黒坂とダイサギ

April 29 [Sun], 2018, 19:58
女性の方にとって体の冷えは妊娠する際のネックです。体を温めるお茶を毎日飲むようにする事も妊活としてはとても大切です。具体的にいうと、ノンカフェインの体の血液の循環を良くする働きのあるハーブティーが体の冷えを解消するためには効果があります。妊婦にとって必要な栄養素は葉酸なのです。この葉酸が足りないと子供の脳や神経系に障害が残る危険が大きくなってしまいます。


いつまでに葉酸を摂るのがよいかとなると、脳や神経を形成する頃は妊娠3ヶ月以内としているため、この時期に葉酸を摂る必要があります。


妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。



一般的な食事では、適切な量の摂取が難しいとされています。



ですからサプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも販売されています。


サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。妊活というものはつらいことも多々あるため心身ともに打たれ弱くなってしまいます。

なかなか妊娠に繋がらないと、うつの症状が発現し始めることもあります。

妊娠の最も妨げになるものはストレスとも言われています。不妊治療をやめたことで心配事が消え、すぐ妊娠できたという場合も多いです。


妊活をしたことによってつらいことが多くなってしまうということを避けるためにストレスを溜めないようにしながら継続することが重要です。



不妊の要因の1つとして体の血行の悪さを起因とした冷え性が考えられます。



そこで、冷え性を根本的に良くする為に、食事療法を取り入れるというのが重要になるのではないかと感じます。

身体をを芯から温めてくれる生姜や根菜などを意識的に食事の中に取り入れて、冷えの原因となる食品を敬遠する事も自分の努力で出来る体質を良くする道でしょう。ご夫婦が赤ちゃんを待っているとき、二人で一緒に葉酸を摂りましょうと言われるようになりました。

ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。

良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、全ての細胞が活発に増えていくために絶対必要な栄養素であり、赤ちゃんを授かるために夫婦で摂って欲しいと言われるのです。
さらに、子宮内膜を厚くふかふかにするためにも葉酸は大事な役割を果たし、受精卵が着床しやすくなり、妊娠成立に至りやすくなります。

葉酸を妊娠初期に摂ると、胎児の発育に良いということは今や常識でしょう。
さらに、妊娠する1ヶ月前から葉酸を多めに摂った方が良いということを知っていましたか?ですから、妊活を始めようとしたときが葉酸サプリなどの摂取をおすすめするタイミングなのです。妊活開始を宣言したらまず葉酸の摂取からですね。

可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないようにしてください。胃腸薬や痛みどめなど、市販されているものであれば妊活中であっても服用に問題はありません。しかし、注意すべきはもともと医者から処方されていた持病の処方箋をそのまま服用する場合です。
ですが、身体に影響を与える事には変わりませんので、どのような薬を服用する場合でも、妊活中であることを医師や薬剤師に伝えたうえで服用のアドバイスをもらうのが母体のためにも良いでしょう。葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも食べ物から摂取しようと葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性もいらっしゃると思います。



実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によって大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。総合的な摂取量としては十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。
妊娠したその初期段階で摂ることを勧められる葉酸という水溶性のビタミン B 複合体ですが、この時期は胎児の細胞分裂、つまり成長がとても盛んな期間のため、欠かしてはいけません。


欠乏すると胎児の神経管閉鎖障害のひとつ、二分脊椎など胎児が発育するのに大きな影響を及ぼすかもしれません。

1日の摂取量はおよそ400ugと言われています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イッカ
読者になる
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる