長い間放置してましたが

August 17 [Mon], 2009, 20:05
ずっと別のブログに日記を書いていまして、こちらの方は放置していました。

でもこちらしか見ない方もいらっしゃるので、この半年のダイジェストをと・・・。


1.神戸に引っ越ししました。

かなり便利な場所です。同僚の先生が、「そこだったらケンケンで帰れるじゃない。」といったくらい、職場に近いです。


2.子供が小学生になりました。

あの、ぱおぷうも小学生!ランドセル(黒です)を背負ってがんばりました。

今は夏休みなので学童保育に行ってますが、お友達もできて楽しそうです。
前の保育所とは違って明るく元気。

神戸のこの辺は、暴力をふるう子供がいない、あるいは少ない。

「子供同士のいざこざは当たり前」と思う人の多かった前の地域ですが、
平等ないざこざじゃなくて、一方的にやられっぱなしだったうちの子には、
今の土地の方がずっと安心して過ごせるようです。


3.大学の仕事は意外としんどい

授業が少ないからあとは自由時間〜〜!なんて期待していましたが
以前よりも忙しいです。しんどいです。
夏休みに入って直ぐ、過労で一週間ほど寝込みました。(笑



こんな感じでしょうか。

勉強したいことが見えてきた気がして(遅いんだけど)、今年の夏はようやく本腰を入れて研究生活スタートできそうです。

不況の中仕事を与えてもらえて感謝♪

ぱおぷうが、元気で学校に行ってくれて感謝♪

こんな未熟なわたしを受け入れてくれる人たちに感謝・・・。



引っ越し先が決まりました・・

December 16 [Tue], 2008, 9:59
9月からずっと探していたのですが
本当に神戸市の中央区って高いんですね・・・・

かなり涙をのんで妥協に妥協を重ねた物件なので、満足度は低いんですが

いいところは、
1 小学校にめっちゃ近い、
2 大学にも近い
3 生協が近い
4 駅にも歩いて10分以内

なので、「環境を捨てて、便利を取った」というところでしょうか。

環境はおそらく今までで一番騒音がひどいところになりそうで
いまから怖いです・・・。



お金を早く貯めて、もっと良いところに住めるようにがんばろー。



ルミナリエも見てきました!

初めてだけど、きれいだった。

来年も転機のとし

December 03 [Wed], 2008, 13:27
めでたく、採用がきまりまして来年から神戸に勤務になります。

なので通勤時間短縮のため、引っ越しします。

いまは、物件をいろいろ見ている最中です。


離婚して帰国してからもう3年半ちかくたったんですが、

まだ3年・・・


でも私の環境はとっても変わりました。


3年間は短かったけど、凝縮された期間でした。


自分の夢も実現したし、
子どもは健康で来年小学校入学だし、
経済的にもこれから安定していきます。
ほっとしてます。


占い師さんには、「ようやく修行が終わりになりますよ」というお言葉ももらい、

長かった「波瀾万丈」にも終止符が!!???



ここ15年間ほどで初めて安心した年越しができそうです。


もうすぐ運動会

October 09 [Thu], 2008, 16:23
今週末は、ぱおぷうの保育所最後の運動会です!!!

来年はもしかしたら引っ越してしまうかも・・・なので、
おばあちゃんは予行演習のときにすでにこっそり見に行ったそうです。


ぱおぷうは、相変わらず運動はへたっぴなんだけれども
少し練習すればましになるかと思って
逆立ちの練習を何度か家でやりました。

最初は手押し車からはじめて
逆立ち壁伝い。

そして支えて逆立ち。


で、だいぶできるようになったんだけどどうしても、足をえいっと上に蹴り上げるのが
怖いようで でんぐり返りになってしまう。


わたしもだんだん面倒になってきて、「そうだ、壁に向かって逆立ちしたらいいんだよ!」

とお手本を見せました。

「おおー」

と関心していたぱおぷう。


「ほんなら、やってみ!」


「うんっ!」


そして次の瞬間、彼は壁に向かって両手をつき・・・・


でんぐり返りをしました。


結果、壁に激突→大穴があく


という惨事になりました。



しばらく2人で無言。



「ぱおぷうは、わるくないから・・・」


と言うのが精一杯のわたし。


ここ、賃貸なんだけど。賃貸なんだけど。賃貸なんだけど・・・・・


壁の修理はいくらくらいかかるんでしょうかね???



