インプラントは一体何年くらいもつのか

June 17 [Fri], 2016, 1:10
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくというケースも稀に報告されています。
こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。
高い技量を持つ歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。
それは違います。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。
健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。
自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。
重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。
保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:柚希
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/seytefenuteina/index1_0.rdf