どうだろうか? 聴いてみると確かに同じ歌声ではあるけれど、そのニ

April 08 [Wed], 2015, 15:44
■商品名: グッチiphone6/iphone6plus 携帯ケース 左右開 通販 送料無料

■対応機種:iphone6  iphone6 plus

■ご注意:

※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。

※携帯本体は付属いたしません。

※サードパーティ製品

※只今は送料無料♪ 


 グッチiphone6カバー


 グッチiphone6カバー


既報の通り、4月3日、ヤマハからiOSデバイス向けのVOCALOIDである「Mobile VOCALOID Editor」が発表され、App Storeからのダウンロード販売が始まった。ヤマハの発表に

よると、最大小節数やトラック数、歌声調整パラメータの種類、使用可能な音域などは、PC版の「VOCALOID Editor」とほぼ同等とのこと。実際に使ってみると、確かに同等と

いうよりも機能面では、PC版以上のものを持っているのだが、音質的な違いはどの程度のものなのだろうか?

【この記事を写真付きで見る】

 Mobile VOCALOID Editorの価格は4,800円(税込)で、4月13日までは期間限定セールで税込3,600円となっており、PC版(ダウンロード版10,800円/税込)よりも圧倒的に安いの

で、音質差がどうなのか非常に気になるところ。そこで、それぞれに同じ歌を歌わせて、どう違うのかを検証してみる。
ルイヴィトンiphone6 ケース
■ PCを上回る機能も持つiOS版ボカロエディタがついに登場

 Mobile VOCALOID Editorは第4世代iPadやiPad Air/Air 2、iPad mini 2/mini 3、iPhone 5s/5c/6/6 Plusで利用でき、対応OSはiOS 7.1.2以降で動作するVOCALOID Editorだ

。これまでもiVOCALOIDシリーズとしてiVOCALOID VY1、iVOCALOID VY2、iVOCALOID 蒼姫ラピス、iVOCALOIDメルリの4製品が出ていたが、これらは簡易版VOCALOID Editorとい

う位置づけであった。というのもiVOCALOIDシリーズで入力できるのは17小節までで、ごく短いフレーズを歌わせるのであればとにかく、しっかりした曲を作り上げるのには無

理があったからだ。

 また、歌声ごとに別々のアプリであったことからも分かるとおり、1つのアプリで扱えるのはあらかじめ用意されている歌声のみ。PC版のように歌声ライブラリを切り替えて

歌わせることはできなかったし、そもそも1トラック=1声しか歌うことができないという制約があったのだ。
エルメス6Plusケース
 それに対し、今回登場したMobile VOCALOID EditorはPC版のVOCALOID Editorと同じように複数の歌声ライブラリを切り替えながら、16トラックまで同時に鳴らすことができ

るし、制作できる小節数にも実質的な上限はない(4月3日にリリースされたバージョンでは最大511トラックとなっているが、間もなく登場する最初のアップデータによりPCと

同じ999小節になる)。また、PC版のVOCALOID EditorにはないMIDIのステップ入力やリアルタイム入力機能も備えるなど、PC版を上回る機能までも装備している。PC版とiOS版

の詳細な違いについては後述する。

 では、このMobile VOCALOID Editorで扱える歌声ライブラリはどうなっているのだろうか? PC版の場合は、従来のVOCALOID3と昨年末に発売されたVOCALOID4で扱いが若干違

うが、基本的にVOCALOID Editorと歌声ライブラリは別売。VOCALOID3のときにはTiny VOCALOID Editorというものが歌声ライブラリに付属していたが、VOCALOID4ではそれもな

くなり、完全な別売となった。
アイフォン6シャネル
 一方、今回のMobile VOCALOID EditorにはあらかじめVY1 Liteという歌声ライブラリが付属しているが、それ以外はアプリ内課金という形で別売。そのオプションとな
フォーカル、高い耐落下性能を備えたバッテリー付きiPhoneケース21日発売
写真: マイナビニュース
フォーカルポイントは、ミルスペックに準拠した耐落下性能を備え、容量2,600mAhのバッテリーを搭載したiPhone 6向けバッテリーケース「OtterBox Resurgence耐落下バッテ