思わずネットでDIYの壁修理の方法を検索しました。


なんとか引っ越しまでにどうにかこうにかせねば!



というわけで、ぱおぷうの逆立ちはあれから練習していません。

本番なんとかがんばれ!

久しぶり

September 30 [Tue], 2008, 9:05
数ヶ月放置してしまったわ。

夏休みは、先週終わりました。

長いな〜〜と思われるかもしれませんが、ほんまにあっという間でしたよ!!!


書かないといけないものが2本あったので、8、9月はほぼ毎日机に向かって
苦しんで書いていました。慣れていないってそういうことね。


そして先週木曜日から授業が始まったんだけど
久しぶりに大阪〜神戸間を往復したらウィルスにやられちゃったのか
ずっとゾクゾク感が続いて、とうとう一昨日から風邪で寝込んでました。
体が痛いし、ゾクゾクはやまないし、結局熱は39.7まで上がり、どうりでしんどいわけだ・・・と納得。



今日は授業を休講にして、家で休んでいます。

まだ体のあちこち痛いし・・・(>_<)




ぱおぷうは、おかげさまでもうすぐ保育所最後の運動会を前に、とってもスクスク育っています。


親から見ると、あれもできてないこれもできてない・・・とできないことばかり
目についてしまうんだけど、
できることもすごく増えてる。

生活面では、きちんとできてるので、多少スポーツが苦手だったりしても
仕方ないかな?

大目に見ないと子どもも自分もしんどくなるなー。



彼は先月からカラテ道場にも通い始めました。

礼儀作法なども学べて良い機会になってくれるといいです。


さて、私も明日からは復活してがんばります!!!

歯が抜けた!(子)

July 05 [Sat], 2008, 23:16
一昨日子どもが 「ここから大人の歯がはえてきた!」と嬉しそうに寄ってきました。

「わあ〜〜2本目!すごいねえ〜」

と見てみると、

ぐらぐらしていた前歯の内側。

あれ?まだ抜けてないんだけど

・・・・内側に向いて生えてるこれ?

あかんやん〜〜???


すごーく心配になってしまい、歯医者に電話をして今日の予約を取りました。


やっぱ未経験だとほんと、見過ごしてええものなのかそれとも医者にかかるべきなんか、
判断に困ります・・・

昨日保育所帰りにママ友達に、

「この歯〜見て〜〜。こんなとこからはえてんねんけど、どう思う??」

って聞いたら

「せっかちな歯ぁやなあ!待たれへんかったんちゃう?」

で終わり。



いや、そうなんだけどさ。



まあとりあえず歯医者に行けば解決するよ・・・・と診察。



診察室からなかなか出てこなかったと思ったら、歯医者だけが出てきて

レントゲン写真を見せられて、

「ここ2本前にもう生えてきてるんですけど、抜きますか?」

というので

「抜いちゃって下さい!」

とお願い。



うちの息子はねえ〜〜〜〜、

「ぐらぐらしてる歯は、たくさんベロとかで触ってるうちに抜けちゃうから
 たくさんさわっとき〜」

というと、

「こわいからいやや〜〜。歯医者で抜いて貰う〜

なんていう怖がりさんだったのよ。


私は医者で抜いてもらうほうがよっぽど怖いとおもうんやけど・・・(笑

無知って怖いもの知らずね。


にこにこ顔で診察室から出てきた坊やは、

プラスチックの3センチくらいの歯の形の入れ物に、抜けた2本の歯を入れてとっても誇らしげでしたよ。


「歯の妖精に、コインをもらうねん!」


って、寝る前にはちゃーんと枕の下に歯を入れていました。


「歯の妖精さんは、2本分、コインを2枚くれるかなあ〜〜?」

って聞くと、

「そうやで〜!」と目を輝かせていました。



本気で歯の妖精のことを信じているのが可愛い!!!!!


