本能の優しさ 

April 03 [Sun], 2011, 1:09
悠陽は保育園、私は仕事に行く前夜

お布団に入ったものの、悠陽はかれこれ1時間近く寝付かなかった

「明日から保育園だよ」
「お友達がいっぱいいて楽しいよ。じいが迎えにいくから、おりこうにしててね」

真っ暗の中、そう言い聞かせながら

2人の大好きな「夢猫のニャニィ」の子守歌を一緒に歌ったりしてたんだ

すると突然、私の口に
悠陽は2回、ちゅーしたんだ
そして、ペロペロなめた

衝撃と感動が一度にきて
胸がじわあと温かくなった

だって、ちゅーなんてする習慣のない親子なのに

本能で、そんなふうに振る舞ってくれたのかな

私の、ほんとは寂しくて、不安な気持ちを悠陽には見透かされてたんだね

すっごく、すっごく、嬉しかったよ
悠陽だって、頑張ってるのに
心配してくれて、本当にありがとう


…………………………

明け方、津波から悠陽と一緒に逃れる夢を見た

現実、苦しんでおられる大勢の方のことを思うと、胸が痛む

私たちが生きる世の中は、過酷なのかもしれないけれど

私は悠陽に生かされている

そして悠陽はみんなに守られてる

不思議で、とても素晴らしいこと

永遠に、続きますように
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:setting_sun
読者になる
大学卒業し、就職1年目に妊娠→結婚、6月に長男悠陽(ゆうひ)出産。
家事も育児も新米ママです〜(^○^)
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる