iPhoneとりわけiPhone 6 plusは今春も中国で力強い需要があ

March 08 [Sun], 2015, 21:28
iOSの最新端末がツートップとなり、Android勢が追う構図となっていた。秋元氏は「OS単位ではiOS全体とAndroid全体で半々といったところですね。ブランド単位でみるとiPhoneが抜きん出ていて

、XperiaやNexus、GALAXYは拮抗していますね」という。それを踏まえて、次のページから人気モデルの売れる理由を追っていこう。※掲載している価格は、2015年1月20日14:00時点のもの。日々変

動しているので、参考程度に見ていただきたい。

●定番の「iPhone 6」、意外と女性人気も高い「iPhone 6 Plus」

ヨドバシ?秋元氏が教える スマートフォン選び 基本の三箇条画面サイズの主流は5型台。狭額なので外形の大型化は極力抑えられている格安スマホの台頭から価格の比較は月額費用でする流れ。使

い方を吟味したい最終決断は使用感。店頭でできる限り触ったうえで購入を決めるのが理想だ
エルメス6Plusケース
 1位はアップルの「iPhone 6」だ。1334×750ドットの4.7型液晶を搭載する端末で、携帯性と見やすさのバランスから、これまでのiPhoneの乗り換え対象としても定番の存在となっている。「比較

的早い時期から潤沢に出回っていましたし、どのキャリアでも安定して売れています」という。

 ストレージ容量別でみると、64GBをわずかな差で128GBが追い、少し間を置いて16GBがあるといった構図らしい。「iPhoneはメモリーカードが増設できませんし、ライトめに使うにしても16GBだと

心もとないという人が多いのでしょう」

 続くのは、5.5型フルHD液晶を採用した大画面の「iPhone 6 Plus」だ。8メガピクセルカメラに光学式手ぶれ補正機構を加えた以外、基本スペックはiPhone 6と同じだが、画面の大きさを気に入っ

て購入する人が増えている。

「最近は通話端末としてより、ネットを見たりアプリを操作したりする情報端末としてスマホを捉える人が多いので、画面の見やすさ重視で大画面モデルが売れる傾向にあります。6 Plusも女性や

比較的手の小さな方にもよく売れるようになりましたね」
グッチ iphone6 ケース
 実際、iPhone売り場に限らず、店頭で試用する人を見ても、実機を耳に当てるより、手元でタップしたりフリックしたりする人のほうが圧倒的に多かった。
韓国のスマートフォン市場で、昨年9月にiPhone6/6Plusを発売したアップルのシェアが33%まで上昇し、LGを抜いて第2位まで浮上したことが、市場調査会社カウンターポイン

トリサーチの報告で明らかになった。21日付で騰訊科技が伝えた。

報告によると、アップルはiPhone6/6Plus発売以降、日本、中国、韓国市場でのシェアを大幅に伸ばした。特に顕著だったのが韓国市場。発売前のシェアは15%に届かなかったが、

発売から2カ月後の昨年11月には33%まで急上昇。韓国本土ブランドのLGを抜いて第2位まで浮上した。一方、60%前後を維持してきたサムスンのシェアは、46%まで下落した。

カウンターポイントのモバイル研究部門責任者、トム?カン(TomKang)氏はこれについて、「韓国スマホ市場の歴史上、外国ブランドがシェア20%を超えたことは1度もなく、サムスンが

圧倒的シェアを誇ってきた。だが、iPhone6/6Plusは従来とは異なる待遇を受けており、ライバルの売上に影響を与えている」と語っている。

アップルは日本市場でも大幅にシェアを伸ばし、昨年11月は51%まで上昇。第2位のソニー(17%)を大きく引き離した。これに対し、中国市場では苦戦を強いられており、昨年11月のシ

ェアは12%、第3位にとどまった。首位は18%を獲得した中国本土ブランドの小米(シャオミ)、2位は13%のレノボ(聯想)だった。長らく中国市場を牽引してきたサムスンは9%まで下

落し、4位となった。

だが、昨年11月のアップルの中国市場での売上は、前年同期比45%増に達している。一方、サムスンは今月、2014年第4四半期(10〜12月)の営業利益が前年同期比37%減になると

