初ドクラブ 

2008年08月09日(土) 12時11分
金曜の夜にクラブに行った。部活じゃない、クラブ(^-^)

題名を訂正するが、クラブに行ったのは初めてではない。
二回ある。
一回目は新宿で大学二年生の時。
二回目は吉祥寺で大学三年生の時。
どちらも小さいハコだった。
小さいハコだから、踊れば目立つ。
オンステージに近い。
リズム感が無い私は
「((((゜д゜;))))クラブこえぇぇぇぇ!!」
ってなったさ。
だって踊れねーんだもん。軽快なステップ踏めねーんだもん。その二回で私は
クラブ=目立つ為に行く
と言う図式ができた。
もうその二回は踊れないしノレないし、早く帰りたくてたまんなかった○| ̄|_

それからクラブに誘われても、グロッキーだった私は頑なに拒否してきた。

しかし!!今回後輩がクラブに誘ってくれ、しかもでかいハコだと言うじゃまいか。
これは勇気を出して行くべきだろう。否か。いや、ゆくべきだ!!
そう決心をした私は渋谷のクラブへ。

もうさ、クラブ初心者の私なんか、入場の仕方から分かんねぇ。
だが、恥ずかしいので周りを観察してみる。

む、身分証を出してるな。

人の行動をチラ見し、あたかも初めてじゃないですよ的なオーラを醸し出し、華麗に保険証を差し出す私。

(^-^)決まった!!

だが、すぐさま受付人に入場を制止される。

『写真がある身分証をお願いします。』


Σ(゜□゜;)ウエエエェェォィ!!

聞いてないよ〜写真付き身分証がいるなんて聞いてないよぉ〜

すっかり初心者感丸出しな私は焦った。後輩とその連れは身分証を提示して余裕で入れている。だが私は制止されている。くっクラブ、やっぱこぇぇ…そう思いかけた瞬間、連れが交渉してくれ特別に入場許可された。
若干はにかみながら入場し、ロッカーに荷物を。ここでも何を持って行くべきか分からず、後輩に
『何持って行くの??』
と素直に相談。
結果、携帯とリップを持って行く事に。。


あ、財布WASURETA


そう私が一言発した後の二人の呆れた顔。とてつもなくハズカシス!!

二人にお金貸すよと言われ、そのまま上へ。

(無題) 

2008年08月09日(土) 12時11分

足が悪いフリをして兄をお迎え
仕事中セックス電話
一年に一回けが
顎けがで、先生の手を強く握る
鞄におもり
マン喫巡り
草食べてた
胸もみ痴漢チャリーマン
痴漢待ち
目損傷でゲロスキャン
所沢で金借りてマン喫
キャンプでリンゴ中村
教育実習あがり症で号泣
戦争死ねば
顎けが記念写真

こぬこ 

2008年05月02日(金) 8時45分
こぬこを金曜に拾った。



まじ可愛ぅぇぇぇぇ〓!!

パチ屋の横にいた(*´д`*)

生まれたばかりらしくてまだ歩けない。這いずり回ってるヾ(^▽^)ノ

とりあえずその日は雨なので家に連れて行った。
しかしうちはペット禁止。

さぁどうしよう…


とりあえずカゴに入れよう。


さぁ…どうしょう…


タオルを入れよう。


さぁ……


寝てしまった。




そんなこんなで、朝起きてカゴを見てみたが鳴き声がしない。
えっ…し、死んだ……?
ちょっ…


タオルをめくった。

あ、爆睡してるwww

ちょっ驚かせんじゃねぇよwwwwww


カゴを持って隣の弟の部屋へ。
「このタオルめくって」

弟、素直にめくる。その瞬間、
『ちょっPG.AJMW.GADMWあたかあ』

弟、奇声を上げて後ずさる。

私(゜Д゜)ポカーン

すると弟が絞り出すような声で

『し、死体…ね、ねえちゃん…?』



ちょwwwおまwwwwww



私犯罪者かよwwwちょっwwwむしろ心優しき乙女www


弟を一喝して、猫の里親探し。ぬこ片手にチャリに飛び乗り、華麗なハンドルさばきで近所をブイブイいわす。
しかし、ぬこに誰も食いつかねぇ

みんな!!こんな可愛いぬこだぜ!!話しかけてくれてもいいじゃん!!
しかし皆様素敵にスルー。
皆様!!こぬこですよぉぉぉぇ!!
叫びたい。



とりあえずチャリはやめ、パチ屋まで戻ってぬこをおろし、誰か来るまで待ってみた。

5分…こない。


10分……こない。


20分………こねぇ。




30分……………こっねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!


誰もこねぇ!!!!!!



