車の中で勉強 本を速く読む方法

January 12 [Wed], 2011, 9:34
集中力を持続させる方法

勉強となると途端に集中力がなくなり、やる気を出すのに時間がかかっていた私でも、
今では勉強するのが楽しくなり、資格を取ることが趣味のようになってしまった方法がこちら




以前はこんな私でしたが、






■フォトリーディングをやってみたが自分にはできなかった

■勉強しなくて良い言い訳ばかり考えている

■集中力が10分もつづかない

■睡眠時間を削って勉強しても、朝起きると頭に全然残っていない

■仕事が忙しくて、なかなか勉強のための時間がとれない


そんな私でも、今ではこんな風になることができました。



■参考書のページをめくるのが楽しくなった

■勉強に対する焦りや不安がなくなった

■まとまった勉強時間をとる必要がない

■読むだけでも時間のかかった参考書を、一度読んだだけで理解できるようになった

■今までとは比にならないスピードで読み進めることができる


決して人には自慢できない地元の大学を卒業し、平凡でも何とか就職することができたのですが、

先日の高校同窓会で久しぶりにあった友達と話をしていくと、みんなどんどん責任のある仕事を任されていて、

自分とは違い出世の道を歩んでいるかと思うと「このままではいけない!」とちょっとした危機感を感じてしまいました。



そこで、自分も資格を取ってキャリアアップをしてみようかなと思うものの、

それまでの私はというと、高校も大学も第一志望のところには入れず、受験には失敗経験しかありません^^;


こんな私でも資格試験に合格できるような良い勉強法がないかと、ちょっと真剣に探してみたところ、

気になったのが吉岡節夫さんのドクターブレインでした。



兄貴の娘が七田チャイルドアカデミーをやっていて、「あ、あの教材の人なんだ!」というのが気になったんです。


ただ、吉岡さんはこれまでに20年以上も速読について研究などをしてきて、

6000人以上もの人たちに勉強法を指南してきた実績があるそうで、

日本応用心理学会で「超短期記憶と正解率」という論文を発表しているというのには、驚きました。
吉岡さんのこれまでの詳しい実績や活動履歴などはこちら



そんな吉岡さんの速読法について、「トレーニングは難しいんじゃないだろうか。。」というちょっとした不安はあったものの、やってみると、意外なほど簡単でした。

勉強が苦手な私でもできたので、元々の頭の良さというのは関係ないと思います。

で、今度は逆に「こんなことをして本当に理解力とか上がるんだろうか。。」という不安がよぎったのですが、

私の場合、実践1日目にして速読スピードが2倍になるという効果があったので、そうした不安は本当に最初だけでした^^;


具体的にどんなことをしていくのかというのは、こちらに詳しい解説がありますので、

内容を私なりにまとめて、重要だと思うところを紹介すると、



■試験の時に必要な情報が必要な時に取り出せるようになる方法

■「理解」と「記憶」をセットで伸ばすことができる究極の勉強法

■あらゆる学習にオールマイティに活用する極意

■吸収した情報・知識を自在にアウトプットする練習法

■聞けば聞くほど、脳が鍛えられて、速読力がグングンつく方法



こんな内容となっています。



この方法は、目・耳・口の3つの感覚を使って右脳の記憶力とともに、

左脳の理解力・記憶力を上げていくようになります。


読んだものがどんどん頭に入ってくようになりますので、

あなたも、吉岡さんのホームページに寄せれた体験談と同じような経験でできるんじゃないかと思います。



こんなに目に入ってくるようになるなんて思ってもみなかったです。

この速読法のおかげで、人生が変わりました!

私が期待した以上の結果を導いてくれました。

この速読法は私の日常生活にとって欠かせないものになりました。





参考書の内容がどんどん理解して記憶でき、そのまま忘れずにいることができる速読法を試してみるにはこちら





田中謹也 視力回復
乾哲也 あがり症
復縁
P R
Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo

人気ホームページランキング

  • 無料SEO対策


ブログランキング 吉岡節夫のノーストレス速読勉強法
助成金や給付金