■どこに耳を当てても相手の音声を聞き取れる「スマートソニックレシーバー」

April 01 [Wed], 2015, 23:14

 製品名:人気 GUCCI グッチiphone6/6plus保護カバー 人気アイフォンケース ブランド携帯ケース


材質:レザー

対応機種:iPhone 6 、iphone 6 Plus

注:

 

※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。

※iphone本体は付属いたしません。

※サードパーティ製品

 グッチiphone6カバー


袋」を販売している。期間は1月10日から1月26日11時59分まで。数量限定販売なので、なくなり次第販売終了となる。下記の価格はいずれも税込。

 2990円と3990円の2種類の福袋を用意しており、5000〜6000円相当のケースをお得に入手できる。福袋ではiPhone 6、iPhone 5s/5の手帳型ケースとハードケースを1つずつ(合計2商品)、好きな

カラーを選んで購入できる。
エルメス6Plusケース
 定価6480円の本革ケース「ヴァレンティアヌス」のほか、ネオ?ハイブリッドシリーズ、ウルトラ?ハイブリッドシリーズなどが福袋の対象となっている。

 さらに、すべての福袋に非売品のアルミニウム?ホームボタン(ロイヤルブルー)が2つ、Spigenオリジナル卓上カレンダー、1月中に利用できる500円オフクーポンが同梱されている。クリップス

は、1月16日に越前漆器の老舗「粂次郎」が製作した越前漆器のiPhone 6向けケース2種を発売した。価格は1万3000円〜1万5000円(税別)。

 本製品は、明治時代に創業した100年以上の歴史を持つ漆器工房 粂次郎が手掛けたiPhone 6向けケースで、「福福到来」は縁起物のダルマを、「錦鯉」は泳ぐ宝石といわれるニシキゴイをモチー

フにデザイン。職人が本漆に銀粉を用い、一つ一つ丁寧に仕上げている。
アイフォン6エルメス
 取り扱いは同社が運営する高級名入れ商品の販売ショップ「naire-shop」。なお、漆のiPhoneケースは現在12種類提供中だ。 プレアデスシステムデザインは、1月20日にBigben Interactive(ビ

ッグベン インタラクティブ)のブランド「Christian Lacroix(クリスチャン?ラクロワ)」からiPhone 6向けフォリオケースとハードケース2種を発売した。

 本ブランドは仏南部アルル出身のデザイナー クリスチャン?ラクロワが創立したもので、地元文化から影響を受けた鮮やかな色彩や高級感あふれるデザインが特徴。

 今回販売するのは、モダンでスタイリッシュなデザインにインナーポケットも備えたPUレザーのフォリオケース「Christian Lacroix Suiting Collection Folio Case for iPhone 6」、世界中の

セレブから愛される「エデンロックホテル」にインスパイアされたハードケース「Christian Lacroix Eden Roc Collection for iPhone 6」、スペイン宮殿アルカサスの庭を散歩するセビリアの美

女たちをイメージし、色とりどりのチョウがデザインされた「Christian Lacroix Butterfly Collection for iPhone 6」の3種。販売予想価格は4200円〜4700円(税別)となってい
Spigen、iPhone 6ケース「ウルトラ?ハイブリッド」に新色を追加
画像:ITmedia
 Spigenが販売しているiPhone 6向けケース「ウルトラ?ハイブリッド」に新色のスペース?クリスタル(スモーク?ブラック)が追加された。まずはAmazonストアで販売し、公式オンラインストアや

楽天市場店などでも順次販売する。Amazonでの価格は1990円。

 側面のTPU部分に透明感があり、通常のウルトラ?ハイブリッドと同じく背面はクリスタルクリアで透明に表現した。少しでもキズを防ぐために背面4カ所にリアガードを設けた。デバイスの落下に

よって伝わる衝撃をエアクッションで吸収するので、ダメージを最小化してくれる。 ディーフは、2月下旬にiPhone 6向けケース「Multi Function Design Caes & Neck Strap for iPhone 6」を発

売する。価格はオープンで、Deffダイレクトショップの価格は3685円(税別)。

 本製品は、ケース背面に独立して回転する金属製のリングホルダーと、横置きスタンドやフィンガーリングとしても利用できる「Multi Functionリング」を装備。表面はしっとりとした手触りで

継ぎ目のないPUレザーを採用している。
グッチ iPhone6 ケース
 またケースと同じ素材で、アクセントとしてステッチを加えた、メタルワンタッチホルダーのネックストラップが付属している。ィーフは、1月下旬にiPhone 6/6 Plus向けケース「HoverKoat

iPhone 6/6 Plus」を発売する。価格はオープンで、Deffダイレクトショップの価格は7389円(税別)。カラーはミステリーブラックとルミナスシルバー。

