「よく聞かれるのですが、実はそれほど面白いエピ

March 08 [Sun], 2015, 18:36

熟練した職人の業、栃木レザーとの出会い――スマホケース「HUKURO」の秘密をJACAJACA吉川社長に聞く

工房での製作風景
ルイヴィトン6カバー
 熟練の職人が作る品質と遊び心のあるデザインで、Smart Laboでも人気という、栃木レザーを使ったケース「HUKURO」。2014年12月に、Smart Laboの一部店舗でiPhone 6/6 Plus対応ケースを取

り扱っていたが、現在はリアル店舗で本格展開中だ。同製品の魅力をJACAJACAの吉川社長に聞いた。

 “HUKURO”アイテム最大の特徴は、裏面のバックグリップ。これまでの右手持ち用だけでなく、左手持ち用も開発している。

 「最近のスマートフォンは大型化が進んでいます。大画面で見やすく、操作しやすいのは大きなメリットですが、その分持ちにくくなりました。特に、片手だけで操作する場合はかなり不安定に

なります。HUKUROのケースを着けることによって、見てくれのカッコ良さだけでなく、唯一の欠点ともいえる“持ちにくさ”を解消したいと思いました。

 バックグリップがあることで、女性の小さな手でも片手で操作しやすくなります。スマートフォンの持ち方はさまざまで、右持ちの方、その逆の方、また片方の手で持ってもう片方の指で操作さ

れる方もいらっしゃいます。ですので、左右のタイプをお作りしました。バックグリップはデザイン的にもアクセントになって気に入っています」(吉川社長)

 HUKUROで使われている技術の多くは特許庁で守られているが、それだけでなく、初代iPhoneから本革ケースを作ってきた経験と独自の技術や品質によって、ほかでは真似できないレベルにまで完

成度を高めている。
アイフォン6エルメス
●iPhone 6/6 Plusケースは2種類を用意

 ケースはユーザーのスタイルに合わせたオープンタイプと手帳タイプの2種類がある。

オープンタイプ

 瞬時に画面が見られるオープンタイプは、iPhoneにジャストフィットするシンプルで無駄のないデザイン。スマートフォンの背面だけでなく、前面も覆う作りになっている。

手帳タイプ

 落ち着いたスタイルの手帳タイプはフタの裏面にカードなどが収納でき、電車などで他人の視線からも守れる。開閉するフラップは、片手で操作しやすいように上部にある。フラップの開閉頻度

の多さを考慮し、スナップボタンではなくマグネット仕様にすることで耐久性を確保した。また、開け閉めによるスマホ本体への衝撃も軽減する。

 アクセントにもなって、高級感が際立つキレイなステッチは熟練した職人の成せる業。革と異なる色の糸を使うので、技術のごまかしが効かない。自然素材ならではの色合いも人気の理由だ。

 「ブラックだけは思い切って赤いステッチにしてみました。黒を選ばれる方は無難でシックなのがお好みだと思うのですが、そんなお客様に少し挑戦してほしいというか……どこか遊び心を入れ

たかったんです」(吉川社長)
iPhone 6 plusケース
●これでHUKUROファンになる人もいるという「チョイガケストラップ」

 「スマートフォンのケースを作ったので、次はその居場所を考えてみたんです。特に男性はカバンを持たない時が多く、ポケットに入れるとかさばります。ネックストラップは仕事では便利なん

ですが、もっと普段でも使えるものがいい。ベルトやカバンに付けられて、電話がかかってきたときにサッと一瞬で取れること。

 それで“ちょっと引っ掛けられる”ということに行き着きました。そのまま小指に引っ掛けて使えば落下防止にもなりますし。ちょっと掛けられるから“チョイガケ”というそのままの名前です

」(吉川社長)

●探し求めてやっと出会えたこだわりの革

 「コンマ何ミリの正確性を実現できる金型を作る職人さんや、美しいステッチを縫えるミシンを組み立ててくれるミシン屋さん。とことんこだわる一流の人が私の周りにいてくれるのが財産でも

あります。そして弊社の熟練した職人たちは、私が目指す品質に応えてくれます」(吉川社長)
シリコンiPhoneケース
 吉川社長はもともと、工業製品のエンジニア。細部への厳しい探求ぶりがうかがえる。

 栃木レザーは革になるまでに20以上の工程があり、その過程において化学薬品を一切使用しないベジタブルタンニングという製法で作られている。これは、土に埋めれば自然に帰るということだ

。160ものピット槽が並ぶ工場で約20日間をかけてなめす。そうすることで繊維がしっかりと絡みつき、可変性に優れた強い革となり、オープンタイプの形を作ることが可能となる。

 このすべての工程を終えるまでに1カ月半ほどかかるそうで、ここまでこだわって作っている工場は世界でも数社しかないらしい。染色では裏側までしっかりと染めており、切断面にベッタリとコ