の予測を示した。2015年1月21日、香港の調査会社カウンターポイントが発表したデータによると、韓国の昨年11月のスマートフォン市場で、米アップルのシェアは33%となり、外国ブランドとして

初めて20%を突破した。新浪科技が伝えた。
ルイヴィトン6カバー

アップルのシェア拡大は、昨秋に発売したiPhone 6/6 Plusが追い風となった。同端末発売前のシェアは15%にすぎない。

一方、11月の韓国ブランドのシェアは、サムスンが46%と、それまでの約60%から大幅に縮小。LGは14%だった。

カウンターポイントのアナリスト、トム?カン氏は「韓国でiPhone 6/6 Plusの販売は好調だ。同国のファブレット市場をリードしてきたサムスンのシェアを侵食している」と指摘した。ヒロコーポ

レーションは、「Rebonally(リボナリー)」の派生ブランド「Ry’Spirits(リボナリースピリッツ)」から、ICカードを収納できるiPhone 6用の超薄型?軽量カバー「Card Cover for iPhone6」を

、直営iDock奈良登美ヶ丘店とオンラインショップ各店で発売した。税別価格は2980円。

シャネルiphone6 ケース

 ICカード1枚を収納できるiPhone 6用カバー。カードが入っていることを感じさせない超薄型?軽量デザインで、iPhone 6との親和性を発揮する。特殊樹脂ケースでiPhone 6本体とカードをしっか

りホールドし、ハードカバーでしっかりロックするハイブリッド構造を採用。特殊な電波干渉防止シートで、ICカードの読み取りエラーを防ぐ。カラーはゴールドとシルバー。

 「Rebonally」は、日本の製造業の復活(Reborn)と、日本の職人の技術を100年先まで残したい(Eternally)という二つの願いを込めたオリジナルブランド。「Ry’Spirits」は、「Rebonally」

の「魂/Spirit」を引き継いだブランドで、世界に誇る日本の技術を生かしながら、一部に海外の素材?部品などを取り入れてコストダウンを図ることで、純日本製ブランド「Rebonally」シリーズで

はできなかったリーズナブルな価格帯で提供。日本から世界に向けて発信する。
クリスチャン?ラクロワブランドのiPhone 6向けケース2種が登場――プレアデスから

Christian LacroixのiPhone 6用ケース3種

 プレアデスシステムデザインは、1月20日にBigben Interactive(ビッグベン インタラクティブ)のブランド「Christian Lacroix(クリスチャン?ラクロワ)」からiPhone 6向けフォリオケース

とハードケース2種を発売した。

 本ブランドは仏南部アルル出身のデザクリスチャン?ラクロワが創立したもので、地元文化から影響を受けた鮮やかな色彩や高級感あふれるデザインが特徴。
アイフォン6シャネル

 今回販売するのは、モダンでスタイリッシュなデザインにインナーポケットも備えたPUレザーのフォリオケース「Christian Lacroix Suiting Collection Folio Case for iPhone 6」、世界中の

セレブから愛される「エデンロックホテル」にインスパイアされたハードケース「Christian Lacroix Eden Roc Collection for iPhone 6」、スペイン宮殿アルカサスの庭を散歩するセビリアの美

女たちをイメージし、色とりどりのチョウがデザインされた「Christian Lacroix Butterfly Collection for iPhone 6」の3種。販売予想価格は4200円〜4700円(税別)となっている。
2015年1月14日、スイスUBS銀行の推計によると、昨年第4四半期、アップルのiPhone販売台数は6930万台に達し、そのうち中国エリアの販売が35%を占め、米国エリアの24%を大きく上回った。中国

は初めてiPhone最大の販売市場となった。中国日報網が伝えた。

【その他の写真】

▽中国、アップル最大の顧客に

UBS銀行アナリストのSteven Milunovich氏によると、iPhoneの中国エリアの需要は大きく伸びており、昨年第4四半期は全体の35%に達した。この割合は前年同期、22%に過ぎなかった。iPhone最大

