ふるさと納税の制度はあの爆笑問題が大阪に寄付した事ですこし有名になりました

この制度は平成20年の税制改正によって実施されました

ふるさと納税をやろうと思った人はどのようなことを知っておくと良いでしょうか?

ふるさと納税は寄附金控除の一種なので、各自が確定申告で処理する必要が有ります

つまり
まず通常の住民税を納めた上でその上に任意の都道府県や市区町村に寄附をします
その寄附金の額に応じて、所得控除や税額控除を通じて寄附を行なった年の所得税が還付されます
その後に寄附を行なった翌年度の住民税が減額される仕組みです

結局、ふるさと納税を行なった年は支出がアップする事になります

ふるさと納税は節税手法としては有効なのでしょうか?

その答えはほとんどの年収でのシミレーションによると寄附をした金額より所得税・住民税の軽減額のほうが少ないという計算結果になってしまい節税効果は少ないようです

ただし株主優待券のようにその地方の特産品をプレゼントしてもらえる所も有りますので
調べてみると面白いかも知れませんね

ただし寄附金の額が5000円以下の場合では、所得税や住民税の軽減額がまったく期待できないばかりか、5000円以下の「ふるさと納税」は受け付けていないところもあるので注意して下さい