閑話休題。いまや、WindowsやiOS、Androidなど複数

April 01 [Wed], 2015, 18:48

  グッチiphone6カバー


  グッチiphone6カバー


アップドラフトは、『Fate/stay night』とスマートフォンケースメーカー「ギルドデザイン」によるコラボレーションiPhone 6ケースの受注予約を開始しました。

【関連画像】

『Fate/stay night』は、TYPE-MOONによるビジュアルノベルゲームを原作とするメディアミックス作品です。アニメや書籍などさまざまなメディアに展開したほか、

『Fate/Zero』など数々の人気外伝作品を輩出しています。
グッチ iphoneカバー

そんな『Fate/stay night』と、高い堅牢性と機能美を誇るジュラルミン製ケースを制作する「ギルドデザイン」とのコラボレーションによるiPhone 6ケースの発売が決定。受

注予約受付が開始されました。

“車が踏んでも壊れない”高い堅牢性を保持したケースには、「スマートフォンを本気で守る」をコンセプトに高強度ジュラルミンの無垢材から削り出されたジュラルミン製

バンパーを採用。『Fate/stay night』のキャラクターイラストが背面パネルにレーザー彫刻されており、繊細なタッチの美麗線画で精密に再現されています。
iPhone6 シャネル
バンパーと背面パネルを組み合わせてケースとして使用できるほか、バンパーのみでも使用可能なケース2WAY仕様。付属の『Fate/stay night』ロゴが刻印されたイヤフォンジ

ャックカバーは、iPhone 6以外のスマートフォンや携帯ゲーム機などにも使用可能です。
ルイヴィトン iphone6 ケース
予約受付サイトやYouTubeでは、製品のプロモーション動画も公開されているので、あわせてぜひご覧ください。
スマートフォンOSの市場シェアで、Appleの「iOS」が2015年1月までの過去3カ月間に中国都市部で25.4%を獲得し、前年同期の17.4%から増加した。調査会社のKantar

Worldpanel ComTechが米国時間3月4日に明らかにした。同社によると、新たな数字は、Appleの中国の都市部における市場シェアとして過去最大を記録したという。

 ■商品名: グッチGUCCIiphone6携帯ケースにレッド&グリーン★ 4.7インチ★iphone6カバーメタルロゴGUCCI{LOGO}高級横開き手帳型ネットショッピング


素材:ヨーロッパ 高級革

☆対応機種:iphone6/4.7インチ iphone6 plus(5.5インチ)

☆操作:全ての機能ボタンにダイレクトタッチが可能で、スピーカー部分もすっきり。

※ご注文の際には、必ずご希望のカラー及び携帯の機種名をご明記ください。

※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。

ご了承下さい。

☆キャンバス地にGG柄を施した(GGキャンバス)にレッド&グリーン

のラインが映えるグッチを象徴するデザインで、永く愛され続ける定番ショルダーです。

※商品送料無料 !

 Kantar Worldpanel ComTech Asiaのストラテジックインサイト担当ディレクターのTamsin Timpson氏は声明で、「中国の都市部で1月までの3カ月間に最もよく売れたスマー

トフォンはAppleの『iPhone 6』で、シェアは9.5%だった」と述べた。「Xiaomi(シャオミ)のスマートフォンは上位10位以内に複数ランクインしており、中でも最も売れた

端末『RedMi Note』は、iPhone 6に続いて2番目に人気が高く、シェアは8.9%だった。過去3カ月間で、Appleは引き続きXiaomiとの差を詰めている。Xiaomiは、中国の都市部

においてトップブランドの地位を維持したが、その差はわずかに2.2%ポイントとなっている」(Timpson氏)

 モバイルプラットフォームでは、Googleの「Android」が72.8%のシェアを占め、依然として中国市場のトップを占めたが、前年同期の80.8%から減少した。Androidは、米

国や欧州でも同じ時期にシェアを減らしており、一方、Appleの「iOS」はシェアをいくらか伸ばした。
シャネルiphone6 ケース
この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。●3種類のOSに対応するBluetoothキーボード
マウスなどハードウェアデバイスの品質に定評のあるマイクロソフトから、モバイル機器向けのBluetoothキーボード「Microsoft Universal Mobile Keybord」が発売された。

