たとえば冒頭のアップルの、2人のCEOのキャラを考えてみよう。

April 09 [Thu], 2015, 0:21
いつも通り、火曜日のアップルの発表はかなり芝居がかっていた。
エルメスiphone6ケース
CEOティム?クックによる「ワン?モア?シング」(かつてのスティーブ?ジョブズのお約束だった)と後半のU2の曲に関する発表の間に、アップルはいくつかの新たなガジェットを発表している。
iPhone 6 Plus
アップルは5.5インチのディスプレイを持つ、これまでで最も大きなiPhoneを発表した。このファブレットはこれまでのiPhone 5Sよりも185%も多いピクセルを搭載しつつ、その厚さはiPhone 5と比べて0.5mm薄い7.1mmとなっている。さらにバッテリーに関しては24時間の3G通話が可能になった(おそらくスマートフォンユーザーはここが一番気になるだろう)という。しかし、そのパフォーマンスは新たな64ビットのA8プロセッサーによって速くなっている。iPhone 6 Plusの価格は16GBの299ドルからスタートし、64GBで399ドル、128GBが499ドルとなる(全て2年契約の場合)。
iPhone 6
ヴィトン iphone6ケース
物理的にこの端末は「小さくなって」はいるが、iPhone 6は4.7インチのディスプレイを搭載しており、過去のどのiPhoneよりも実際は画面が大きい(iPhone 5Sのスクリーンはたった4インチだ)。64ビットのA8チップによってCPUパフォーマンスでは25パーセント、グラフィックパフォーマンスでは50パーセントの高速化を実現している。iPhone 6の価格は16GBの199ドルからスタートし、64GBで299ドル、128GBで399ドルとなっている(全て2年契約の場合)。
Apple Pay
「Apple Pay」はクレジットカードを持ち歩かなくても実際の店舗で支払いのできる新たな仕組みだ。自分のiPhoneのApple Payアプリにクレジットカードを追加しておけば、店舗にあるターミナル(店舗がApple Payに加盟している必要がある)に向けてアプリをタップするだけで支払いが完了する。Apple Payはセキュリティのため、Touch IDの指紋認証と「セキュア?エレメント」と呼ばれる新たなハードウェア?コンポーネントを使ってユーザーのクレジットカード情報が正しいことを確認する。いよいよ本日深夜2時(9月10日午前2時)に、Appleの新製品発表会が行われます。このイベントでは、Appleのスマートフォン最新作の『iPhone 6』と、ウェアラブルデバイスの『iWatch』が発表されると期待されています。
シャネルiphone6ケース
日本でも多くのウェブサイトがこの発表会のリアルタイム更新、または実況を行うと告知しています。それだけ、楽しみにしているユーザーが多いことの証明でもあります。

そこで、リアルタイム更新や実況を行う主なサイトをまとめてみました。

順番に紹介していきますので、興味のあるサイトから発表会をチェックしましょう!
アイフォン6シャネル
今回のイベントでは、なんとAppleが公式のイベント生中継を行います。ウェブページはMac、iPhone、iPad、Apple TVなどのApple製品から動画を視聴できるようになっています。

MacユーザーやiPhoneユーザーの方はこちらから公式の中継をチェックしましょう!

Apple - Live - Countdown to the Apple Special Event
人気ブランド携帯カバー
ただし、言語は「英語」ですのでその点だけ注意してください。

たのしいiPhone! AppBank
日本最大級のiPhoneアプリのレビューサイト『AppBank』はリアルタイム更新と動画での実況を行うと発表しています。ボクもAppBankで働いてまして、こちらの更新を手伝っています。チェックして頂けると嬉しいです。

【ニコ生】AppleのiPhone 6発表会(9月10日午前2時)をリアルタイムでレポート!

なお、動画の出演は『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』で有名な“マックスむらい”ではなく、AppBank元編集長の“高橋くん”とゲームアプリ担当の“ゲームファイター”、AppBank Storeの仕入れ担当の“バイヤー”の3名で行われます。

iPhone6は出るのか!? Apple 新製品発表会 実況番組 - 2014/09/10 01:30開始 - ニコニコ生放送
グッチ iphoneカバー
週刊アスキー
週刊アスキーは、イベント開始3時間前の9日23時からニコニコ公式生放送を敢行すると発表しています。すごい気合いです。

出演者は週刊アスキー副編集長/MacPeople元編集長の吉田博英さん、元Apple?iPhone開発担当のジョン?ギブスさん、ギーク女優の池澤あやか、フリーアナウンサーの増子瑞穂さんで行われる予定とのことです。

iPhone6&iWatchがついに発表!?アップル新製品発表イベント実況生放送〜週刊アスキー - 2014/09/09 23:00開始 - ニコニコ生放送

また、現地取材班としてフリージャーナリストの石川温(いしかわ?つつむ)さん、週刊アスキー編集長代理の伊藤有(いとう?たもつ)さん、週刊アスキー副編集長の矢崎飛鳥(やざき?あすか)さんもスタンバイされているとのこと。アスキーは今年は実況で攻めるのですね!

Engadget Japanese
iPhone 6のリーク情報で素早かったガジェット系ニュースサイトももちろん参戦です。例年通り、日本語版はテキストでのリアルタイム更新が予定されています。

アップル 9月9日スペシャルイベント速報 - Engadget Japanese
新品ルイヴィトンiphone6 ケース
Engadget Japaneseでは、本家『Engadget』が現地で撮影した写真をもとに翻訳した記事が掲載されるので、テキストながらも非常に臨場感のあるリアルタイム更新を楽しめます。

ギズモード?ジャパン
米Gizmodoの日本版『ギズモード?ジャパン』も参戦です。去年は本家『Engadget』の写真を利用していましたが、今年は果たして?

