いまだに人気があるiPhone 5s ※この画像はサイトのスクリーンショットです

March 11 [Fri], 2016, 15:37
小さい新型iPhoneの噂!興味多数
いまだに人気があるiPhone 5s ※この画像はサイトのスクリーンショットです
大型化が進み、「6」「6s」が4.7インチ、「6 Plus」「6s Plus」は5.5インチとなっているiPhone。大画面で見やすくなった反面、一部で操作感が不評であることも事実で、4インチの「5s」は現在でも“持ちやすい”として根強い人気がある。
6Plusケースシャネル

そんななか、Apple製品の噂を伝えるサイト「Mac Rumors」が、台湾のKGI証券のアナリスト・Ming-Chi Kuo氏の予測として、「新型の4インチiPhone 」が2016年に登場するのではないかという話を紹介。まさかのサイズダウンという情報は、ネット上でも注目を集めている。
グッチ iphoneカバー

あくまで一アナリストの予測にすぎないが、6シリーズの大きさに不満を感じていた人はやはり多いよう。Twitterには大きな反響が寄せられ、

「こい!!!!!!!」

「うわああああああああああああ」

「これが、本当なら、うれしい!」

「来年4インチiPhone出るってマジ?

本当ならそれ欲しいな

6みたいな大きいやつより5Sのデザインのが好みやわ」 11月5日、電子部品大手7社の4〜9月期(第2四半期/中間期)決算が出揃った。
CHANELマフラー全社が増収で、2ケタ以上の最終増益(アルプス電気は3ケタ最終増益)という好決算だった。自動車の電装化、スマホやタブレット端末の高機能化、販売増に支えられ、「自動車とスマホ」は前期まで電子部品メーカーの好業績を支えた両輪だった。
2014ニューデザインマフラーしかし、中国経済の変調で夏場からスマホのほうの勢いにかげりがみられる。今後の見通しについては各社それぞれ強気と弱気が入り交じり、通期業績見通しをアルプス電気、村田製作所は上方修正、京セラ、ロームは下方修正した(ロームは最終利益だけは上方修正)。
新品Chanel iphone6 ケース

 電機業界でもスマホ向け部品の需要動向は、シャープ <6753> の液晶パネルには大打撃、ソニー <6758> のカメラ用画像センサーには影響軽微というように、製品によって大きな違いが出ている。技術に裏付けられた高付加価値化、代替品のない「オンリーワン」の製品づくりで、日本製電子部品は中国や新興国の景気や為替の先行き不透明感を乗り越えられるだろうか。
ルイヴィトン マフラー


 ■「自動車とスマホ」に円安で大幅増益勢揃い

 4〜9月期の実績は、日本電産 <6594> は売上高20.0%増、営業利益19.1%増、最終純利益29.7%増の2ケタ増収増益。中間配当は前年同期から10円増の40円。
6Plusケースシャネル連結売上高、営業利益、税引前利益、最終純利益の全項目で中間期ベース過去最高を更新した。四半期ベースでは2013年1〜3月期の魔が差したような営業赤字から立ち直って以来、営業利益は10期連続増益。
人気ブランド携帯カバーモーターは家電向けも自動車向けも好調が続き、家電向けの省エネ型小型モーターの新製品が好評。為替の円安も営業増益に約84億円寄与した。
シャネルiphone6ケース8月にスペインのプレス機器メーカー、アリサ・プレスを買収し、9月にアメリカのモーター制御装置メーカー、KB社の買収、イタリアのEMG社からの商業用モーター事業の取得を発表している。

 京セラ <6971> は売上高1.2%増、営業利益13.1%増、四半期純利益14.5%増、最終四半期利益16.4%増の大幅増益だが、4〜6月期に比べると増益のペースが鈍った。
グッチ iPhone6 ケース中間配当は前年同期比10円増の50円。車載用カメラ部品など自動車向けは好調。
シリコンiPhoneケース太陽電池は、国内向けの家庭用は太陽光発電の買取価格引き下げ、電力会社の接続停止などが影響を及ぼし、産業用も受注で苦戦しているが、北米向けは売上を伸ばした。セラミックパッケージなどスマホ向け半導体部品は中国の景気減速で「中国製スマホが売れなくなり影響を受けている」(山口悟郎社長)という。
ヴィトン iphone6ケース機器事業の携帯電話は海外で上級モデルのモデルチェンジを進めたため販売台数が減った。

 ローム <6963> は売上高4.0%増、営業利益10.3%増、経常利益15.0%増、四半期純利益21.6%増の増収、2ケタ増益。
人気ブランド携帯カバー中間配当は前年同期比20円増の65円とした。売上高は中国の成長鈍化を背景に当初予想を下回ったが、利益は為替レートが想定よりも円安傾向になったことで経常利益、当期純利益が当初予想から大幅に上回った。
グッチiPhone6ケース自動車向け、産業機器向けの半導体、スマホ向け小型部品が好調で、増収効果が減価償却費、研究開発費のコスト増を吸収した。

 アルプス電気 <6770> は売上高11.8%増、営業利益64.2%増、経常利益47.7%増、四半期純利益124.9%増(約2.2倍)の2ケタ増収、3ケタ最終増益。
iPhone6 シャネルス中間配当は前年同期比5円増の10円とした。「自動車とスマホ」で収益を大きく伸ばし、円安が進む為替要因も味方した。
シャネルiphone7ケーススマホ用カメラの手ぶれ補正デバイスが9月発売のアップルの「iPhone6s」に採用され、中国製の高級スマホにも搭載されている。自動車向けは電装品用のセンサーやスイッチの受注が全く衰えない。
ルイヴィトン マフラー中国の景気減速の影響をはっきり受けたのはグループ会社アルパインのカーナビぐらいだった。

など、待ち望んでいたという歓喜の投稿が続出。
ルイヴィトンiphone6sケースまた、

「買いたい!4sから乗り換えます」

「4インチ出るなら次の買い替えはそっちだなぁ でかいのやだし」

「5sから嫌々6sに乗り換えようと検討していたけど、もう少し待ってみようかな」

と、「6」シリーズに乗り換えていないと思われる人から、買い替えるタイミングを見計らう声も散見される。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:esges
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/setgvxfs/index1_0.rdf