2011年5月28日(土)「さぁ のはらへいこう」

May 28 [Sat], 2011, 20:45
本日、ある新聞に、今日から上映される映画「さぁ のはらへいこう」の紹介が出ていました。

新聞に出ていた紹介写真は、3歳の男の子4人のおしりです。
なんとも可愛く、HPを開きました。

作品概要には、こんなことが書かれていました。


子どもたちに向って、こんな言葉をかけたこと、ありませんか?

「そんなことをしたら、ケガするよ」
「ケンカしたらダメ」
「汚れるよ」

神奈川県鎌倉市で、1985年から野外での自主保育を続けている
「青空自主保育なかよし会」。
谷戸(やと)と呼ばれる里山を拠点に、野山や海で遊ぶ保育グループだ。
保育の基本は、手出し口出しはせず、見守りに徹すること。
子どもたちは、1歳から3歳までの三年間を自然の中で過ごす。
オムツもとれていない1歳児たちが、野山に自生する木の実に手を伸ばす。
そしてそれを分かち合う。
誰が教えたわけでもないのに、だ。
2歳児。山登りの得意な子が、不得手な子に手を貸す。
手を借りた子は、甘えるだけではない。
「じぶんであるくよ」と立ち上がる。
3歳児ともなると、ケンカが頻繁に起こる。
自然の中で分かち合い、助け合う中で育んできたつながり・・・
子どもたちは自身で答えを見出していく。

私たち大人は、未来を担う子どもたちに何を伝え、何を手渡さなければならないのだろうか。
その答えが、三年間の記録の中に詰まっている


保育当番をした母親のコメントには、
「見守りに徹することには、今も大きな葛藤がある。でも、子ども自身が気づく、感じる、考える、失敗することすらも子どもにとってはさまざまな経験を積む貴重な機会。おとなの”余計なひと言”で奪ってはいけないのだと気づいた。」

とありました。

是非、観にいきたいと思いました。
中学校の教員として、「見守る」ということはとても大事だと実感しています。
それは、1歳児でもそうなのかとHPを見るだけでも大きな気づきがありました。
1歳から3歳児までの社会を見られるというだけでも興味がわきます。
美香子が体験できなかった世界。
とっても、のぞきたくなりました。

5月28日(土)〜6月17日(金) 毎朝10:30からの1回、ポレポレ東中野で上映されるそうです。
毎週日曜日は「キッズデー」として、子どもも一緒に観られるそうです。


現在、小腸移植の保険適応化を目指す署名活動を行っています。
私が持ち歩いている署名用紙には現在、51名の方が書いて下さいました。
本当にありがとうございます。

本日、嬉しいことに友人から
「署名は代筆でもいいの?」とメールがありました。
大丈夫な旨を伝えると、「じゃあ、署名したいと言ってくれている人が私の周りにいるから、氏名と住所をまとめたら連絡する!!」と言ってくれたのです。

とっっても嬉しいです!!!


1人でも多くの方のご協力を宜しくお願いします。
  • URL:http://yaplog.jp/sf97/archive/672
yaplog!広告