というわけで、私も今、ミッキーの封筒に100円玉と500円玉(←奮発)を一枚ずつ入れて

これからこっそり枕の下に入れてきます。


幼児期って、本当に楽しいね。

若者の夢?

July 04 [Fri], 2008, 17:11
日本にもスラム街が生まれる、という記事がありました。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=537404&media_id=10

自立支援の相談を続けて感じるのは、自暴自棄の人が目立つようになったことです。例えば、27歳の男性は「私の生きる意味が全く分からない」と言い、新宿で野宿している。ケガで派遣会社をクビになった男性は「夢は自爆テロ」と言いました。(記事より)


自暴自棄。

うん、何というか、「夢がない」人が多いなあって思う。


短大の学生と話していて就職活動の話しとかになると、
「そういうもんなのかな?」と感じる。
こないだも、2年生と雑談したんだけど・・・


「どういう仕事さがしてんの〜?」

「別になんでもいいんです。週休2日で、お給料が手取り○円くらいだったら」

「ええ〜?そうなん?でも、職種とか、こんなんしたい、とかないん?」

「ないんですー。」

「じゃあ自分が苦手な仕事とかは?」

「あ、営業とかはだめだと思います。事務くらいかなあ・・」

「だけど事務って、とっても能力がいる仕事だよ!?
 きちんと決まり通りに物事を進めて、間違いのないように確認して、
 時間通り、マニュアル通りに数種類のコトをさばけないとできないよ〜?」

「・・・・そうですかー。」

「夢はないの?」

「昔はあったけど・・いまは・・・ないですねえ。」

まだ話しは続いたけど、学生は

「先生は、がんばりやさんなんですね。わたしは怠け者で・・・」

って、一線ひかれちゃった。



学生って、夢ってないのかなあ。

普通そうよ、とかいわれたら、そうなの?って思うけど
少なくとも私は大学生の時には夢や目標はたくさんあったよ〜!


現実がわかってないから?

そうじゃないよ。

現実にどっぷりつかってる今だって、私かなり大きい夢があると思う。


主婦だって、サラリーマンだって、60才のおじちゃんおばちゃんだって、
年齢や職業に関係なく、夢って持ってたほうが絶対いいと思う!


この話前もしたかもしれないけど、
私が離婚で悩んで苦しんでいるとき、

離婚カウンセラーさんが、

「自分の今後の仕事や生き方を、子どものためって限定してはだめよ!」

って言われたあの言葉が今のわたしをすごく支えてくれている。



こどもは大切。 世界で一番大切。


 
でも、誰のために生きるって、もちろん自分のために生きている。



「あなたのしたいことは何?自分の夢はなに?それをしっかりもう一度、考えて。
 それに向かって行くようにね。」

って言われたときに、

「そういう風に生きてもいいんだ・・・・」って衝撃が忘れられない。


家族への責任があるから自分の夢をあきらめる?

そんなことしなくていいの!


お金がないから、時間がないから、子どもがいるから・・・・


って、関係ないの。


夢は、今すぐかなえるためにあるんじゃなくて、

自分の心の持ち方や、生きる方向を示してくれるから、

あったほうがいい・・・・って、本当にそう思う。


カウンセラーさんのおかげで、無一文で帰国した私も、夢だけは一杯持って帰ってこれた。



その夢・・・帰国3年目にして、どれだけたくさん叶ったことか。


本当にありがたい。



とおーーくに持っておく夢と、近くで叶えたい夢。

来年の夢。

子どもにかける夢。


夢が多いほど、やりがいもある。


自暴自棄になんてなれないよ。


若い人にこそ、夢は持って欲しい。


「無理なことはない」、って思って欲しいな。


1つずつ、努力の積み重ねが夢の実現につながるんだってこと、
それも教えてあげてほしい。



夢は自爆テロ・・つまり、自分を殺してしまうこと・・・そんなの悲しすぎるね。
すごく淋しい、悲しい気持ちになってしまった。




がんばることはかっこわるいことじゃない。
失敗も、はずかしいことじゃない。
間違ったらやりなおせばいい。

そういうこと生徒には伝えていきたい。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜追記〜〜〜〜〜

ももたん、無事に 貰われていきました!

市内の50代のおじちゃんです!

15年一緒にいた猫が半年前に死んでしまって淋しいので・・・って。

コミュニティペーパーのおかげだよー。

感謝感謝。

ももたんです

June 15 [Sun], 2008, 21:27
ももたんです




ももたんは、まだヨロヨロするので

「よっぱらいが歩いてるみたいや」

とじいちゃんに言われました。

でも、「この子は歩けるようになっただけ奇跡なのよ!」

と思っています。



ぱおぷうは ももたんが来てから

ももたん、ももたん、遊ぼう と抱っこしたりボールで遊んだり
レゴで遊んだりと本当に可愛がってます。


ペットは子どもの情操教育にいいって本当なんだなあって思った。


飼ってやりたいけど、飼えません



地元のフリーペーパーに「もらってください」で出したんだけど
飼い主さん見つかるといいなあ〜


いや、きっと見つかる!!!!

見つかりますようにっ



ももたんになりました

May 31 [Sat], 2008, 22:33
結局、猫は昨日死ななかった。


今朝早くまだ暗いうちに、ぴくりともしない様子を見て、

「うーんやっぱり旅立ったか・・。最後に暖かい場所で寝れて
それ以上拾い主に負担をかけないよう逝ってしまったとしたら
なんていい話しだろう。」

どこに埋めようか・・・まで寝ぼけながら考えていた。


別に死んで欲しかったわけじゃないけど、
本当に拾ったときは首しか動かないし
絶対に数時間で死ぬと思ったから

マンションでは飼えないけれども

「死にかけの猫は飼うんじゃなくて、(神さまから)預かってるだけだし」とか

わけわかんない言い訳を子どもにまでして持って帰って
これで生き延びたらどうしたらいいのか私も困る。


でも、朝日にてらされた猫は目が覚めたらしく 「みゃあみゃあ」と鳴き始めた。


「おお、生きていたか。すまんすまん。」




知らないうちにウンチもしていたようで、よかった。
ただし、炭のような真っ黒でカラカラウンチで、
明らかに便秘だった。



もし生きていたら獣医に連れて行こうと思っていたので
9時すぎに電話帳で探して近そうな獣医に電話した。

怪我をした野良猫を拾ってどうしたらいいのかわからないので・・・


というと、「連れてきて下さい」とのことで、

いくらかかるのかドキドキしながら、
とりあえず万札を用意した。
これ以上だったら安楽死してもらわなあかん。


病院に行くというと、
“痛い目に遭う猫がかわいそうだ”と涙目になっている以琳を自転車の後ろに乗せ、

私の方こそ、こまったことになったらどうしようと涙目になりそうで
(冗談だが)