リーケース for iPhone 6」を21日より発売する。価格は税別11,800円。

【もっとほかの写真をみる】

「OtterBox Resurgence耐落下バッテリーケース for iPhone 6」は、米国国防総省が制定する米軍の物資調達企画「MIL-STD-810G 516.6」(ミルスペック)に準拠した落下性能

を備えるiPhone 6向けバッテリーケース。バッテリーの容量は、2,600mAhで、iPhoneの使用時間を最大2倍まで延長できるという。

ケースを充電するには、付属のUSBケーブルをケースのポートに接続して行う。バッテリーの充電状態は、搭載されたLEDインジケーターにより確認可能。また、付属のUSBケー

ブルを使用することで、iPhoneをケースから取り外すことなくPCと同期できる。
ヴィトン iphone6ケース 本物
「OtterBox Resurgence耐落下バッテリーケース for iPhone 6」のサイズ/重量は、幅約76mm/高さ約154mm×厚さ約17mm/約100g。カラーバリエーションは、ブラック/ブラック

、ホワイト/ガンメタルグレー、スレートグレー/スカーレットレッド、ミントグリーン/ホワイトの4色。Apple Watchの予約開始までいよいよ1週間を切った。日本時間では4月

10日16時01分から予約がスタートする。ほかのApple製品と違い、Apple Storeに行列を作ることはないだろう。

【Apple Watch Sport以外のモデルの写真を見る】

 発売当初、すべてはオンラインストアで予約をする必要があるからだ。店頭での試着にも予約が必要だ。これまでのどの製品とも異なる販売方法をとるのは、テクノロジー

としてではなく、ファッションとしての新しい購入体験を作ろうとしている現れだろう。

?Apple Watch、ケースとバンドの「全組み合わせ」98パターン大公開
?「Apple Watch」価格まとめ
人気ブランド携帯カバー
 とはいえ、スポーツモデルは今後、一般の販売店でも流通する可能性があると考えている。ほかのモデルはケースのサイズとバンドのサイズをそれぞれ指定して購入するた

め、試着するまでどのバンドのサイズが最適かが分からない。ある意味サイズ合わせのための予約販売、という側面もある。

 しかしスポーツモデルにはバンドが2種類付属してくるため、慎重な試着をしなくても、大小の合うバンドを選んで装着すれば良いからだ。ただし、量販店などでの販売は、

まだ先の話になるかもしれない。

 Appleに関する分析で著名なアナリスト、Piper Jaffrayのジーン?マンスター(Gene Munster)氏は、Apple Watchの「初速」、すなわち発売される金曜日からの週末で、そ

の売り上げは100万台に達するとの見方を示した。
6Plusケースシャネル
 「スマートウォッチとして、間違いなく“初めての成功”を手に入れる製品になる」というのがApple Watchに対する現在の評価だ。やはりそこには、iPhoneを有するApple

が手がけるという、ブランド、ロイヤリティによるものが強いと見ている。

 スマートウォッチというカテゴリーそのものがどうなるのか、2015年の1年をかけて、議論が深まっていくだろう。

●重い方がいいか、軽い方がいいか

 Apple Watchの販売台数は、2014年の1年間をかけてAndroid Wear搭載のスマートウォッチが積み上げてきた売り上げも上回るものになるはずだ。筆者は、Android Wear搭載

のLGのスマートウォッチや、そのほかのスマートフォンと連携する腕時計を試してきた。
シリコンiPhoneケース
筆者の周囲の人々の反応は、どちらかというと、日本よりも米国の方がやや冷たかったように感じている。その一方で、特に活動量計のようなスポーツトラッキング機能を持

つ既存のウェアラブルデバイスを使ってきた人たちは、Apple Watchのスポーツモデルを歓迎している様子だった。

 実際にApple Watchに触れてみると、Apple Watch Sportとそれ以外のモデルに「大きな性格の違い」が存在しているように思う。機能は全く同じだが、重さが根本的に違う