の市場だった米国エリアの割合は24%にとどまり、一年前の29%から縮小した。

アップルCEOのティム?クック氏が10月に発表したデータによると、中国のアップルショップ15店舗を訪れる客は一日75万人に達する。アップルは今後数年で、中国の販売店を15店舗から40店舗に増

やすとしている。米CNNの報道によると、クック氏は2013年10月、中国はアップル最大の顧客となるとの見通しを示していた。

▽新iPhoneは中国でなぜ人気か

iPhoneが中国市場で人気を博しているのには次の2つの原因が挙げられる。
新品ルイヴィトンiphone6 ケース
第一に、中国の消費者の間で大画面の新製品「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の評判が高いこと。両製品の中国本土での予約受付は昨年10月10日に始まったが、3日後には通販サイト「京東商城」

の予約台数が1000万台に迫り、3大通信キャリアとその他の通販サイトを合わせた予約台数は2000万台を超えた。アナリストによると、iPhoneとりわけiPhone 6 plusは今春も中国で力強い需要があ

ると見られる。中国のiPhone人気の原因はまず、iPhoneを持っていることがステイタスシンボルになることが挙げられる。サイズが小さいためにこれまで抑えられて来たステイタスシンボルとして

の価値が、大画面製品の登場によってさらに高まったと考えられる。またアジアでは、資源に限りがあるという意識があるために、一つの商品にできるだけ多くの機能を求める。iPhone 6 Plusはタ

ブレットと携帯の両方を兼ね備えていることが人気を呼んだ。iPhone 6 Plusはさらに、バッテリーの持続時間が大きく伸びたことも魅力となった。

第二に、中国最大の通信キャリアの中国移動(チャイナ?モバイル)との協力が功を奏したこと。アップルは公式サイトで2013年末、中国移動と合意を締結し、中国移動版の「iPhone 5c」と

「iPhone 5s」を翌年1月17日から発売すると発表した。予約は1月25日からの受け付けとなった。中国移動にとっては自社版iPhoneの6年越しの実現となった。アップルにとっては、中国最大の通信

キャリアと協力することで中国市場の開拓を進めるねらいがあった。iPhone 6の爆発的な売り上げの裏にもこの協力があったと見られる。

▽世界最大のスマートフォン市場
iphone6ケース
中国のスマートフォン市場はもともと大きく、スマートフォンの総販売台数は米国の3倍に達する。

シンクタンク企業の中国インターネット実験室が行った昨年のスマートフォン産業についての報告によると、世界のスマートフォン市場は13億台に迫り、そのうち中国市場が3億6000万台を占めてい

る。

2014年は、スマートフォンやスマートテレビのインターネット化が進んだ年と言える。付加価値も再び高まりを見せ、技術革新がクローズアップされるようになり、数量の拡大を求める傾向は薄れ

た。インターネット実験室の方興東(ファン?シンドン)董事長(会長)によると、スマートフォンは、今後10年の世界市場にとってのエンジンとなると同時に、中国企業のグローバル発展にとって

の有効な手段ともなる。中国のスマートフォン販売台数は米国の3倍で、モバイルインターネットの利用者は米国の5倍に達する。携帯電話産業の中心は今後、米国から中国へと転換していくものと

見られる。

▽世界市場に登場した中国のスマートフォンメーカー

世界のスマートフォン市場の主役は依然としてサムスンとアップルだが、中国企業も勢力を伸ばしつつあり、これら大手2社、とりわけサムスンに圧力を加えている。サムスンの世界市場シェアは昨

年、9ポイント低下した。
超人気iphoneケース
市場リサーチ会社「Gartner」が発表した昨年第3四半期の世界携帯電話市場統計によると、同期の世界のスマートフォン販売台数は前年同期比20%増の3億100万台だった。携帯電話メーカートップ5

を見ると、中国ブランドが華為?小米?レノボと3社ランクインし、これら3社の合計シェアは前年同期比で4.1ポイント上昇した。サムスンとアップルの合計シェアはこれに対し、同比7ポイント低い

37%だっ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sxeybee
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/setbeys/index1_0.rdf