とりあえず診察を受けた。


「これは虐待ちゃうかな・・・。」という獣医さんは、

首の横の怪我を見て、「頸椎を痛められて四肢がマヒしている。スーパーマンがなった状態や。」といったので、

「ああ、つまり下半身不随ですかね。車いすの。」

と言うと、

「そう。あとはこの子の自然治癒力で、どれくらい足が元に戻るか・・・。
もしかしたら傷の後遺症でもっとひどくなるかもしれへんし。」


猫の下半身不随か。

おまけに、ウンチがかなりお腹に溜まっているということで
子供用の浣腸を1CCくらいしてやって、
あとは猫の離乳食用のエサをやりなさい、と言われた。

「あなたならできそうや。うん。」

と、なんの太鼓判だかわからないけれども押されて、

親切な獣医は結局500円の診察代を請求しただけで、

「あなたができへんかったら、全部やったげるからまた連れておいで。」と言って
猫は手元に帰ってきた。



とりあえず、名前は「ももたん」に決定。


動けない下半身不随の猫は・・・性格には首から下が不自由な猫は、
正直、ハムスターよりもおとなしい。


以琳は、「ももたん」がいて嬉しいようだし、
命を大切にしよう、という経験ができることは彼にもいいことだと思う。


浣腸もしたし、ノミもせっせとクシでけずって探したし、
「ももたんが歩けるようになりますように」、と
神社にもお参りに行った。



わたしって、そういうお世話とか面倒じゃないみたい。




歩けるようになったら奇跡だ。


でもこの先この子がどうなるのかまったくわからない。



というわけで明日から、ももたんはしばらくうちで療養することになりました。




猫を拾ってしまった

May 30 [Fri], 2008, 22:14
机の下の段ボールで、子猫が寝てます。


保育所に子どもを送っていった後、
道路を挟んだ公園の芝生の上を、親子がしげしげと何かのぞき込んでいるので
なにかな?と見たら、どうも小さい猫でした。


そのお母さんは迷っている風だったけど、
そのまま行ってしまいました。


私はそのあと英会話教室でレッスンだったし
マンションに猫は当然飼ってはいけないし
それに、倒れてるよ!もう死にかけなんでしょう・・・


でも、行ってしまった。


そして、拾ってしまった。



白地にグレーの模様の、小さい子猫です。

頭の横を怪我してて、
足と手がもう動かない。

でも、目やにも耳垂れもなく、お尻もキレイなので怪我をする前は
きれいな猫だったんだろうと思った。

横たわったままで、
頭だけ少し持ち上げて、「にゃー」と鳴いてしました。
見た感じ、瀕死の重傷。

仕方ないのでコンビニで牛乳とかまぼこを買って
教室に持っていって段ボールの中でしばし待ってもらう。


ドキドキしながら家に持って帰った。



いつまで生きるのかわからないけど、
草むらで誰にもかまわれず、雨に濡れて死ぬよりは、
うちで死なせてあげようと思った。

どうせ死ぬのだったら、精一杯お世話してやって、そして死んでもらおうと。


死んで欲しくないけれど、生き残られても困る、みたいな複雑な気持ちもあり、

でもミルクをやり、家でミンチにしたエサを少しずつ食べさせ、
身体を拭いてやってるうちに、
やっぱり生きていていほしいな・・・と思った。
あたりまえだけど。


手も足も、これは怪我で動かないのかな・・・
ヨロヨロと身体をまっすぐにすることすらできないしなあ。

つっぱっちゃって、曲げることもできないのかなあ。。。と思っていたら
少し曲がった。

だけど、これは生き残っても後遺症が残るな。

一生寝たきりの猫ってどうなんだろう。

かゆいところもかけなくて、喉が渇いても水が飲めない猫って。




とかなんとか色々考えながら・・・・午後の授業に行ってきます。


メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像keiko
» 長い間放置してましたが (2009年09月04日)
アイコン画像タイラノ清盛
» もうすぐ運動会 (2008年10月17日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» もうすぐ運動会 (2008年10月14日)
アイコン画像kayoko
» 歯が抜けた!(子) (2008年08月30日)
アイコン画像kayoko
» 歯が抜けた!(子) (2008年07月11日)
アイコン画像sasa
» 歯が抜けた!(子) (2008年07月11日)
アイコン画像kayoko
» 若者の夢? (2008年07月05日)
アイコン画像Sasa
» 若者の夢? (2008年07月04日)
アイコン画像kayoko
» ももたんです (2008年06月17日)
アイコン画像Sasa
» ももたんです (2008年06月17日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sevenleaves
読者になる
Yapme!一覧
読者になる