を選んだ理由

February 20 [Fri], 2015, 14:15

【商品名】:ブランド iphone5s ケース シャネ ル iphone6 ジャケットカバー 4.7インチ 人気のiphone6 plusケース アイフォン保護ケース 【対応機

種】:iphone5/5s iphone6(4.7センチ) 【ご注意】: ※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さ

い。 ※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品 ※只今は送料無料?


シャネルiphone6カバー

米アップルのスマートフォンの新製品「

iPhone6/6plus」が9月19日、日本国内で販売を開始した。
新製品発表のたびに基本性能が向上しているiPhoneだが、今回の最大の特徴は、画面サイズの大型化だ。iPhone6が4?7インチ、iPhon

e6plusが5?5インチとなっている。
最新シャネルiphone6 ケース
携帯ケース コピー
 また、性能面に関しては、カメラ機能の向上がある。センサの強化に加え、iPhone6plusでは光学式手ブレ補正技術を採用している。


 「iPhone 6 Plus」は90ポンド(約41kg)で湾曲し始めた。

 「iPhone 6」と「HTC One M8」は70ポンド(約32kg)までしか耐えられなかった。
アイフォン6シャネル

 この操作を、端末が変形して元に戻らなくなるまで繰り返した。

 Consumer Reportsは、新型iPhoneについて、Unbox Therapyによって公開された「YouTube」動画を見た人々が信じ込んでいるよりもはるかに曲げにくい

と結論付けている。

 では、80ポンド(約36kg)という力がどれほどの大きさなのか?これらのテストでは、鉛筆4本を折るのと同じ力が圧縮試験機で必要とされたことを示して

いる。

最新シャネルiphone6 ケース
やっぱり使える!「iPhone6 Plus」

9月9日に発表され、19日に発売となったアップルの「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」。それぞれ4.7インチ、5.5インチに拡大されたディスプレイ(iPhone5

シリーズは4インチ)と、新しいデザインの薄型ボディを特徴とする新型スマートフォンだ。


■ 美しい大画面へようこそ

 9月19日から、筆者はiPhone 6 Plusを使っている。これまでのiPhoneとの比較について触れながら、どんなデバイスなのかを紹介したい。

 結論からいえば、iPhone 6 Plusはより直感的な魅力を備えたスマホだ。初めて手に取ったとき、これまでのiPhoneユーザーなら誰もが「デカいな」と口

をついて出てくるだろう。ただ、その大きさ以上に横1920×縦1080ピクセルのRetina HDディスプレイの美しさが印象的だ。


 端末を薄くするため、ディスプレイ部分の薄さにもこだわっている。限りなくガラスの表面に近いところで発光するパネル。そしてカバーしているガラス

が、端末の金属と一体化するように緩やかに湾曲して縁へと落ちていく。とくにガラスの四隅の光沢は、キャンディーを見ているかのようで、筆者が気に入

っている部分だ。

 非常に印象的なディスプレイと、それを思い切り美しく強調する薄型で丸みを生かしたデザイン。ここ4年、金属を生かしたソリッドな印象が続いたiPhone

だったが、初代から3GSまでの3機種にあった、親しみやすい柔らかな形を取り戻し、身近な存在として楽しめるようになった。

■ ホールド感は高いが、届かない

 画面サイズの拡大は、数字以上に大きくなったと感じる。その一つの原因は横幅が大きくなったことだ。これまで、3.5インチだったiPhone 4sまでと、4

インチだったiPhone 5?5sは、画面の横幅は変わらなかったが、iPhone 6、iPhone 6 Plusは横幅も広がっていて大きさを感じる。

 一方、厚さは7.1mmとiPhone 5sの7.6mmよりも5mm薄くなった。その上、エッジを磨いて強調していたiPhone 5sに対してiPhone 6 Plusの縁はなだらかに

丸められ、角がないデザインとなった。非常に細かく見れば、iPhone 5sが4つの角で手に触れるのに対し、iPhone 6 Plusはゼロ。薄さと相まって、大きく