 本製品で採用した、デュポン社の強化繊維「ケブラー」とグラスファイバーは電波を遮らない素材。それぞれミステリーブラックとシルバーに使用している。特にケブラーは防弾チョッキにも採

用されるほど強度のある素材のため、iPhoneを安全に保護することができる。ケースには弾力性があり、iPhoneを押しこむだけで装着できるため、装着時の傷付きも防げる。

 また、ケースは端末の曲線にフィットする特殊成形がされているため、iPhoneのデザインを損なうこともない。

 カメラホールなどはCNC精密切削加工で開けており、内側にはカメラ保護用の厚み調整スペーサーを装備。レンズ部がケースから飛び出さない仕様になっている。 ケイ?オプティコムがサービス

展開するMVNO(=Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者)の「mineo」(マイネオ)に、2014年12月24日から京セラ製の新端末「LUCE」(ルーチェ)が登場。今回は、昨今の

MVNO事情と、この新端末「LUCE」のインプレッションをお届けする。

他の写真を見る

■格安スマホこそがMVNOの火付け役
シリコンiPhoneケース
 昨今、いわゆる「格安SIM」や、それと同時に購入できる「格安スマホ」がブームだ。これらは、既存の移動体通信事業者(NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル等)からネットワークを借りて

独自ブランドで展開するMVNO(=Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者)によるサービスで、航空業界で例えれば大手航空会社に対する、LCC(格安航空会社)のようなもの。

 MVNOはすでに国内で100社以上あるといわれているが、とくに近年になってMVNOが注目されるようになったのは、スマートフォン(以下、スマホ)が普及すると同時に、毎月支払う通信料金の負担

が大きくなってきたことが要因の一つ目である。

 スマホのパケット通信料は従来の携帯電話のパケット通信料よりも元々高めに設定されていた。携帯電話からスマホに買い換えると、平均的に毎月の通信料金が2千円程度高くなっているはずだ。

さらに2014年には、大手3事業者が通話料金定額の新料金プランに移行していったが、ベースとなる基本使用料が従来より高額になってしまう上に、パケット通信料が段階的に設定され、実質的に従

量課金ともいえるものになってしまった。

 このため通話をあまりせず、一方でデータ通信を主体に使ってきたユーザーにとっては、ますます通信料の負担が大きくのしかかるようになってきた。こうした背景があって、データ通信を主体

的に使うユーザーを中心にMVNOの提供する格安SIMが注目されるようになってきたのだ。
新品Chanel iphone6 ケース
 そしてMVNOが注目され出した要因の二つ目が、MVNO自ら端末メーカーと組んで、「格安スマホ」を販売するようになったこと。わが国では長らく端末と回線を同時に購入(契約)するという慣習

が根強く、SIMカード(回線)のみを主体に扱ってきたMVNOのビジネスモデルはなかなか一般のユーザーに受け入れられなかった。

 そんな中、MVNO自ら端末を用意し、SIMカードとセットで販売するケースが増えてきたことで、ようやく一般のユーザーにも、MVNOを使ってみようという流れが出てきたのである。そもそも、より

安価にスマホを使いたいというユーザー層が利用するMVNOだからこそ、セット販売されるスマホもフルスペックの高級機ではなく、機能を最小限に抑えたベーシック機のほうが人気が高いようだ。

■希少なau網を使うMVNO「mineo」を使う意義とは
iPhone6 シャネル
 MVNOの大半は、NTTドコモのネットワークを使っている。ご存知の通り、各通信事業者は基地局の配備や割り当てられた周波数帯域の活用にそれぞれ戦略があり、場所によって通信事業者ごとの電

波の入りの良し悪しがあったり、ネットワーク品質(通信速度等)に差が出たりすることがある。筆者の感覚で言わせていただければ、たとえばNTTドコモは確実に音声通話ができることに重きを置

いているように感じる。

 したがってエリアは充実しているが、3Gのネットワークも活かしながらエリア展開を続けている印象。一方で、auは電波が遠くまで届いたり、建物の奥まで回りこみやすい、いわゆる「プラチナ

バンド」と呼ばれる周波数帯域に、優先的にLTE方式を割り当てエリア整備を進めているようで、データ通信主体に使う場合にはauのネットワークに魅力を感じている。

 「場所を問わず確実に通信ができる状況にしておきたい」と考えるなら、異なる通信事業者の回線を複数所持すれば良いわけだが、とはいえスマホを維持するには1回線あたりそれなりのコストが

