ライバルがすでに若干のリードをとっているグリーン車を製造するためにレースに参加する

October 24 [Wed], 2012, 12:10
計画は、東京郊外で日本の自動車メーカーの施設火曜日に本田技研工業株式会社代表取締役社長伊東孝によって開示された。

ホンダは、我々はCO2排出量の大幅な削減を達成しない限り、未来はないと、彼は記者団に語ったグッチコピー。 次の10年は、ホンダの生存のための真のテストになるだろう。

良い車を考え出すことは、迅速かつ手頃な価格で今、時代の変化で得点の成功に不可欠である、伊藤氏は言う。 顧客のニーズが小さいと緑の車にシフトしている、と彼は言った。

伊藤バッテリー彼らはそれが比較的短い巡航範囲が通勤であろうことを除いて、使用する主要なコンポーネントを含む車両の詳細を明らかにしなかった。

東京ベースのホンダ、日本のナンバーは、 多分それはただのEVブームに乗ることを望んでいる。

福田などは、ホンダはガソリンと電気のハイブリッド車やプラグインや日産と電気自動車の他にトヨタの後ろに落ちていると言うと、それはそれは追いつくことができるかどうかはまだ不明である。

日本のライバルの日産自動車は今年後半。 トヨタ自動車も2012年の電気自動車モデルを計画している。

2012年には三菱自動車の電気自動車成り上がりテスラモーターズ株式会社。

伊藤はまた詳細を与えることを拒否しながらも子供のような歩行ロボットアシモを作るホンダは、、、ガスと電気のハイブリッドモデルのラインアップを強化すると発表した。グッチコピー

来年中に、ホンダは、日本で年内に販売に行くように設定フィットハイブリッドを含め、主に小さなモデルを、いくつかのハイブリッドモデルをご紹介します、と彼は言った。

ホンダは先進的な技術に焦点を当て、日本の生産の拡大に過去ほど積極的ではないが成長を後押しするために、インド、中国、インドネシア、アフリカなどの新興市場に注力することを決定しました、伊藤は言った。

新興市場は、まだ日本市場は何年も停滞していながら、驚異的な成長の可能性を保持し、北米の需要recuperatesない限り回復することを期待できませんが、ホンダの当局者は語った。