【 更新情報 】

スポンサードリンク

「捨てない」の節約で貯蓄を増やす!

物やお金を大切にすることは節約の基本です。捨てる前に「まだ使えるかも?」と考えてみてはいかがでしょうか!

吸水性の高い新聞紙。窓ガラスなどの掃除に使えるのはご存知ですよね!?

くしゃくしゃにした新聞紙を靴の中に入れておけば、湿気とにおいを取ってくれて、型くずれ防止になるそうです。三角コーナーに敷いておけば水気も吸い取り、ぬめり取りにもなります。

ティッシュの箱や洗剤箱も意外と使えますよ!ティッシュの箱を斜めに2等分し、その2つを重ねます。好みの布などでカバーすれば、レターラックの出来上がりです。

洗剤箱もぞうきんや掃除道具などをいれておけば、取っ手がついているので持ち運びも楽で、分類収納もできます。

食品が入っているトレイも捨てないでください。しめじなどのトレイは深さもあるので、揚げ物の衣つけなど下ごしらえに使えて後片付けもラクです。
いつも捨てているみかんの皮も大活躍です。みかんの皮でシンクを磨くとピカピカになるし、水で煮出したみかんの皮の汁は、畳の黄ばみを取るのに最適だそうです。

煮出し汁を保存しておけば、キッチン回りの油汚れを落とすのにも使えます。

捨てずにあるもので代用する工夫をすれば、節約も楽しくできますよね!!

日用品雑貨代の節約で貯蓄を増やす!

シャンプーや、洗剤、ティッシュなど日用雑貨品も意外とお金がかかるものです。使いすぎを防ぎ、使い方を工夫すれば節約はできます。

つい手がのびてしまうティッシュ。子供の食事中は特に使ってしまいますよね。ティッシュの代わりにおしぼりを使えば、使いすぎることもなく、可燃ごみも減らせます。

小さくなったせっけんも、水を入れてレンジでチンすればせっけんクリームになるそうです。手あか汚れがつきやすい電話機や照明スイッチ、冷蔵庫の取っ手などの掃除に最適です。これひとつで洗剤いらず!ですね。

今ではおなじみの重曹もすごいです!消臭・脱臭・研磨・吸湿の効果があり家事の大きな味方です。
お風呂掃除や鍋の焦げつき取り、カーペット掃除までいろんなことに使えますよ。重曹が人気なのは、1つで多用途に使えるところなんでしょうね。

酢も殺菌作用のほかに汚れを落ちやすくしてくれる成分が入っているので、ポットの水あか取りや、薄めた酢水でトイレ掃除に使うことができます。洗剤がわりに使えて、なおかつ普段口にするものなので安全ですよね。

1つのものを何とおりにも代用するのが、日用雑貨費節約のポイントですね!

食費代の節約で貯蓄を増やす!

食費の節約の基本は、安いときにまとめ買いですよね。でも、まとめ買いをしても食品を使い切らないと、節約どころか無駄になってしまいます。

まずは、冷蔵庫の中にある食材をきちんと確認しておくことです。二重買いもなくなり、献立も立てやすくなります。

チラシのチェックもかかせません!チラシは四すみに目玉商品が載っていることが多いそうです。安値ポイントはここですね!

また、チラシをまめにチェックすることで、店の特売の傾向がつかめるし、買うものを決めておけば、無駄買いもなくなりますね。見方ひとつでトクになりますよ!

冷凍できるものは冷凍保存し、新鮮な食品を買うことで節約効果が高くなります。
食材を無駄なく使うコツはいろいろあります。野菜の捨てるところを使って1品に!キャベツの芯やブロッコリーの茎はゆでてみじん切りしてサラダにしたり、野菜の皮やへたは冷凍して、スープのダシに。大根の葉はふりかけにできます。

残ったおかずもリメイクすれば違ったおかずになります。作ったものは食べきって、おいしく節約しましょう!
使えるものは無駄なく使い、作れるものは手間をかけてでも作る!という意識が、食費節約につながるのかもしれませんね。

水道代の節約で貯蓄を増やす!

水道代節約のポイントは、何といってもお風呂の残り湯を有効的に使うことです。今では洗濯に使うのは当たり前ですが、それ以外にも拭き掃除や庭の水やりに使ったり、残り湯をペットボトルに入れれば、トイレ掃除にも活用できます。

炊事で使う水も節約はできます。油汚れが多いフライパン。洗う前に、みかんの皮で油汚れをふき取るといいそうです。みかんの皮には、汚れを落とす天然成分が含まれ、白い部分は油を吸い取ってくれるそうです。これを使えば、フライパン洗いも少しの水でOKです。

また、カレーなどを食べた後の食器は、水洗いする前に新聞紙でこするといいそうです。新聞紙は吸水性にすぐれているので、かなりきれいにふきとれ、ごしごし洗いがいりません。

米のとぎ汁や、野菜のゆで汁も捨てずにとっておきましょう。食器洗いに使えて、汚れ落ちもよくなり、節水にも効果的です。

歯みがきや洗顔・シャワーは水を「出しっぱなし」にしがちです。まずは「出しっぱなし」をやめるようにしましょう。そして、蛇口からだす水の量はできるだけ少量にしましょう。それが水道代節約につながります!!

ガス代の節約で貯蓄を増やす!

「温める」ことに使うことが多いガス。火かげんや調理の工夫でガス代が節約できます!
お湯を沸かす時は、強火ではなく中火で。鍋やフライパンの大きさにもよりますが、強火は鍋底から炎がはみ出してしまいます。中火だとはみ出すことがないので無駄なく加熱できます。

鍋ややかんは底の大きなものを使ったほうが、湯沸しのスピードがアップしてガス代節約になるそうです。
魚を焼くときはグリルを使う方がおすすめです。熱をのがさず一気に焼き上げるので、網焼きよりも短時間ですみます。

お味噌汁などの汁物は食べる直前に作る方が、温めなおす必要もなくなるので節約につながります。これは私もしてますよ!

ガスといえばお風呂もそうですよね。お風呂を水から沸かす時は、夏は朝に水を張る方がいいそうです。昼間の気温で水温も上がり沸かす時間が短縮できます。逆に冬は、沸かす直前!だそうです。朝に張ると、寒さで水温も下がり、沸かすのに時間もかかってしまうのです。

沸かす時間や回数を減らすことが、ガス代節約に大きく影響しますよ!!

電気代の節約で貯蓄を増やす!

電化製品の代表といえば冷蔵庫、テレビ、エアコンですよね!ちょっとした工夫で電気代の節約になります。

まず冷蔵庫。詰め込みすぎると電気代アップのもとになるので、食品の間に間隔をあけましょう。冷蔵庫の上にも物を置きがちですが、放熱しにくくなるので、なるべく置かない方が節約になりますよ!また、金属製のお菓子の空き缶もトレイにして使うと、冷却効果が安定し、冷却効率をキープしてくれます。冷蔵庫は使い方次第ですね。

どの家庭にもあるテレビ。見ていないのに何となくつけている!ということもありますよね。見たい番組をチェックしておいて、ダラダラ視聴はやめましょう。外出する時もこまめにコンセントは抜きましょう。テレビの音量も大きすぎると電気代の無駄遣いになりますよ。

消費電力ワースト1のエアコン。夏場は特にエアコンの消費が増えますよね!冷房の設定温度を1度高くするだけでも、消費電力を10%減らせるそうです。

エアコンを切って30分ぐらいなら室温はそんなに変わらないので、出かける時は、30分前に切れば無駄はなくなります。フィルターの掃除も忘れずに!

節約は、地球にも家庭にもやさしい省エネですね!!
P R