最大の特徴は本体右上にあるスイッチを操作することで、Windows / iOS / Androidという3種類のデバイスから利用できる点だ。Windowsタブレットだけでなく、iPhoneやiPad

、Androidスマートフォンやタブレットでも利用できる。

【もっとほかの写真をみる】

モバイル端末向けのキーボードだけあって、本体はコンパクトでスリムだ。カバーを閉じた状態のサイズは幅242×奥行き109×高さ12mmで、持ち歩きにはまったく問題ない。

天板の表面はラバー風の仕上げで適度なグリップ感があり、手から滑り落ちることもない。底面部は樹脂製だと思われるが(ベコベコとした安っぽさはなく)、とても高級感の

ある仕上がりだ。
グッチ iphoneカバー
重量は約365gというスペック値のところ、実測では10g重い375gだった。このタイプのキーボードは非常に軽い印象があるが、Universal Mobile Keybordは少々ずっしりとした

手応えがある。表面がラバーで覆われているため確認できないが、カバーには金属が使われているようだ。

●タブレットやスマホを立てかけて使える
○タブレットやスマホを立てかけて使える
6Plusケースシャネル
カバーが重いのは、端末を立てかけるスタンドとしても使うためだ。カバー部分の"ツメ"に端末を引っかけることで、スマートフォンやタブレットを自立させることが可能。

大きめのタブレットをセットすると、クラムシェル型ノートPCのような見た目となる。

端末とキーボードはBluetooth 3.0で接続されるため、常にスタンドを装着しておく必要はない。キーボードとスタンドを離して、小型のデスクトップのように使うスタイルも

アリだ。使わないときはカバーを閉じて引き出しにしまったり、カバンに入れて持ち歩くといいだろう。
グッチiphone6
●キーボードの打ち心地はかなりイイ!
○キーボードの打ち心地はかなりイイ!

Universal Mobile Keybordのキーピッチは、実測で約17mmだった。一般的なフルサイズ(19mm)のキーボードと比べると多少窮屈な感じはあるが、モバイル向けとして考えれば

十分な大きさが確保されている。Enterキーや一部の数字/記号キーがやや狭いものの、特に大きなストレスを感じる場面はなかった。

キーストロークは実測で1.5mm前後だ。キータッチは軽めながらも「カクっ」としたクリック感があり、軽快に入力できる。強めにタイプすると、底打ちによる指への反動やた

わみは生じるが、普通に使うぶんには気にならないだろう。

キー配列については、いくつか特殊な点が見受けられる。まず左下にあるホームキーはWindows端末ではWindowsキーが割り当てられており、iOS/Android端末ではホーム画面に

戻るためのキーとなっている。またWindows向けキーボードでいうところの半角/全角キーの位置にはESCキーが配置されており、iOS端末ではホームボタン、Android端末では戻

るボタンと同様に機能するのだ。さらにファンクションキーがないため、Windowsでの半角/カナ変換が行えないのは厳しい。
iphone6ケース手帳型 人気
日本語入力と英字入力の切り替えも独特だ。まずWindows端末とiOS端末では、スペースキーの左側にある「英数」キーで半角英数字入力に、スペースキー右側にある「カタカ

ナひらがな」キーでかな入力に切り替えられる。Android端末では「Fn」キーを押しながらスペースキーを押すことで、アルファベット入力とかな入力を切り替えるのだ。ひと

つのキーボードで3機種を利用できるのは確かに便利なのだが、OSによって操作が大きく変わるのはかなり面倒に感じる。このあたりはOS側の仕様なので仕方ないことなのだが

、なんらかの解決策は欲しいところだ。

●いろんな端末で実際に使ってみた
ここからは、Windows/iOS/Android端末で実際に使ってみた感想を紹介しよう。

端末とのペアリングには、右端にあるボタンを利用する。端末側から接続設定を行い、キーボードから認証用のコードを入力する手順は、標準的なBluetoothキーボードと同じ

