第69話「Let's See How Far We've Come」 

December 27 [Thu], 2007, 15:22
前のブログの記事をHTMLでページに残そうか考えつつ、
作業が大変なので、もういいかーとか考えつつ、
魔くんで街を探索したり、せつらで造船をしたりしてました。

すると、造船を注文した時に地図の断片が出ました。



他にも交易所で交易品を売却した時や、
道具屋さんでアイテムを売却した時にも貰えました。

サルベージは、かなーり楽しいのですけど、
サルベージスキルを覚えてランクが上がったほうが、
良い地図が出るようになるって教わりました。
いつかスキル枠に余裕が出たらサルベージスキルを覚えて、
それからのんびりとサルベージを楽しみたいなーって思います。

そんな日は来るのか!?
はい、3年後くらいにきます。はい。


そんな中、恒例のアイテム拾いをしていたら、
せつらの見たことがない服が見つかりました。



なんか凄いことになってます!
頭にかぶったピエロ帽子も、
クリスマスイベントで入手したと思わせて実は拾った物です。
色んな物が捨ててありますよね。
マレシャルキュイラスっていう服も結構捨ててあります。
通算で6着拾いました。
そのうち2着は耐久が半分以上残ってて、
「なんですかこの大名様のお風呂上り状態!」
とかそんな気分にさせられたせつらだったりします。
※昔、お殿様はお風呂から上がると、
濡れた体に新品の高価な絹の着物を羽織って水分を吸わせ、
それを体が乾くまで繰り返して体を拭いたそうです。
使った絹の着物はそのままお傍仕えの女性達が貰えたのだとか。



とりあえず踊ってみました。






反省してます。





東南アジアの香辛料ってすごいですね。
ベッコウと安息香、バナナ、パパイヤ、マンゴーは、
持って帰っても、ほとんど値段が変わらなかったです。
今度また行くことがあれば、
レモングラスと翡翠がいくらくらいになるか調べたいなと思っています。

また行く事はあるのか!?
はい、3年後くらいに行きます。はい。



最近、ケーブルテレビで頻繁に流れているPVがあって、
その歌がすごくお気に入りです。
Matchbox TwentyというバンドのHow Far We've Comeという曲です。
YouTubeさんで探したら見つかったので最後に紹介しておきます!
>>ここ<<




Waking up at the start of the end of the world,
But its feeling just like every morning before,
Now I wonder what my life is going to mean if its gone,
The cars are moving like a half a mile an hour if that
I started staring at the passengers waving goodbye
Can you tell me what was ever really special about me all this time

But I believe the world is burning to the ground
Oh well I guess we're gonna find out
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come

Well I, believe, its all, coming to an end
Oh well, I guess, we're gonna pretend,
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come

I think its turning to a crock but I don't really know
I can't remember caring for an hour or so
Started crying and I couldn't stop myself
I started running but there was no where to run to
I sat down on the street and took a look at myself
Said where you going you know the world is heading for hell
Say your goodbyes if you've got someone you can say goodbye to

I believe the world is burning to the ground
Oh well I guess we're gonna find out
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come

Well I, believe, its all, coming to an end
Oh well, I guess, we're gonna pretend,
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come

Its gone gone baby its all gone
There is no one on the corner and there's no one at home
It was cool cool, it was just all cool
Now it's over for me and it's over for you
Well its gone gone baby its all gone
There is no one on the corner and there's no one at home
Well it was cool cool, it was just all cool
Now it's over for me and it's over for you

But I believe the world is burning to the ground
Oh well I guess we're gonna find out
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come
Well I, believe, its all, coming to an end
Oh well, I guess, we're gonna pretend,
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come
Let's see how far we've come



        Matchbox Twenty -How Far We've Come-

第68話「五番目の季節」 

December 07 [Fri], 2007, 22:06
さてさて、ひょんな事から住み慣れた国を出て旅に出た秋せつら一行。
紆余曲折、波乱万丈、山あり谷あり障子にメアリ。
往く手に立ちふさがる艱難辛苦を乗り越え、
様々な大冒険の末、やがて、ヤプログの国へと辿り着いたのでした。

「秋くん、あんなところに国っぽいものがありますぞ。」
「ほんとうですね屍先生。少し休んでいきましょうか。」
「やっと休めるん?休めるん?」
「ああ、休めるんだよ?さやかくん」
「おら、ちょっくら食べ物探してくるズラ」
「悪いね京也くん、お願いしてもいいかな?」
「まかせとっけって事ズラ、ばっちこいだべ!」

こうして、秋せつら一行は、新たな国、ヤプログ国で活動を開始したのでした。


どっきどきの ばっきばきだー
ぴよーん



まだ、君が、夢の中を彷徨って、
 まだ、長い夜が明けたことに気付く前。
凍えそうな静けさが、ベッドを包み込んで、
 五番目の季節へのドアが、そっと開いた。
真夏より熱い、太陽が昇る。

目が覚めた、君がみせた微笑みは、
 まだ何ひとつ知らない頃とよく似ていた。
逢う度に惹かれてゆく、2人が迷い込んだ、
 禁断のあの季節が、再び訪れた。
嵐より激しい、風が吹き荒れる。

天使がくれた季節。
          激しく、熱い季節。
天使がくれた季節。
          2人だけの季節。



        松岡英明 -五番目の季節-
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sethura_aki
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ザラダン・マー
» 第69話「Let's See How Far We've Come」 (2009年04月22日)
Yapme!一覧
読者になる