嬉しい誕生日プレゼント

November 09 [Wed], 2011, 5:55
8日の朝、驚きのプレゼントが自宅に届きました。
大きな写真付きの色紙が4枚です。

3年前に担任をした生徒44人からの笑顔溢れるメッセージです。
そして、今は頼もしい高校1年生です。
部活や勉強を頑張っていること、将来の夢など読んでいて本当に元気をもらいました。
本当に、本当にありがとう!







私が勤めていた学校は、一貫教育でした。
中学5クラスが高校に進学すると8クラスになります。
また、他の高校に進んだ生徒もいます。
そんな中、1人ももれなく44人の顔写真とメッセージです。
驚きと感動と涙でした。

担任をしていたのは、3年前の4月から10月の7ヶ月間です。
美香子が私のお腹の中でスクスクと育っている7ヶ月間、この44人との本当に楽しい学校生活でした。

この愛しい生徒たちが中学2年生の時、もちろん仕事に復帰するつもりでした。
それが、美香子の病気の発覚、募金、渡航、移植手術・・・
生徒たちは、美香子の募金活動にも、何度も参加してくれました。
しかし、アメリカからいつ帰ることができるのかわからない中、育児休暇の延長はできませんでした。

そして選んだのは退職。
生徒たちには本当に申し訳ないという思いでいっぱいでした。
今回、自分の子宮外妊娠もあり、退職した意味を改めて感じています。

しかし、今も生徒たちの夢や、授業の夢、クラスで生徒たちと楽しそうに話している夢を見ます。
学校に戻りたいという自分の思いには嘘はつけないようです。
しかし、身体はそれを許さなかったり・・・
今は、また子育てを経験して、30代の間に学校に戻れたら・・・と考えたりします。

そこまで、思わせてくれるのもこの生徒たちとの出会いがあったればこそです。
なんと素敵で魅力的な職業か。
そして、自分を成長させてくれる職業でもあります。
未来を創る職業・・・素晴らしいです。

みんな、本当にありがとう。
勇気と元気をありがとう。

心から、皆の健康と成長と活躍を祈っています。



あおいちゃんへの真心のご支援をありがとうございます。

11月9日午後の時点で、寄付金総額が84,608,018円になったとありました。
1日も早く渡航できるよう、心より祈っています。

2011年11月8日(火)1年3ヶ月の月命日

November 07 [Mon], 2011, 21:26
美香子が亡くなって、1年3ヶ月となりました。
とても嬉しいことに、昨日、美香子がお世話になった東京医科大学病院の看護師さんから、美香子の写真と動画をいただきました。

いただいた写真のうちの2枚です。
2010年2月3日、つまり渡航の1週間前の写真です。



嬉しそうな美香子に、こっちまで嬉しくなります。
そして、ピチピチのベビー服に笑ってしまいました。
(点滴で摂取する中心静脈栄養は、どうしても皮下脂肪が多くついてしまうため)

東京医大の小児病棟の面会時間は、15時から19時の間だけで、親であっても1日4時間しか一緒にいることができませんでした。
美香子にとって、生きていたほとんどの時間は、病院の看護師さんとの時間でした。
(病室は、無菌の個室でした)
その時間を、こうして楽しそうな笑顔で過ごしていたと思うと、本当に感謝の思いが尽きません。
今も、感謝の涙が溢れてきます。
本当に本当にありがとうございました。

2011年11月2日(水)碧(あおい)ちゃんを救う会

November 03 [Thu], 2011, 9:37
この日、厚生労働省の記者クラブで記者会見が行われました。



あおいちゃんを救う会http://www.aoi-save.com


拡張型心筋症の1歳1ヶ月の女の子です。
昨年の7月から、15歳未満からの臓器提供は法律上できるようになりましたが、
現状10歳未満からの臓器提供は1例も出ていません。

あおいちゃんは、乳児からの提供が必要ですが、国内で待機する時間的余裕がなく渡航移植を踏み切ったと書かれていました。
移植は国内で・・・という社会的動きの中、ご両親も苦渋の選択だったと思います。

ICUで1歳を迎えた、あおいちゃんです。
皆様の真心のご支援をどうか、どうか宜しくお願いします。
yaplog!広告