だ。便利なのは、一度ペアリングしてしまえばスイッチを操作するだけで端末を切り替えられる点。例えば、iPhoneで使っているときスイッチを切り替えれば、(わずかな間は

あるものの)すぐにWindowsタブレットで入力できるようになる。再度ペアリングを行う必要がないのはうれしい。

まず、日本エイサーの8型Windows 8.1タブレット「Iconia Tab 8W」を、Microsoft Universal Mobile Keybordのカバー部分にセットしてみたところ、まったく問題なく利用で

きた。端末の向きや設置角度を変えても非常に安定している。軽めのタッチ操作でも倒れることはなかった。

次は7型の「Nexus 7(2013)」。下段の突起部分に引っかけられるものの、角度が大きくなる上段の突起には引っかからず、自立させることができなかった。

5.9型のiPhone 6 Plusは横向きでは上下段どちらもOKだったが、縦向きでは下段のみしか利用できない。だがiPhone 5sではすべての組み合わせで自立できた。

10.1型のiPad2でも、端末の向きやツメの場所に関係なく、すべてのパターンで利用できた。画面が大きいため不安定になるかと思われたが、しっかり安定している。

実際に5機種を試してみたのだが、角度が大きいと倒れる機種と、どの角度でも倒れない機種に分かれる結果となった。いろいろ検証してみたところ、どうやら本体の厚さとデ

ザインが関係しているように思える。ある程度の厚みがあれば自立させられるのだが、薄型の端末では液晶パネルから側面にかけての角が丸みを帯びていると倒れてしまうよ

うだ。実際、エッジが角張っているiPhone 5sではどのパターンでも設置できたが、角が丸みを帯びているiPhone 6 Plusでは設置できない場合もあった。
iPhone6 ルイヴィトン
またある程度の厚みがあるといいとはいっても、厚すぎても設置できないことがある。例えば本体保護用のケースを装着したままだと、端末を引っかける溝に収まりきらない

のだ。もしケースを利用するなら、スタンド代わりになるタイプを選んだほうがいいだろう。

●デスクトップ利用にはロジクール「K480」という選択肢も
話はまったく変わるが、複数のデバイスに対応したBluetoothキーボードとしては、ロジクールの「Bluetooth マルチデバイス キーボード K480」も人気だ。キーピッチは19mm

と大きく、キーストロークは2mmと十分なサイズが確保されている。ファンクションキーや半角/全角キーもあり、Windowsユーザーにとってはかなり使いやすい。実売価格も

4,000円前後とお手頃だ。
シリコンiPhoneケース
ただ、K480は基本的にデスクトップ使用を想定した製品だ。大きさも重さも、持ち歩くには向いていない、個人的には、格安MSXを思わせるきょう体デザインには好感が持てる

のだが、外出先へ持ち運ぶならUniversal Mobile Keybordだ。

閑話休題。いまや、WindowsやiOS、Androidなど複数の端末を持ち歩くのは珍しいことではなくなった。スマートフォンやタブレットなどを2〜3台、あるいはそれ以上携帯して

いる人もいるだろう。そんな人にとって、Universal Mobile Keybordはピッタリのモバイルキーボードだ。

ちなみに筆者は取材に出かける際、スマートフォンとタブレット、作業用のノートPC、さらに通話用のガラケーを持ち歩いている。さらにカメラやレンズ、ストロボ、ICレコ

ーダーなどが加わるため、荷物を持ち運ぶだけでもひと苦労だ。今回、WindowsタブレットとUniversal Mobile Keybordを組み合わせてみたところ、思っていた以上に使いやす

かったため、両方を購入しようかと本気で検討している。ノートPCを持ち歩かずにすめば、1kg程度は軽くなるはずだ。
iPhone6ケース シャネル風
このようにUniversal Mobile Keybordは、携帯性と使いやすさ、そしてマルチデバイスの便利さを兼ね備えたキーボードだ。外出先でも効率的に作業をこなしたいという人に

おすすめしたい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sesbes
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/seybccbb/index1_0.rdf