放っておけば消えそうな月に 

2006年05月12日(金) 0時25分
自分の中で汚く渦を巻く

妬み
幸せな/成功している/才能ある人への

夜が明ける度に(為に)ドス黒く、救いよう無くなるんだ


何もないよ 本当
恋も、遊びも、仕事も
何一つうまく行かない


投げ打って手放した、あの子
と、言う名の充足感
犠牲にすることのリスクを何も分かっちゃいなかったね

あの頃は余裕があったんだ
あの子よりうまく運んでいるような自分の人生その全てに


蓋を開ければ
本当に満ち足りているのは全然あの子の方で
気づけば僕は道の真ん中を大手を振って歩くことなんか

恐ろしくて


透明じゃないものが全て恐くて
色々なものに潰されそうになりながら何とか死なないように生きている


(生きている?)


事故に見せかけて自殺でもして
こんな自分に見切りをつけて早く次の人生に

それすら恐ろしくて出来ない矮小さを
紛らわすように、頭を強く殴る

血のでないリストカットみたいなもので自分を優しくごまかして



痛いくらいキレイな月には
隣を歩くカワウソと一緒にこう祈ろう


「僕と同じ悩みを抱える人がいますように」

マチルダ 

2006年01月31日(火) 21時10分
言葉を吐き出した日々

過ぎ去ると輝くんだ それが

美しい言葉 それが上辺だけだって

分かってるのに 現実は輝かないって分かってるのに


求めてしまうんだよ

あのとき、あんなに胸を痛めたのは何だったんだろう
傷を探しても見つからないんだ、ウソみたいに

全部ウソだったのかな

壊れたワンピースを見るたびに アタマをかすめるんだ ウソみたいに輝いてたんだって


あの日


全部どうでもよくなって

だけど、ボクは今

輝かない現実を 大切に過ごしてるよ



ガラスの方が ダイヤより輝くんだってさ


---
雨/雨/雨
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sevlog
読者になる
Yapme!一覧
読者になる