世界が変わる瞬間。10日深夜2時アップル発表会をリアルタイムでお届けします! : ギズモード?ジャパン

グッチ iPhone 6ケース
朝日インタラクティブが運営するIT系のニュースサイトCNET Japanは、米CNET Newsのライブブログを随時翻訳というかたちでリアルタイム更新を行います。

こちらはすでに現地の写真もアップされ、もう態勢はバッチリといった構えです。

予告:アップル特別イベントの内容を随時お届け - CNET JapanどうやらiPhone6や、おそらく例のiWatchは、9月9日発表のようだ(米アップル、9月9日に新製品発表会開催 新型iPhone発表か)。

iPhone6は2つの大型の液晶タイプになるといわれ、iWatch(仮)は、常時体調を測定してくれるいわゆるウェラブルなものになるらしい。
初代iPhoneよりずっと買い替えてきた僕としては、5sのほうがサイズ的にちょうどなので大きいのは困るとか、持病の高血圧はだいぶ治まったので常時体調チェックするほどでもないかなあと思いつつ、当然2つともゲットすることになるだろう。

それはさておき、最近僕の関心事のひとつは、「組織トップの『キャラ』とか好みが、組織のエートス(その時の雰囲気みたいなもの)を決めていくのでは」、ということだ。

通常、会社やNPO組織のあり方は、ミッションや戦略が決定すると言われる。また、戦略の苦手な日本的組織であれば、目先の課題にとりあえず対処していく(経営陣は行き当たりばったりで優秀な現場がその都度フォローする)ことで乗り切り、結果としてその組織のカラーが出てくるとも言われる。

が、そうした戦略や現場による結果主義の前に、「トップのキャラ」のようなものが組織のエートスに決定的に影響を与えているのでは? と僕は思うようになってきた。

■「シンクディファレント」と「物語」

たとえば冒頭のアップルの、2人のCEOのキャラを考えてみよう。
一人目は、当然スティーブ?ジョブズ。ジョブズは、下のシンクディファレントのCMもそうだが、イノベーションや革命的という言葉がよく似合うトップだった。

iPhone6 シャネル
もう一人はアップルの現在のCEOであるティム?クック。ジョブズとは対極的にイノベーションは(今のところ)ないものの、製品の供給システムを整えたりアジアの制作現場に気配りしたりと、「心地よさ」のようなものを第一においているようだ。

いまのCMで印象深いのは、この、それぞれの「物語」を提示するもの(

)。
最初、この「物語」シリーズが出てきた時はイマイチぴんと来なかったが、連続してつくられているものを見ていると、そこには「人」「ナチュラル」「ここちよさ」等を基本価値としていることがわかる。

■キャラは組織にどう影響を与える?

ジョブズとクックのキャラを比べたいのではなく、こうしたキャラをトップに置いた時、その組織全体の雰囲気、あるいは仕事の価値の優先順位はどう変わるのだろう、というのに僕は興味がある。
シリコンiPhoneケース
アップルのような大きな組織でなくても、小さなNPOのような組織でもいい。
たとえばそのトップが「(不登校等の)教育の支援現場」の出身だとすると、どうしても優先順位が、教育サービスを求める目の前に現れる当事者となる。その当事者/子ども(たち)の幸福を追求することが第一の優先順位となり、そのために組織全体としてどう動くかという発想にそのトップはなる。

なぜそうした発想になるかというと、それがそのトップの「(支援現場出身という)キャラ」だからだ。
逆にそのトップは、戦略策定やNPOとしての社会的動き(災害支援や寄付システム構築)が後回しになる。

またトップが、支援現場出身ではなく、2010年代風の「ソーシャル」な発想を持つ人だとすると、サービス利用者(教育であれば子ども)のことを考えつつも、寄付システムの構築?他のNPOや一般企業との協働?災害支援等を優先順位の上位に持ってくるだろう。

■副社長からバイトまで

組織の規模がどれくらいであったとしても、以上のような「トップのキャラ」が、なかなか言葉にならない「エートス」(雰囲気?倫理的基準?業務の優先順位等)としてスタッフに影響を与えるのでは、と僕は思い始めた。

たとえばジョブズのような人がトップにいると、そんなトップに気に入られようとして、みな「シンクディファレント」を意識する。その結果イノベーションが生まれ、iPhoneが商品化できる。
たとえばクックのような人がトップにいると、みな「ここちよさ」を意識し、革命的新製品は出ないものの(出てジョブズ時代の遺産であるテレビや時計だろう)、「アップルシステム」全体はより醸成され、消費者(スタッフも)の満足度は上がっていく。
iPhone6ケース香水風
組織としては、「2014年度戦略は云々」という旗が立っている。が、その旗が作成された土壌はトップのキャラが醸しだすエートスであり、その雰囲気をスタッフ全員(おそらく副社長からバイトまで)が「忖度(そんたく)」している。

顔色を伺うというようなネガティブなものではなく、これが人間組織だと僕は思う。そのエートスが、組織内で受け入れられなかったり、外部と摩擦を起こしたりする時、組織は変革期にある。★
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:segysbe
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/setbbsev/index1_0.rdf