のリストに中国本土は入っていない。同社は「iPhone 5s」と「同5c」

February 15 [Sun], 2015, 0:40

シャネルiphone6カバー



シャネルiphone6カバー


両モデル同日発売です!

iPhone 6とiPhone 6 Plusの発売日と予約開始日がたった今発表されました。発売日は9月19日で日本を含む9カ国で販売開始、予約開始日は9月12日となっています。

ふんわり柔らか☆手帳型レザーiphoneケース? 手帳型ケースだから、カード類だって入りマス 定期などを入れておけば通勤もスムーズ 手帳型ならでは!の特徴である、プッシュ通知を他人に見られないというのもイイですネ? ストラップホールもついているので、タッチペンや可愛いストラップで自分流に使いこなしてネ☆ 商品名: 2015高品質 シャネルiphone6 plus iphone6ケース 手帳型 タイプ:手帳型 対応機種:iphone6 (4.7インチ)、iphone6 plus(5.5インチ) 付属品:ストラップ付き 素 材:レザー カラー:9色 備 考: ※ご注文の際には、必ずご希望のカラー及び携帯の機種名をご明記ください。 ※海外から輸入している為、輸送上の都合により外箱のつぶれ、商品に汚れやキズがある場合がございます ※携帯本体は付属いたしません。 ※只今は送料無料
アイフォン6シャネル
嬉しいことに、iPhone 6にくわえてiPhone 6 Plusも同時発売となっています。手頃なサイズ感のiPhone 6を選ぶか、大容量バッテリーにランドスケープモード、そして光学手ブレ補正カメラを搭載したiPhone 6 Plusを選ぶか、本当に迷いますね! 米アップルの新型スマートフォン「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の中国の販売が遅れている。9月19日の世界10カ国同時発売に中国市場は間に合わず、日本や香港のアップルストアでSIMフリー版を買い求める中国ブローカーの存在が話題になった。中国市場での発売が遅れているのは同国の輸出入製品に対する認証制度をクリアしていないためだ。アップルにとっては売り上げの16%を占める中国市場に人気の製品を投入できないのは大打撃だ。国営テレビである中国中央電視台(中国中央テレビ)が今年7月に、「iPhoneは利用者の位置情報を収集しており、中国の安全保障を脅かしている」などする番組を放送し、アップルを非難しており、それが理由で認可が下りないといった観測も流れていた。ただ、iPhone 6シリーズはようやく「中国強制製品認証」と電波利用の免許も取得しており、あとはネットワークアクセスの認可が得られれば、同国での発売が可能になるという。
4.7インチディスプレイ搭載の「iPhone 6」は、16GB版が6万7800円、64GBが7万9800円、128GBは8万9800円(いずれも税別)でそれぞれ販売。5.5インチディスプレイ搭載の「iPhone 6 Plus」は、16GBが7万9800円、64GBが8万9800円、128GBが9万9800円(同じくいずれも税別)。
iPhone6 エルメス
【速報】iPhone 6、SIMフリー版は6万7800円(税別)から 5.5インチ「Plus」は7万9800円(税別)から - ねとらぼ
アップルがiPhone 6 / iPhone 6 Plusの発売日や価格、モデルを発表しました。発売日は9月19日、価格はiPhone 6の16GBモデルが199ドル(国内SIMフリーモデルは税別6万7800円)、iPhone 6 Plusの16GBモデルが299ドル(同7万9800円)。それぞれ128GBモデルも用意します。
出典
iPhone 6ケース
速報:iPhone 6 は9月19日発売、予約受付は12日。128GBモデルも登場 - Engadget Japanese
月に10分間の音声通話をしたとして、運用コストは3,780円×24カ月=9万720円。端末代を加算すると、6万7,800円+9万720円=15万8,520円となる。2年間の支払い総額で考えた場合、大手キャリアよりも「U-mobile 通話プラスの方が3万3,480円安い」ということになる。
出典
SIMフリー版「iPhone 6」と格安SIMの相性はいかに? U-mobileを例に考えてみた | マイナビニュース
中国工業情報省(Ministry of Industry and Information Technology)の報告によると、iPhone 6シリーズの世界仕様モデル「A1586」「A1524」と、China Mobile(中国移動)の4G仕様モデル「A1589」「A1593」が、「中国強制製品認証(CCC: China Compulsory Certification)」を取得した。これは同国の輸出入製品に対する認証制度で、欧州の製品基準適合証であるCEマークと同様の仕組みだと新華網は伝えている。このほかiPhone 6は電波利用の免許も取得しており、あとはネットワークアクセスの認可が得られれば、同国での発売が可能になるという。
プラダ iPhone6ケース
 Appleは9月19日に、米国や日本を含む世界10カ国/地域でiPhone 6シリーズを発売するが、この当初発売国のリストに中国本土は入っていない。同社は「iPhone 5s」と「同5c」を発売した際に初めて中国本土を当初発売国に加えたが、今回はそうしなかった。Appleはその理由を明らかにしていないが、中国当局の許可が得られなかったことが原因と見られている。米Appleの新型スマートフォン「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」を製造する台湾Hon Hai Precision Industry(鴻海精密工業)傘下の中国Foxconn Technology(富士康科技)は大量の注文を抱えており、生産が需要に追いつかない状態だと複数の海外メディアが米Wall Street Journalの記事を引用し、現地時間2014年9月17日に伝えた。

 Wall Street Journalによると、Foxconnでは中国の鄭州にある同社最大の工場でiPhone 6と同6 Plusを製造している。ここには新型iPhoneを専門に担当する20万人以上の従業員がおり、両モデルの組み立てやメタルケースなど主要部品の製造を行っている。

 その1日当たりの生産台数は、iPhone 6が40万台、同6 Plusが14万台で、これはFoxconnとして過去最大の台数。だがそれでも予約注文数をこなすには十分ではなく、Foxconnは対応に苦慮しているという。

 Wall Street Journalによるとその要因は2つある。1つは新型iPhoneの製造がFoxconnの1社に集中していること。同社は現在、iPhone 6 Plusの組み立てを1社で担当しており、iPhone 6もその大半を担当している。昨年はiPhone 5sを同社1社が担当したものの、iPhone 5cについては一部だけを製造し、大半は台湾Pegatron(和碩聯合科技)が手がけた。
エルメスiphone6ケース
 もう1つの要因は、iPhone 6 Plusに使う5.5インチディスプレイの供給不足。iPhone 6と同6 Plusはともにインセル方式のタッチパネルディスプレイを採用しているが、5.5インチディスプレイは歩留まり率が50〜60%と低い。これに対し4.7インチ型の歩留まり率は85%と比較的高いとWall Street Journalは伝えている。
最新シャネルiphone6 ケース
 Appleによると、iPhone 6と同6 Plusの注文は予約開始から24時間で400万台を超え、過去最大の受注数を記録した(関連記事:Appleの「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」、予約初日で400万台突破)。なお、2014年9月18日時点の、米国AppleオンラインストアのiPhone 6出荷予定は「7〜10営業日」、同6 Plusは「3〜4週間」となっている。日本サイトでは両モデルとも「3〜4週間」と表示されている。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:setfes
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/setvsejfe/index1_0.rdf