バ液を塗らず、透明にうっすら塗ることで、自然に近いものに仕上がっている。裏面に厚くラッカー塗装をしてキズを隠すような革ではなく、自然の風合いを味わえる。

 「天然素材ですので表面にキズもありますが、それほど避けずに裁断しています。広大な牧場で元気に育った牛だからこその表情ですので、個性として世界に1つだけのものだと思ってもらえたら

うれしいです。そしてゴミになってしまう部分を減らすことにもつながります。とてももったいないことですので。いろいろな革を試し、ご縁があって、納得のいくこの栃木レザーにやっと出会い

ました。『これや!』と、涙が出るほど感動しました」(吉川社長)
アイフォン6シャネル
●JACA JACAという社名の由来

 「よく聞かれるのですが、実はそれほど面白いエピソードもないんです。いろんなものをいろんな人たちとジャカジャカと作っていきたいなあ、という感じで付けたんですが、当時は社名を考え

ることよりも物作りなどに必死だったので、思い付きで決めた感じです」(吉川社長)

●HUKURO(フクロ)というブランド名

 「私たちが作るアイテムは、使ってくださるお客様に少しでも喜んでいただきたいと思い、機能とデザインの細部にまでとことんこだわっています。そこに私たちが作った証の刻印を押させてい

ただくのですが、そこにもお客様に喜んでいただける機能を入れたかったんです。HUKUROアイテムを持っていただいている方に良いことがあるように、縁起の良いフクロウにしました。『福路、不

苦労でありますように』という願いが込められています。知的で強くかっこいいフクロウが個人的にも好きで、アイテムのほとんどが袋物というダジャレも入っていますが(
ドコモ光パックへの対抗は? スマホのOSはどうなる?――田中社長に聞く 2015年のKDDI
新品グッチiphone6 ケース
KDDI 代表取締役社長 田中孝司氏

 春商戦に向け、ユーザー層を絞り込んだ端末を発表したKDDI。2014年末に発売した、Firefox OS搭載スマートフォンの「Fx0」も、大きな話題を呼んだ。「ドコモ光」をはじめとしたNTT東西の光

コラボレーションモデルが話題となる中、同社が先行して固定回線とモバイルのセット割(auスマートバリュー)を提供してきた点も、再び注目を集めている。

【その他の画像】

 こうした戦略の数々が功を奏し、KDDIの純増数とMNPはともに好調だ。その結果は、決算の数字にも表れている。1月30日に発表した2014年度第3四半期の決算は増収増益で、代表取締役社長の田中

孝司氏は、2期連続での2桁成長に自信をのぞせた。では、そんなKDDIは2015年がどのような1年になると考えているのか。端末、料金、サービスなどの国内事情に加え、海外戦略を田中氏に直撃した



●直近は「光」と「Firefox OS」が大きなトピック

―― 2015年初のインタビューということもあるので、最初に、全体像からお聞かせください。今年は、どのようなトピックがあるのかとお考えでしょうか。
iphone6ケース
田中氏 2つトピックがあると思っていて、1つは、今は光(回線とのセット割)がすごく盛り上がっていますよね? 盛り上がっているのは、我々が意思を持ってやっているというわけではなく、

NTTさんがそういう方向に行って、ISPさんなどの卸事業者がいろいろとやられています。これに対応しなければいけないというは、当然のことです。

 じゃあ、光を除くとどうかというと、一番気にしているのがスマートフォンのペネトレーション(浸透率)。今、スマホが53%で、フィーチャーフォンの方が47%もいらっしゃいます。フィーチ

ャーフォンを持っている方の意向もスローダウンしていて、どうやればスマホを持っていただけるのかというのが一番の課題です。そこに向けて、先日のようなシニア向け、ジュニア向け端末を展

開します。

 シニア向けは、トライしてきたもののなかなかうまく行っていません。ですから、そもそもお客様が望んでいることが分かっていないという認識に立って、徹底的に調査しようと言いました。ハ

ンドセットだけじゃあダメだろうということで、料金やサービスの話もさせていただきました。つまり、全部0パッケージで行こうということ。十分か十分じゃないかは市場が判断してくれることで

すが、できるだけのことを詰め込んだというアプローチです。

 もう1つはFirefox。これは、ビジネスの外にあって、思いの方が強いですね。なんとなくですけど、App Storeからアプリをダウンロードして、これを使ってくださいというのは、体を縛られてい

るように思えるんですよ。僕らが子どものころは、自分でラジオを組み立てたりとか、そういうことがあった。そこでコスパとかは考えなかったですし、プロセス自体を楽しんでいたんですね。

 スマホは、本当にいろんなセンサーやI/Oがそろっています。それをWebだったらそんなにハードルが高くなく扱える。何ができるのかをお伝えするために、簡単なツールも作って出しました。
シャネルiphone6 ケース
―― まずスマホ戦略の部分からうかがいますが、1台で広い層を狙うというより、特化した端末を出すという方針は、今後も続けていくのでしょうか。

田中氏 そうそう。それは間違いないですね。これだけの種類
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seyte
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/seybes/index1_0.rdf