のだ。

 実際に装着してみると、その重さの違いに驚かされる。そして、少し悩みは深まる。

38mmモデルのケースで比較すると、アルミニウムのスポーツモデルは25グラムだが、ステンレススチールを採用する通常モデルは40グラムだ。さらにスポーツモデルにフルオ

ロエラストマーのバンドを組み合わせると62グラムになるが、通常モデルにステンレス製のリンクブレスレットを組み合わせると105グラムになる。
人気iphone6ケース
 スポーツ向けなら軽い方が良いかもしれない。より軽快にスポーツを楽しむときにも付けっぱなしにしていられる軽快さと、しっかりフィットするバンドは、もちろん既存

のスポーツトラッキング系のウェアラブルデバイスよりは重たいが、スポーツウォッチの域にとどまるはずだ。

●“オン”と“オフ”を使い分ける前提で考える

 一方、必ずしも軽ければ良いという価値観だけではない。適度な重さは「つけ心地」と「質感」を作り出すこともある。その点で、より重たい通常モデルが悪だ、とは思わ

ない。

デバイスの常識からすれば、身につけるモノが100グラムを超えると、重たいと思われるかもしれない。しかし100グラムを超えるApple Watchですら、腕時計の世界ではまだ「

軽い」方かもしれない。

 実際にステンレススチールを採用したApple Watchを腕に装着したが、たとえばOmegaの「Speedmaster」よりも軽かった。だいたいApple Watchの42mmケースと同じサイズで

メタルリンクバンドを含めておよそ150グラムあり、普段使いしていて気にならないのだ。

 一方で、100グラム以上の時計を付けてスポーツをしたいか、といわれるとそこも悩む。しかしカラフルなバンドとシルバーのケースのApple Watchをスーツに合わせられる

か、といわれるとこれもまた難しい。
6Plusケースシャネル
 いつの間にか筆者も、腕時計好きな人が、何本も時計をそろえている理由がよく分かるようになってきた。とはいえ、Apple Watchを何本もそろえても、機能は同じなので、

通常の腕時計ほどいろいろな種類をそろえる面白みはない。

 ONとOFFで使い分けたい人は、やはりバンドのカスタマイズという手段になるのだが、どのケースが最適か、という答えはなかなか出しにくい。

●個人的にはステンレススチールモデルを核にする

 この際、個人的に最も興味のあるモデルを選ぶとすれば、やはり今までの腕時計的な体験を引き継ぐ意味で、(価格は別にして)ステンレススチールのApple Watchにメタル

リンクバンドを組み合わせるチョイスがよいかな、と思う。

 これに1本、スポーツバンドを用意すると、おそらく前述のオンとオフをこなすことができるはずだ。そのかわり、合計の価格は42mmケースで11万9800円(税別)となるため

、Apple Watchがかなり長く使えることを信じて購入する必要がある。

 もう1つの選択として興味があるのが、スペースグレイのスポーツモデルだ。筆者のiPhoneがスペースグレイいうことで、色をそろえることができるからだ。たとえばレザー

系のバンドを追加購入してオンに備えることもできる。

 その際、42mmケースのモデルは4万8800円(税別)で、レザーのバンドは1万7800円(税別)からそろっている。一式購入すると、合計で6万6600円(税別)になる。

●予約販売はうまくいくのか?

 正直なところ、Apple Watchは極めて高い買い物だ。前述の通り、反応が鈍かったという話は、Apple Watchの価格を告げる前のことで、この値段に二の足を踏む人も少なく

ない。

 しかも、選ぶとなると、割と真剣にいろいろと検討する必要があり、一度装着したことがある筆者でも、毎日使うとなると「これ」と一発で断言できるわけではないのだ。

 だとすると、先に購入したいApple WatchをApple Storeオンラインで予約するという方法はうまくいくだろうか。もう少し、店頭でいろいろ試してから購入したり、これを