なっても握り心地は良好といえる。
新品ルイヴィトンiphone6 ケース
 筆者の小さめの手の基準で恐縮だが、iPhone 6を右手の親指の付け根にあてて握ったときに、すべての指が第2関節の部分でホールドできていた。iPhone

6 Plusを同じようにして握ると、親指以外の指では第1関節でかろうじてホールドできるかどうか、というサイズ感だ。

親指の可動範囲を確保して握ったとしても、画面の左の端までは届かない。握り方を変えずに操作できるのは、画面の右半分、という範囲に限られてしまう

。もちろん手の大きさ、指の長さは個人差があるので、もっとリーチが取れる人もいると思う。

 ただ、片手で操作するのは難しいという印象だった。特に、片手で握ってテンキーからフリック入力をする際、前述の画面の右半分にテンキーのすべての

キーが収まっておらず、例えば「あ」「た」のキーは、触れたとしても左にフリックして文字を入れるのは厳しい。

 縦方向はさらに絶望的だ。快適に指を伸ばせるのは下半分だが、端末の左上方向に指を伸ばすと、当然縦方向のリーチは減る。そのため、アップルは、

Touch IDに2度触れると、画面全体を手前にたぐり寄せてくれる機能(Reachablity)をiPhone 6 Plus(iPhone 6にも)に備えた。この機能の呼び出しになれる

と、非常に重宝するようになる。

 画面の左端から右フリックをして、1つ前の画面に戻るという使い方も利用できない。そこで、前述のTouch IDに2度触れる機能を呼び出すと、画面の上の

端にあったナビゲーション用のボタンに手が届くようになる。

 それでも筆者がiPhone 6 Plusを選んだ理由は、iPhone 6であっとしても画面の端に届かなかったり、片手でのフリック入力に不安を覚えたりしたからだ

。画面の大小に限らず、iPhone 6シリーズでは左手を添えながらの操作が中心になる。だとすれば、画面が大きくてもその操作方法は変わらないだろう、と

いうわけだ。

 今後、アプリも、大画面で使いやすいユーザー体験を作り出すデザインへと変化していくことが期待される。様々な工夫によって、使い勝手が向上する可

能性があるのも、ソフトウェアによる進化を続けるスマートフォンならではのメリットだろう。

■ 息を飲むカメラ性能

 ディスプレイに次いで驚いたのは、カメラの性能だ。他社のスマホは2000万画素超で、4K撮影にも対応するようになったものの、アップルは引き続き、

iPhone 5sと同じ800万画素となっている。スマホのカメラの写真は、画素数の面では800万画素であっても十分なサイズを確保できている。




■ サイズをフォローするのもアプリ
iPhone6ケースグッチ
 1週間、iPhone 6 Plusを使ってから、それまで使ってきたiPhone 5sを握ってみると、その画面サイズの違い、小ささに驚かされる。繰り返しになるが、

Androidでは既に経験してきた大きな画面を、iPhoneユーザーもやっと手に入れることになるのだ。裏を返せばあの小さな画面で、メモ、写真加工、動画編

集、モバイルバンキング、コミュニケーションと、よくここまで多彩なことをこなしてきたものだ、という感想すら持つ。

 確かに大きな画面は情報表示には有利だが、物理的な扱いやすさは低下する。既に画面の大部分を片手の親指でカバーできない点は指摘したが、iPhone 6

Plusとしては、ホームボタンの2度タッチという機能の実装で、届きやすさを確保しようとしている。

 アプリを使っていると、大画面でもなお使いやすいアプリと、そうでないアプリに分かれている。まだすべてのアプリがiPhone 6 Plusの大画面に対応し

ているわけではないが、レイアウトを最適化することで、Appleが用意した届きやすさとは異なるアプローチによる使いやすさの確保を実現している。
シャネルiphone6 ケース
 例えば、日本のユーザーから待望だった日本語入力システムATOK for iOSは、iPhone 6 Plus向けのテンキーを左右に寄せることによって、片手での文字

入力をしやすく調整していた。こうした工夫がアプリに広がると、さらに使いやすさも追求されるだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:swure
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/setgbee/index1_0.rdf