パチ屋、大丈夫かよと思ってたら、裏口からオーナーらしき人が出てきた。
アイパーだ。
やばい。
怒られる!!
そう思った瞬間アイパーは
『また子猫??この前も女の子にあげたよ(^o^)』
と言いながらぬこをさっと拾い去って行った。




サラバぬこ

チューチューU^エ^U 

2008年03月05日(水) 19時38分
これは一週間前の話。

私には可愛がっている2コ下のの沙綾(仮名)と言う後輩がいる。
彼女とは学生の頃にバイトで知り合って一年くらいの付き合い(^-^)
当時よく慕ってくれ、何度か相談にのったこともあった。
そんな沙綾とはバイトを辞めてからも遊んだりする仲であった。

彼女は特に、日曜日によく誘ってくれた。
姉が主催する料理教室。業界人とのお食事会。パーティーやイベント。
だが私は一回も行った事は無かった。
何故なら日曜日は引きこもる日と決めてあるから(´・ω・`)
だってさ、毎日一週間働いているんだから休みたいじゃん(*'-')
だから今回も土曜に

『明日読者モデルと会う機会があるから来ますか?』

と誘われたが、

「日曜日は寝ます!」

と返事をした。
そしたら次の日の、日曜三時に

『どうしても話したい事があるので、今日会えませんか?無理なら大丈夫です。。』

といきなりメールが。

さささささあや!?

そりゃ、可愛い後輩が悩んでるんなら!!と私は即

「分かった!!行くよ(*^-^)ノ」

と返事した。
沙綾何があったんだろう…大丈夫かな??とか色々心配しながら目的地へ('◇')ゞ
私は田舎に住んでいるので、都内までカナリ時間がかかる。一時間半かけて目的地に到着し、沙綾と合流した。

「なに〜どした?」
『すみません今日は(>_<)とりあえずカフェ入りませんか??』

と言う事でサンマルクに入った。
抹茶ミルクを買い席へ。早速私は核心へ。

「なになに〜何があったの??(*^_^*)もしかして彼氏ができましたとかならぶっ飛ばすよ?」
とか軽く場を和ませてみたw

『違いますよぉ〜(笑)』
「じゃぁ何よ?(笑)言ってみ?(^^)」
『あの〜、なんて言ったら良いのか…ん〜あの、…難しくて…』
一瞬で彼女の顔が曇る。
「(!?Σ(゜□゜;))ど、どした…??」
いつも明るく元気な彼女が、泣きそうな顔をしている。カナリの驚きをを隠しつつ、問いかけた。
すると沙綾は
『あの、上手く言えないかもしれませんが、私頑張って伝えます。』
と言った。

「うん、なに?」
『あの、私、以前2つ仕事してるって言いましたよね?』
「あ〜言ってたような☆」
『その仕事の話なんですけど…(>_<)』

私はすぐさま考えた。

セクハラか!?沙綾よ!!セクハラされてんのか!?もしやイジメか!?いじめかコルルルルルルルワァァァァァ!!!!!!!!


だが大人な私は顔に出さず、
「うんうん、なに?言ってみな?(^-^)」
と優しく囁く。カッコイイ、わたし。

『あの、じゃぁ聞いて下さい…』
分厚い手帳を開きながら話しはじめた沙綾。
『あの、これ見て下さい。』
おもむろに手帳に A、B、C、Dを二段に分けて書く。
それを二本の線で十字に区切り、+、−、時間、収入をそれぞれ線の横に書いた。
『簡単な心理ゲームなんですが…』
その図の説明をし出す沙綾。

『あの、Aは収入も無い、時間もない、いわゆるサラリーマン。私達会社員の事なんです。』

…ん??

沙綾、ん??

