ファッション1

March 25 [Sat], 2017, 19:57
 女性にとって、必要係数大きいファッションについて。

 当方、それなりにおしゃれは好きですが、別に他のことよりもアパレルが最優先というタイプじゃないんで、正直コストはかけたくない派です。化粧品とファッションは結果から見るとコストかければ素敵に見えるとも思わないですし。考えてみたらこの15年くらい正価では洋服を買わなかったかもしれません。
 職種的にスーツじゃないのでそれなりに時代感は必要です。あからさまにシルエットやコーデが古臭いのは問題。でも流行が常に自分に優しいとは限らない。さほど広い部屋でもないので着回し効く可能性があるものを全部翌シーズンまでとっておくのも厳しい。結局、幾らかは削ってまた足す羽目になる。そういう時にどのように買っているか。というお話です。

こちらは全編

1、アウトレット実店舗  お便利度 ☆☆☆☆★
https://latte.la/fashion/shop/outlet
15年も正価でデニム一つ買わずに生きて来られたのは、車に頼らなくても行ける場所にアウトレットがあるのが大きいかと。ブーツやコートなど大きめ出費の探し物があれば行きますが、短時間でアパレルメーカーの製品がある程度揃います。アローズ、ジル、ジネス、ナチュラルビューティ、PLST等が揃っていて、アウトレットではあるものの体裁よい洋服のラインナップ。その場で試着して決断できるので結果の速さでは一番です。ただ、実店舗ですからお値段はネット激安店のような安さではありません。きちんとしていることを求めるテーマ用でしょうか。値段の感覚としては駅ビル店舗で16000円のパンツを少しシーズンずらして7000円で買えて、残り3000円でカットソーも買えちゃう♪でもアローズの♪…みたいな感覚でしょうか。

2、アウトレットピーク  お便利度 ☆☆☆★★
http://www.outletpeak.com/
破格アウトレットの老舗です。取り扱いブランド数がかなり多いですし、アプリ限定商品もあって時々意外な出店もあるので、なんとなく見たり探すには大変楽しい。けど、他にも多くのファッション系アウトレットモールがネット通販で出てきた今、ここは探しづらいのは否めないかもしれません。短時間でこんなスカートを探したい!などがあまりできない。ケータイでうっかり「戻る」ポチるとトップに行っちゃうし。アプリ動作遅いですし。ドルマンか否かが写真でわからないのに説明なし、真冬コートか秋の薄手かがわからない、リボンあしらったスカートのファスナー位置と仕様が不明瞭、などで買わないものありました。なので、安いけれども博打度はやや高めのサイト。特定ブランドが好きでいつも実店舗で現品を見ている人が買うにはいいと思います。また、少し予算に余裕あってドキドキを楽しむ余裕ある時のショッピング方法。注意しても私の実感では成功率6〜7割で計算。金額はピンキリですが実店舗アウトレットよりはトータルで安いくらいだと思います。

3、ロコンド  お便利度 ☆☆☆☆★
https://www.locondo.jp
靴の通販店。取扱量が多いです。私は近年デビュー。昔は全面的に手数料不要だったようですが、今はバーゲン品の返品には1配送につき500円です。ただ、それでも休日に店を走り回って靴を試すのと比べたらローコストで確実。往復交通費かかるし歩き疲れてカフェやごはんに1000円くらいはいつも出る。シーズン1回目は目を肥やすために実店舗の来訪をオススメしますが、ある程度の予備知識を入れてからこちらで候補を発注する方法が一番確実。家に届いたら生活の合間に手持ちの靴と履き比べ不要商品をコンビニから返却すればOK。仕事と生活と個人活動と付き合いと…に翻弄される現代人には便利。
バッグもオススメ。他モールにないお品の取り扱いもありますし、出品が被ってても返品できるここで買った方がリスクは少ない。セール商品限定サーチも可能で、類似デザイン表示も出るので探しやすい。私は通勤も兼ねられるお出かけバッグを探していて、1万前後のを3000円で購入して使ってます。同じ合皮3000円でも元の作りがそれなりの商品と比べると耐久性があるので満足しています。

4、ヤフオク  お便利度 ☆☆☆★★
http://auctions.yahoo.co.jp
時代によって出品傾向が変わりますが、2010年代の話です。素人から買わないのがアパレル成功の要かも。素人出品で撮影が伝わりやすい状態であることは稀ですし、不備に後から対応する気あまりないですし。最近ではいい品を出す業者のような方が多く、ここで新品買えますから…。私はここ15年内で、カシミア入りエフデコート、PLSTのダウンコート、ジーナシスモッズコートをいずれも1万前後で新品購入しました。前シーズンの2〜3万くらいのもの。オクで1万と聞くとさほど安くありませんが、好みの仕様で現行品では見つけられないシルエットの新品を探しだせる魅力があります。出品者の探し方は、好きなブランドのアイテムサーチかけてみて、何度も似たようなアングルと写し方で良品が出てくると思ったらアカウント名を確認、みたいな感じでしょうか。

5、しまむら  お便利度 ☆☆☆☆☆
https://www.shimamura.gr.jp/shimamura/
アパレル正規店でその商品を見た数週間後に、全く同じモデルを25%くらいの価格でしまむらで見つけたこと何回かあります。大手アウトレットで取り扱わないようなアパレルが、事実上しまむらというアウトレットに流れていることが。常日頃、靴下を気に入って定期で買いに行ってたからこそ気づいたのかもしれません。しまむらでは自社開発生地の製品や、用途に即して手入れしやすくなった実用衣類も要注目。自社カシミアセーターは手触り良く網の密度も高くて数年活躍しましたし、洗えるオフィスセーターも、夏のサワヤカ仕様ストレッチパンツも快適で重宝。いずれも1500〜1800円です。ほどほど年齢になってくると助かるのがサイズが揃っている点。私、身長がそれなりにあるので少し太るとパンツ類などはユニクロでは結構サイズ上がりますが、しまむらでは充実です。笑 安値販売のファストファッションと比較すると生地が良質なものは多いですよ。


※ ☆評価は本人の感覚的なものです。


後半に続く