かかる。これはこれで頭の痛い問題だ。そこで維持費を抑えるためにMVNOのサービスに目が向くことになる。
グッチ iphoneカバー
 NTTドコモのネットワークを使うMVNOが大半という中で、大阪に本社を置く関西電力系のMVNO、ケイ?オプティコムが提供するmineoは、auのネットワークを使っている非常にレアなサービスである

。2014年6月にサービス提供を開始。同社の報道発表によれば、すでに4万件を超える契約があり、かつ音声通話契約付きのデュアルタイプの契約が増加傾向にあるそうで、これはメイン回線として

mineoを選択するユーザーが増えていると考えられる。

 mineoはauが得意とするプラチナバンド帯のLTE網を安価に利用できるとあって、筆者もサービス提供開始時からmineoを使ってきた。しかしmineoはau網が使える一方で、端末の調達にはどうして

も制約が多かったのも確か。auの展開するプラチナバンド帯のLTEを有効利用するには、結局はauの比較的最近に市販された中古端末以外に選択肢がほとんどないためだ。このため、mineoはサービ

ス提供開始当初から、スマホ端末の同時販売も行ってきたが、このほどmineoで3機種目となるスマホ新端末がお目見えした。それが今回紹介する京セラ製スマートフォン「LUCE」(KCP01K)である



■信頼性の高い京セラ製の国産スマホの登場
iphone6ケース手帳型 人気
 mineoは当初から独自の端末を用意し、SIMカードとセットで販売を試みてきた。これまで市販されたmineoオリジナルのスマホは、シャープ製「AQUOS SERIE(SHL25)」と、京セラ製「DIGNO M

(KYL22)」。いずれもauでも販売されている国産モデルを投入してきた。しかしながら、AQUOS SERIEは価格が75,600円(分割の場合は3.150円×24回)、DIGNO Mも48,000円(分割の場合は2,000円×

24カ月)と、安心して利用できる国産モデルながら決して安価とはいえなかった。

 端末価格が高価となれば、実際のところ格安SIMを使う意味が薄らいでしまう。ましてや大手3事業者の販売合戦のおかげで、型落ちモデルであれば3事業者の国産人気モデルでもかなり安価に購入

できてしまったりする。

 一方、NTTドコモのネットワークを利用するMVNO他社で格安端末とセットでSIMを販売しているところでは、韓国製、台湾製、中国製のスマホ端末が主体。端末価格を3万円前後に抑えることで、分

割払いによる端末代を合わせても、毎月の通信料金は大手3事業者の利用料より安価に抑えられるように工夫されてきた。

 つまり、mineoに課せられた課題は、そうしたMVNO他社に対抗できる安価なスマホ端末のラインアップであったといえた。そこに登場してきたのが、この「LUCE」(KCP01K)である。端末価格は

33,600円、分割であれば1,400円×24カ月と、ようやく他のMVNOの格安スマホに対抗できる端末をラインアップしたのである。

 音声通話をつけて、端末分割代金を合わせても、月額2,000円台の利用料からスマホを利用できるラインアップが登場したことになる。しかも、京セラ製の国産スマホということで、MVNO他社がラ

インアップする格安スマホの類に比べ、信頼性は高い。また、端末価格に対して、そのスペックは思いのほか充実、端末の質感もなかなかのものなのである。

■片手操作で理想的サイズ&質実剛健な外装

 LUCEを製造する京セラについても説明しておきたい。実は京セラはKDDIの筆頭株主でもある。このためか、京セラというとau向けの端末メーカーという印象が強い。auの前身となったDDIセルラー

電話の創業時(1989年)から携帯電話端末を納入してきた老舗メーカーであるが、かつてNTTドコモにも端末を納入していた時期もあった。また、PHSに関しては現在国内で最大のシェアを誇る。
。。

 そして意外に知られていないのは、京セラは海外進出でも成功しているメーカーであるということ。とくに北米市場では、サムスン、アップル、LGエレクトロニクスに次いで、4位に位置している

。スマホだけ見ても、国内よりも海外向けのほうが機種数も多いというほど、北米市場には力を入れている端末メーカーである。

 今回、mineoのオリジナルスマホとしてデビューしたLUCEは、同じくau網を使ったMVNOであるUQ mobileが発売した京セラ製スマホ「KC-01」と兄弟機にあたるようだが、外装デザインは大きな違い

がある。KC-01に限らず、昨今のスマホはカラフルなものも増えた一方で、端末外装のプラスチック感に安っぽさを感じるものばかりだ。

 しかし、このLUCEは端末両サイドをブラックのスチール風フレームで囲い、端末上部の電源ボタンおよびイヤホン穴周辺と、端末下部はマットブラックの素材でアクセントをつけている。背面は

シボ加工されたラバー風素材のパネルが配され、握りやすく、かつ高級感さえ感じられる仕上げとなっている。

 外寸は幅約65×高さ約132×厚さ約11.2mm。iPhone 5SとiPhone 6のちょうど中間ぐらいの大きさだ。ただしiPhoneと比べると端末に厚みはある。しかしながら、この適度な端末の厚さやラバー風

な背面パネルのおかげで握ったときにしっかりと手になじむ感じだ。しかも日本人の手にちょうど良いサイズである。

 実際に端末を左右どちらの手で握っても、端末のボリュームボタンや電源ボタン、タッチパネル上の操作ボタン含め、すべて自然に指が届く位置に配置されていて、操作をするために握りなおす

ようなこともない。日本では、スマホを片手で操作するシチュエーションが多い(通勤時などに利用することが多いため)とされているが、そうした日本特有の利用シーンにマッチした理想的なサ

イズに仕上がっているといえよう。

 またIPX5(※1)/IPX7(※2)相当の防水性能、IP5X(※3)相当の防塵性能をあわせ持つほか、アメリカ国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.6:Shock-ProcedureIV に準拠した耐衝撃性

能(※4)も備える。前述の通り、精悍でシックな外装と同時に、どんなシチュエーションでも壊れなさそうなスマホともいえ、まさに第一線でバリバリ活躍するビジネスマンがタフに使いこなせる

ようなクールな端末という印象だ。

(※1)IPX5:内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5L/分の水を3分以上注水する条件であらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても電話機としての性能を保つ。
(※2)IPX7:常温で、水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保つ。
(※3)IP5X:直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を8時間入れて攪拌(かくはん)させ、取り出したときに電話機の機能を有し、かつ安全に維持することを意味する。
(※4)耐衝撃性能:高さ1.22mからの合板(ラワン材)に製品を26方向で落下させる試験を実施。

■どこに耳を当てても相手の音声を聞き取れる「スマートソニックレシーバー」

 カメラは、メインカメラが約800万画素、インカメラが約200万画素で、HDR撮影にも対応している。動画はフルHDサイズ(1920×1080ピクセル)で撮影できる。

 音声通話に関しては、京セラオリジナルの「スマートソニックレシーバー」が搭載され、スマホ端末のディスプレイ面を耳にしっかり押し当てて通話することで、雑踏の中でも相手の音声がはっ

きり聞き取れる。写真でご覧頂くと分かる通り、端末表面にスピーカー穴(受話口)が見当たらない。他社のスマホでは、この受話口が耳とずれると相手の音声が聞こえづらくなるが、「スマート

ソニックレシーバー」搭載機ではディスプレイ面そのものがスピーカーになっており、どこに耳を当ててもはっきりと相手の音声を聞き取ることができる。
iphone6ケース
 その他のスペックとしては、バッテリーは2,000mAhで、連続通話時間は約1,130分、連続待受時間はLTE圏内で約460時間、LTE圏外では約540時間。OSはAndroid 4.4(KitKat)、CPUはクアルコムの

Snapdragon 400シリーズのMSM8926で1.2GHzのクアッドコア。ディスプレイは約4.5インチのqHD TFT液晶(960×540ドット)となっている。

 ディスプレイは非常に明るく、そしてコントラストも明確で視認性が良い。ディスプレイ上の操作感もじつに軽快だ。また筆者はすでに老眼気味のため、4.5インチクラスのスマホの場合、メーカ

ーによってはディスプレイ上の文字が非常に読みづらかったりすることがあるが、LUCEでははっきりと文字が読み取れた。このあたりは、国産メーカー各社の中でもとくにユニバーサルデザインに

こだわってきたメーカーとしての印象が強い同社だけに、LUCEにもその思想が引き継がれているものと感じた。

 ところで、端末に標準で搭載されている書体が読みやすく、また美しいと感じたのだが、調べてみたら出版業界関係者なら知る人ぞ知るモリサワ製の新ゴという書体を採用していた。国産モデル

だからこそ、表示する日本語の書体にもこだわっているところに、少々嬉しさを感じた。
iPhone6ケース シャネル風
 mineoは当初、SIMフリー版のiPhoneでも利用ができたが、iOS8以降では対応できなくなるというトラブルもあり、つまらぬところで苦戦を強いられていた印象もあった。しかし、ユーザーサポー

トには今後も力を入れていくようで、13日にmineoとユーザーをつなぐコミュニティサイト「マイネ王」を開設したほか、2月1日からは月額利用料の引き下げや大容量通信時の通信速度制限の撤廃な

どを行う。安価ながらもこれだけ高品質な国産モデル「LUCE」というキラー端末が投入されたことで、改めてmineoのサービスが注目されそうだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seybcc00
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/seyfsevx/index1_0.rdf