ

 下り最速53.97Mbps・上り最速18.23Mbps・ping最速109msと、最大速度の70%程度の結果は、人の多い空港出口付近ということで、まずまずの結果であろう

そして、au 4G LTEでは、下り最速23.44Mbps・上り最速14.24・ping最速102msという結果で十分に速いSoftBank4GやEMOBILE LTEがしばしば4G/LTE圏外になることから、Android向けのLTEとしては、やはりドコモvsKDDIという構図でしばらくは展開していくと推察しており(そもそも、EMOBILE LTEのスマートフォンは春に発売することを発表しているが、商品名や発売日は未定だ)、この四国ツアーにおいても、au 4G LTEがシッカリと繋がるであろうという期待が高まった

高知空港から先は、四国4県の各測定ポイントに、合流したメンバーとクルマで移動ということで、XenSurveyによりdocomo LTE Xiとau 4G LTEのモバイルネットワーク状況を自動計測実施した(XenSurveyでの結果は、本特集の各県リポート後に掲載を予定している)

●高知駅 南口

 県内最初の測定ポイントは、高知駅南口だ高知といえば坂本龍馬がシンボルですが、大河ドラマ「龍馬伝」のセット再現された「幕末志士社中」、その南側には、坂本龍馬先生像・中岡慎太郎先生像・武市半平太先生像が建っており、その象徴的な駅南口に面した大通り沿いで計測を実施した

 付近の基地局は、駅正面に向けて電波を吹いており、計測端末のGAALXY Note IIを1.5GHzに固定して、電波状況をチェックを開始し、電波強度-53dBm〜-60dBmというかなり良好なポイントで計測をスタートした

 1.5GHz・15MHz幅での最初の計測結果としては満足度の高い下り最速88.22Mbps・上り最速24Mbpsという結果であったSpeedtest.netの平均値下り85.43Mbps・上り21.39という結果も非常に高速だ

 サービス開始から2週間が経過しているものの、まだ100Mbps対応機種が普及していないタイミングで、測定ポイントに隣接する大通りの交通量は都心部のようには多くはない、そして、平日11:00ごろの計測で観光客や通勤する人が少ない時間帯ということもあり、高速性を確認するには十分な環境であった

 また、100Mbps非対応の旧モデルについても計測を行っているが、GALAXY Tab10.1では、2.1GHz・10MHz幅の電波をつかみ、下り最速38.31、上り最速8.46Mbpsと、非常に快適な通信ができるエリアであることを確認したサービス開始当初は、屋内のみで下り75Mbpsの高速Xiサービスを展開していたが、徐々に屋外のエリア化も進めており、2012秋以前のモデルを購入したユーザにとっても、快適なXiネットワークが提供されていることは嬉しいはずだより多くのエリアで2.1GHzの10MHz幅化を図ってほしい
インドのシンクタンクであるインド国防問題分析研究所(IDSA)は24日、ウェブサイトを通じて、中国が東シナ海紛争をエスカレートさせたとする文章を発表した

【その他の写真】

以下は同文章の抜粋

中国は12月13日に釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)の空域の巡航を始めたパトロール任務を遂行しているのは中国国家海洋局所属の航空機だこれは以前から当局の公務船が行っていた巡航の一種の補充だ中国機のこの行動に対抗するために、日本はF−15戦闘機を出動させた

日中双方ともに領空主権を侵害されたと主張し、それぞれの歴史認識と準則に沿って行動を取っているため、両国の領土問題は東シナ海の情勢を一段と複雑化させた中国国家海洋局の航空機と日本の航空自衛隊の戦闘機は領土問題に巻き込まれ、この事件が同地域の緊張に新たな火種をまいた

中国側が釣魚島問題で採るエスカレートした行動は、危険で責任を負わないものだ中国は一連の戦略で同地域の緊張をエスカレートさせ、日本側からの歩み寄りを促そうとするだろうだが、中国のこの目論見が実現しなければ、東シナ海に真の戦争が起こる可能性があるこうした衝突は各国の利益に合致しない日本と中国は同地域の安定化によって更なる発展と繁栄を実現する必要がある中国は軍事活動で東シナ海の緊張をエスカレートさせるべきではない

もし中国が「平和的発展」というスローガンを実践するならば、監視船及び哨戒機を同地域から撤退させ、誠意をもって日本と交渉し、釣魚島及び周辺海域の資源開発問題をめぐって双方ともに受け入れられる、面目をつぶさない解決方法を見出すべきだ LTE接続できない場合は計測回数が0または1回としているiphone5ケース ブランド LTE接続できない場合は計測回数が0または1回としているiphone5ケース ブランド LTE接続できない場合は計測回数が0または1回としているiPhone5ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sfewfwe87/index1_0.rdf