普段からスマートフォンを使いこなし、タッチパネルの操作にも違和感を持

April 10 [Fri], 2015, 19:08

シャネルiphone6ケース携帯ケース


シャネルiphone6ケース携帯ケース


シャネルiphone6ケース携帯ケース


【商品名】:超人気サンローランiPhone6ケース 一流の品質新作 送料無料


【対応機種】: iphone6 iphone6 plus


【ご注意】:


●新品未使用商品ですが、海外工場での大量生産品となりますので、製品や箱の細かい傷や汚れなどがある場合がございますがクレーム対象外とさせていただきます。 気

にされる方は、トラブル防止のためご入札をご遠慮ください。


●製品の仕様、付属品等は予告なく変更する場合がございます。


●在庫は常に変動してますので落札のタイミングにより商品が在庫切れの為ご注文をお受けできない場合もありますので予めご了承ください。


●お客様のご覧になられますパソコン機器及びモニタなどの違い、また室内、室外での撮影により 実際の商品素材の色と相違する場合もありますのでご了承下さい。

MetaMoJiは、オリジナルのiPhone 6用ケースを4月16日に発売する。同社が手がけるスタイラスペン「Su-Pen(スーペン)」を収納しやすくした手帳型ケースで、価格は

2500円(税抜、以下同)。Su-Penがセットになったパッケージも用意される。

【この記事を写真付きで見る】
ディオール携帯ケース
 手帳型iPhone 6ケースは、内側にカードポケット、サイドポケットを装備し、なおかつ装着したままカメラを使ったりボタンで操作したりできる。上下にストラップホール

が用意され、磁石の開閉機構も備える。大きさは約14.3×8.5×1.6cm、重さは約70g。素材はPUレザーとポリカーボネート。ブラックとディープブルーの2色が用意される。

 Su-Penとのセット商品の価格は5000円。Amazon.co.jpのマーケットプレイス内にあるMetaMoJiのコーナーで購入できる。


【ケータイ Watch,関口 聖】最近、MVNO市場が盛り上がっていることもあり、ITmedia Mobileでも連日格安スマホ関連の記事を掲載しています。次々に発表される端末の記事

を書いていて、ふと気になることがあります。

新品ルイヴィトンiphone6 ケース

 どれも端末スペックが似ている……?

 例えば国内向けの格安スマホの場合は、1.2GHz駆動のクアッドコアプロセッサの端末が多く見られます。開発時期が近いとどのスマホも使われている部品が似たものになり

ますが、低価格帯端末は開発コストの事情も絡んでくるようです。

 その1つに、チップセット市場でシェアを握る米Qualcommが製造メーカー各社に提供している「Qualcomm Reference Design」(QRD:クアルコム リファレンス デザイン)の

影響があると言われています。あらかじめ用意された完成品のベースを使うことで、スマホメーカーや製造を請け負うOEM(Original Equipment Manufacturer、委託者のブラ

ンドで製品を製造すること)/ODM(Original Design Manufacturing、委託者のブランドで製品を設計・生産すること)企業が低コストかつ短期間でスマホを開発できる仕組み

です。
グッチ iPhone 6ケース
 この仕組みはあまり大きな開発費を掛けられないミドルレンジやエントリークラスのスマホ開発で多く採用されているといいます。ミドルレンジモデルは世界的に見て多く

の国で需要が見込まれており、その結果よく似たスペックの製品が量産されているようです。

●各社がアピールする“ちょっとプレミアム”なミドルレンジ
アイフォン6エルメス
 所変わって、3月2日〜5日にスペイン・バルセロナで世界最大規模のモバイル関連見本市「Mobile World Congress 2015」(MWC 2015)が開催されました。日本で漠然と感じ

ていたミドルレンジ化の波を、異国の地で体感することとなるのです。(むしろ世界的な流れが日本にもやって来たという感じでしょうか)

 ご存じの通り、MWC 2015で新たに発表されためぼしいフラッグシップスマートフォンはSamusungの「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6」、HTCの「HTC One M9」の3機種で、ソニ

ーモバイルコミュニケーションズが発表した「Xperia」のフラッグシップモデルはスマホではなくタブレットの「Xperia Z4 Tablet」でした。

 一方で、ソニーモバイルが「スーパーミッドレンジ」と位置づける「Xperia M4 Aqua」を発表したり、LG Electronicsも新たに発表したミドルレンジ4モデルのうち上位2機

種を「ミドルハイエンド」(LG広報)と呼んだりと、ほかのミドルレンジと差別化した“ちょっとプレミアムなミドルレンジ”をウリにする企業が目立っていました。

 国内にいると米AppleのiPhoneを始め、シャープ、富士通など国産メーカーのキャリア向け端末などは基本的にハイエンドモデルです。しかし、世界的に見ると高額なハイエ

ンドモデルが売れ筋の市場はごく少数で、国内市場が頭打ちになっていることからも分かるように、先進国が中心のそうした市場は成長性が低いとされています。
人気ブランド携帯カバー
 企業にとっては開発費が莫大(ばくだい)になるハイエンドモデルだけに注力することはリスクが高く、海外市場や国内のMVNO市場向けにミドルレンジモデルを投入する国

産メーカーも少なくありません。例えば京セラは北米市場を中心に世界各国で高耐久スマホを法人向けに提供していますし、富士通も国内向けにSIMロックフリー端末を投入し

ました。MWC 2015では、両社とも事業的に基盤のある法人向けにブースを展開していたことが印象的でした。

 そんな中、Samusungは例年通りフラッグシップモデルの大規模な発表イベントを開催しました。ここには「Galaxy」というブランドの価値をさらに高めて、ミドルレンジモ

デルだけでなくハイエンドモデルでも勝負していくぞ――という同社の意気込みが感じられます。

 MWC 2015では、国内メーカー3社がWindows Phoneを発表したことも話題となりました。これも米Microsoftがハードウェアの開発面でメーカーに要求する基準を緩めただけで

なく、QualcommがWindows Phoneでもリファレンスデザインを提供するようになり、端末開発がしやすくなったことが関係しています。

●加速するスマホのコモディティ化

 QRDの提供や、ODM/OEMメーカーの台頭などさまざまな要素が重なり、スマホのコモディティ化が進んでいる――そう感じていた折に、帰国して間もなく「VAIO Phone」が発

表されました。

 日本通信とVAIOが提供するVAIO Phoneは、台Quanta Computerが委託を受け製造したもの。外観やスペックがパナソニックのAndroidスマートフォン「ELUGA U2」に類似して

いることに加え、端末価格がELUGA U2より約2万円高い5万1000円(税別)であることなどが火種となり、ネットではVAIO Phoneに対してさまざまな意見が飛び交いました。

 これも、先ほどの「スーパーミッドレンジ」のように、国産のVAIOブランド(VAIOはデザインを監修)を付加価値として、ミドルレンジモデルにプレミアム感を演出したも

のです。端末がコモディティ化したため、モノ以外の付加価値(ここではブランド)で差別化を図ろうという考えです。ここまで炎上した理由は定かではありませんが、スペ

ックと比べて消費者が予想していた価格よりも高いということが要因の1つになっているのではないでしょうか。

 ブランドでコモディティ化の波を乗り切ろうという流れは、スマホだけにとどまりません。MWC 2015では、数多くのウェアラブルが展示されました。LGやHuaweiなどは、高

級腕時計を意識したデザインのスマートウォッチを発表しています。また、3月19日(現地時間)には、仏LVMH傘下のスイス高級腕時計メーカーのTAG Heuerが、米Intelおよび

米Googleと提携してスマートウォッチを製造することを明らかにしました。
iPhone6 シャネル
 ブランドイメージを非常に大事にする高級時計メーカーがウェアラブル市場に参入することに驚いた人も多いのではないでしょうか。そのほか、MONDAINEやファッションブ

ランドのGucciなど各社がこぞってスマートウォッチを発表しており、“ポストスマホ”と言われていたウェアラブル端末が、すでにブランドやデザインで勝負しなければなら

ない時代になってきたのだなと実感します。

 テクノロジーの進化により、ほかの製造・販売業界と同じようなコモディティ化の波がモバイル/ウェアラブル業界にも迫ってきている――MVNOやMWC 2015の取材を通してそ

れらがいよいよ現実味を帯びてきたように思います。モノが均質化する中で付加価値を付けるには、ブランド、デザイン、独自機能やほかの機器との連携、新しい使い方の提

案などが考えられます。
新品ルイヴィトンiphone6 ケース
●スマホのコモディティ化、その先にあるものは?

  今後ますますテクノロジーが進化していくと、もはや個人でスマホを自由にデザインできる時代が来るかもしれません。2015年1月には、Googleの「Project Ara」というモ

ジュール式スマートフォンの開発者向けイベントが開催されました。これは、機能ごとに基板をブロック化し、必要なモジュールを選択することで、好みに合ったスマートフ

ォンをパズルのように組み立てて作ることができるというものです。

 共通するパーツを各ユーザーが組み合わせることで自分だけのオリジナルスマホを作れる未来も期待できます。コモディティ化が進んだPCでは、HDDやSSD、グラフィックス

カードなど各パーツを買って自作するのは当たり前の時代になりました。次はスマホを“自作”する時代も予測されています。長く愛用しているけれどハードウェアスペック

がソフトウェアに追いつかずに動かなくなってしまった……という端末も、プロセッサを入れ替えるだけで現役復帰させることができるようになるかもしれません。
iphone6 ケース 激安
 今、スマホで個性を出すためには、自分好みのケースを装着したり、壁紙を設定したりするくらいしか方法がないですが、「自分だけのスマートフォン」(スマホですらな

いかも?)を自作して個性を出せるようになると面白そうですね。4月6日にAppleのWebサイトで公開された、Apple Watchの使い方を解説したビデオガイドは、まだApple

Watchを見たことがない人に向けて、さまざまな機能を丁寧な動画で説明しています。それを見て予習しておくと、購入後すぐにいろいろな機能を使い始められる、という狙い

のようです。

【この機能でも長押しを使用します】

 現在公開されているのは、全10本(と思われる)の機能説明動画のうちの4本。「Apple Watchへようこそ」「メッセージ」「文字盤」「Digital Touch」が視聴できます。こ

のほかに、近日公開とされているのが「電話」「Siri」「マップ」「ミュージック」「アクティビティ」「ワークアウト」の6本です。ちなみに米国では「Apple Pay」の動画

も予定にあるのですが、日本ではまだ導入されていないせいか映像の公開予定はないようです。

 さて、公開されたこれらの動画を見て、気になったことはすでに1回記事にしていますが、その後何度か動画を確認していたところ、見過ごせないポイントに気付きました。

それは、画面を数秒間タッチし続ける「長押し」をするシーンがいくつか見られたことです(ビデオガイドでは「強めに押す」と言っています)。
ヴィトン iphone6plus ケース
 長押しの何が問題なのでしょうか。それは、「知っていないと使えない」操作だからです。

●「長押し」の機能には気付かない人がいる

 普段からスマートフォンを使いこなし、タッチパネルの操作にも違和感を持っていない人は意識したことがないかもしれませんが、長押しという操作は、意図してやらない

とできないものです。「ここで長押しをするとこうなる」という知識がないと、長押し操作をすることがないため、ユーザーが、機能があること自体に気付かないケースもあ

ります。通常のタッチ操作のように、思わず触れてしまってその機能があることに気付く、ということがほぼないからです。

 例えばiPhoneアプリのアイコンの並び替えやフォルダ分け、削除の操作も、アイコンをしばらく長押ししてから行いますが、この操作を知らず、ホーム画面がアイコンで埋

まってしまった、といった笑えない話もあります。文字列のコピー&ペーストの機能も長押しの操作のため、それができることに気付かない人もいます。
iPhone6ケース。。

 Apple Watchのユーザーは、全員がiPhoneユーザー(のはず)ですから、長押しの操作には慣れている、と考えることもできるでしょう。でも、マニュアルを読まなくても、

直感的に操作できる点が魅力のApple製品が、あまり直感的とはいえない長押し操作を多用する点には、不安を感じます。

●「Taptic Engine」が長押し操作を使いやすくする?

 映像で見たところ、例えばメッセージの新規作成やフラグ付け、削除、文字盤のカスタマイズなどの操作で、長押し操作を採用しているようです。また、Siriを呼び出す際

には、iPhoneでホームボタンを長押しするように、Digital Crownを長押しするようです(Siriは「ヘイ、Siri!」と話しかけても呼び出せます)。

 ボタンが少ないApple Watchでいろいろな操作をさせようと思うと、どうしても長押しに機能を割り当てざるを得ないシーンが多いのかもしれません。Apple以外の開発者が

作るアプリにも、こうした長押し操作が採用される可能性はあります。
ルイヴィトンiPhone6ケース
 前述のとおり、映像では「感圧タッチという新しいテクノロジーを利用して」「強めに押す」と説明しているので、ユーザーに感覚をフィードバックする「Taptic Engine」

によって、今までと違う感覚を与え、従来の長押しよりは分かりやすく押す操作になっているのかもしれません。実際、感圧タッチに対応している最新のMacBook Proや

MacBookに採用されたトラックパッドは、実際は上下に動いていないのに、Taptic Engineにより、まるでクリックしたかのような感覚をユーザーに与えます。

 とはいえ、重要な機能で長押しをさせるものがいくつかあるのは事実です。果たしてユーザーはその機能に気付き、快適に使えるのか、気になるところです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:setsbxv
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/setvxef/index1_0.rdf