まぁ、とりあえず話を聞こう。せっかちで馬鹿な私だ。話の筋が読めていない。もうすこし自分の心にゆとりを!!だ。

沙綾は次を説明しだした。
『Bは収入はあるけど時間はない。いわゆる自営やベンチャーのことです』

「はぁ、そうですなぁ〜」
まぁ、言ってる事は分かるが、何が沙綾は言いたいのか…つか相談は??
沙綾は話を続ける。

『で、Cが収入はないが時間はある。これは学生なんです。』「へ〜」
私は意味が分からないながらも、何となくとニヤニヤ(・∀・)しながら話を聞いていた。

『で、最後のD。これは収入も時間もある。先輩、ABCDどれになりたいですか??(^-^)』
すかさず
「(・∀・)ノシD!!D!!D!!!!」

と回答。
すると沙綾様水を得た魚の様にはしゃぎだした。

『ですよね!!私もDが良いです!!あのですね、私が今やってる仕事、Dなんです!!○○はDなんです!!Dはお金も時間もあるんです!!(^o^)!!』


えっ


ちょっ


えぇっ


うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ちょwww
私はすぐ気付いた。


マルチwwwネズ講wwwきたwwwこれwwwちょwww


私、とりあえずニヤニヤが止まらない。吹き出しそうになる。
満面の笑みで私を見る沙綾。
そんな澄んだ目で見ないでくれw

沙綾ホクホクしながらまた話し始める。

『で、これっ!!うちの会社のカタログです!凄い良い商品ばかりなんですよ☆私も使ってるんですけどね(*^-^)ノ』

「(・∀・)…」

『この話はぁ…大好きな人にしか話さないんですっ!!先輩の事は本当に大好きなので、先輩だから話すんです!!』

ちょwww何このトークテクwww

ニヤニヤしながら話を聞いていたが、聞いているうちに若干ムカついてきた私。

今日は
『どうしても今日話したい』
と言う沙綾を心配して、大切な日曜を潰して、パジャマでダラダラしてたゴールデンタイムを捨て、一時間半もかけ会いに行った。
なのにネズ講かよwww
とニヤニヤしながらも腹が立ってきた。
私は楽しそうに話す沙綾に聞いた。
「ねぇ、これからあるイベントってこの会社のイベント??」
沙綾は満面の笑みで
『はいっ!!o(^o^)o』
と答えた。

てめぇぇぇぇぇぇぇ騙しやがったなBICCHI!!どうしても今日話したいことってこれかくぉるわぁぁぁぁあ!!!!ああん!?

このBICCHIに苛立ちながらも、私は即
「じゃぁ私行かないわ」
と答えた。
沙綾キョトン(゜-゜)

だがすぐさま(*^_^*)ニッコリ
『先輩は誤解してます♪私の力量不足で、○○の良さが伝えきれなくて残念です(>_<)』

私ポカーン(゜Д゜)

なんとゆうリスペクト。もうね、私ね、言っちゃったよ。




「ごめん、正直気持ち悪るい」


っっっwww言ってやたwwwうはwww私カコヨスwww


沙綾を見てみる。

チラ(ノ_・)



Σ(゜□゜;)エエェェ




沙綾、変わらず(*^_^*)ニコニコ

すかさず私半笑いで
「あのさ、信用無くすよ??マジで。」
と追撃。

沙綾、それでも(*^_^*)ニッコリ

「何考えてんのか知らんけどさぁーこれネズ講じゃん。しかもあのトーク技術どこで習ったの??本当に好きな人にしか話さないんです。先輩の事大好きだから話します〓って(笑)」

『習ってません(*^_^*)それにネズ講ではないです(*^_^*)』
沙綾、まだニコニコ。

「あとさー私いつもヘラヘラしてるし、皆に騙されるタイプとか言われるけどさーそこまで馬鹿じゃないよ(笑)そんな馬鹿に見えた?wwwそこまでじゃねぇwww」

沙綾、ずっと(*^_^*)ニコシ

結局10分くらい説教をしてたんだが、笑顔を崩さない沙綾に気持ち悪くなり、帰ることに。

「もういいや。まぁ、自分で勝手にやるのは別に良いよ。でもその話を私にすんな。気分悪い。あと他のバイトの子にこの話一切すんなよ。マジで超迷惑やから。手出したら怒るかんね?」

沙綾やっぱり(*^_^*)ニコリン
そして元気に
『はい('◇')ゞ!!』
いや、返事良いなwww

最後に私は

「やめた方がいいんじゃないの…??」

と聞いてみた。
沙綾はまたまた満面の笑みで、


『(*^_^*)辞めないです!私には夢があるんで☆★』




スクイヨウネゥヨ…
○| ̄|_




つか夢ってなんだよwww
まぁ
「頑張ってね」
と言い別れました。


この日沙綾は始終笑顔を崩さず目がイってて怖かった。
あれ宗教だよwww私が何言っても聞かないし笑顔だし、自分が正しいと信じ切ってるしwwwこぇーwww
彼女とこれからどう接するか考えものだな。

人間関係をお金に換えようとするその根性、

気にくわん!!(`Д´)σ

ちちぶぅ! 

2008年02月20日(水) 17時51分
今日は仕事で秩父まで行った(^o^)
レッドアローの写メだゎU^エ^U

つか遠いw



秩父かなり遠いw


だが、かなり良い所だった。

二週間前の雪がまだ残ってるのが良い感じの景色☆

プライベートで今度行こうかな(*´д`*)

しややせ 

2008年02月18日(月) 10時14分
昨日、いつもの如くダラダラ日曜ライフを過ごしていた。


大好きなハッピーターンを頬張りながら大好きなやりすぎコージーを見ていた。



ふと自分の手にあるハッピーターンが“変”という事に、私は気づいた。


まじまじ見てみる。

うわぁぁぁぁぁ(゜Д゜)!!

っ…ちょっっっwww
ハッピーターンwww
ハートwwwwww
出たwwwわwwwしあわせwwwwww

今日から 

2008年01月28日(月) 7時58分
日々の事を書いていこうと思う(^-^)
P R
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
http://yaplog.jp/setigara/index1_0.rdf
カテゴリアーカイブ