買うつもりだったけれど、やはり違うものにした、というパターンが頻発しそうに思える。

 発売時、行列ができて、その1人1人がじっくりフィッティングをしていると、おそらく途方もない時間がかかることになるはずだ。かといって、限られた予約枠を取り合い

ながら、先に商品を押さえておいて、という方法も、本当に選びたいモデルを手に入れる最適な方法かは分からない。

 とにかくAppleにとっても、テクノロジー業界にとっても、初めての試みだ。こうした試行錯誤そのものに意味があるととらえて、引き続き動向を見ていきたいと思う。って

いる歌声ライブラリは以下の計9種類で、すべてヤマハ製のものだ。


 よく見てみると、VY1のみ1,200円と安いのが気になるところだが、それ以外はすべて2,400円。これらのPC版の歌声ライブラリはVOCALOID STOREの直販価格で税込み10,800円

となっていることを考えると、約1/4で購入できてしまうというのは、かなり嬉しいところだが、果たしてこれは同じものなのだろうか?

■ PC版とiOS版で、音質に関わる違いとは?

 先日ヤマハの担当者に話を聞いたところ、「Mobile VOCALOID EditorはiOS向けに最適化しているので、音質的にPC版とまったく同じというわけではありません。また歌声ラ

イブラリのほうも、ある程度の容量圧縮を図っています」と言っていたので、同じものではないようだ。またその担当者によれば、歌声のエンジン部分に関しては、基本的に

iVOCALOIDで使われたものを利用しており、今回、大きく変わったわけではないようなのだ。
iphone6ケース
 となると、ますます音質の違いがどのくらいのものなのか気になってくる。そこで、さっそく実験を行なってみたのだが、この実験において、非常に便利だったのが、PC版

のVOCALOID EditorでもiOS版のMobile VOCALOID Editorでも共通で使えるクラウドシステムである、ボカロネットの存在だ。ボカロネットは歌詞を入力すると自動で作曲して

、歌ってくれる「ボカロデューサー」機能に目が奪われがちだが、ボカロネットを介することで、同じデータをPC版とiOS版でやりとりできるのも大きなポイント。

 そこで、まずボカロデューサー機能を使って短い曲を一曲作成し、これをPC版のVOCALOID4 Editorを使ってVY1V4のNormal音色で歌わせたものと、Mobile VOCALOID Editorに

標準で用意されているVY1 Liteで歌わせてみたものをWAVで用意したので聴き比べてみていただきたい。


 どうだろうか? 聴いてみると確かに同じ歌声ではあるけれど、そのニュアンスは明らかに違う。どちらがいいかは好みの問題でもあるが、やはりPC版のほうが滑らかなこと

は確かだ。また同じミックスをしているが、PC版のほうがボーカルの音量が大きいような気もする。そこで、それぞれを波形編集ソフトであるSound Forgeに読み込ませて波形

で比較してみると、やはり波形の雰囲気が少し異なるのは見て取れる。とはいえ最大音量はいずれも-10dBであり、単に音量が違うというわけではなさそうなのだ。

 では、これをVY1 Liteという標準のものではなく、1,200円のオプションであるVY1にしたらどうだろうか? これを購入して試してみることにした。その結果が以下のものだ


シリコンiPhoneケース
 正直なところ、これを聴いただけでは、VY1 LiteとVY1の違いは感じられないレベルだし、波形のほうの違いも分からない。先ほどの担当者が言っていたのは、「高い声や低

い声を歌わせると、VY1との音質差が目立ってくる」ということ。ここから類推すれば、VY1 LiteはVY1と比較してサンプリングポイントが少ないのだろう。推測ではあるが、

VY1が3ポイントでサンプリングしているのに対し、VY1 Liteが1ポイントだとすれば、非常に高い音や低い音だと、VY1 Liteは破たんしやすい、ということになる。別の言い方

をすると、その差分を埋める価格として1,200円という半額が設定されているということなのだろう。

 そこで試してみたのが、低い音から高い音まで歌わせるとどんな風に聴こえるのか、という実験。やはりボカロネットをクラウドのストレージとして利用しながら、Mobile

VOCALOID EditorでのVY1 LiteとVY1、それにPC版のVOCALOID4 Editorを使ってVY1V4のNomarlを歌わせてみたので、比較してみて欲しい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:setsbex
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/seytvxe/index1_0.rdf