元チェッカーズ武内享 息子二人が逮捕

October 05 [Mon], 2015, 13:33
元チェッカーズのリーダー武内享の長男と次男が
大麻取締法違反容疑で逮捕されたと、自身のブログを更新しました。



子供がふたりとも逮捕されるなんて・・・。
でもそういうことをブログで報告するのにもちょっと違和感を感じてしまいました。
逮捕だなんて、ブログに投稿するような軽々しい出来事ではないのに。

オレの長男と次男が大麻取締法違反の容疑で逮捕されました・・・
この一文に父親としての問題点があるような気がしてなりません。
謝罪文として発表しているにもかかわらず、
自分のことはすべてオレ・・・。
53歳にもなってそれでは、あまりにも常識にかけていると思いますし、
親の背中を見て子は育つといいますから、やはりその責任は大きいと思います。

これから厳しい現実が待ち構えていると思いますが
根本的に考え方を変えていく気持ちでいないと心が折れてしまうのではないかと思いますね。

母、パソコンに目覚める

October 01 [Thu], 2015, 11:30
最近、71歳になった母がパソコン教室に通い始めたようで、
今はとにかく学ぶことが楽しくてたまらないようで、毎日のように長文メールを送ってきます。
正直、今どきメールで連絡をしてくるような人は周りにはいないので、
逆になんだか新鮮で、私も遠方に住む母の近況を知れるので楽しみの一つになっていますね。

母のような高齢者で、パソコンなんてできると、注目の的のようで、
母もこの歳になって頭を使って学ぶことができて、夢中になることができるなんて思ってもみなかった、と
話しています。
たしかに、私の義母なんかは、携帯のメールですらできませんからね。
ですから連絡は常に電話。
それはそれでいいんですけどね、メールでいいのにって内容のことでも電話なのもどうかなぁ、と・・・。

母も元々機械に強いわけではないんですよ。
同年代の人に比べればできるほうかもしれませんけど、
スマホだって、小指で入力しちゃうくらいですしね。
でも、やる気があるってやはり大切なことだなぁって思います。どんなことでも。

さて、そんな母から先日ヘルプメールが送られてきました。
なんでも、朝パソコンをたちあげたら、まったく起動しなくなってしまったのだとか。
バックアップなんて知識はまだないようで、当然どこにも他のメディアにはデータ保存していません。
症状を聞くかぎりでは、ハードディスクが壊れてしまったのではないかな、と思ったのですが、
素人が勝手に判断して、むやみに指示を出すと余計に壊れてしまいますからね。

いろいろと調べたところ、データ復旧業者に依頼するのが一番良い方法かなと思い、
さっそくいくつかデータ復旧業者を紹介し、今の症状を相談するように話しました。

結局そのなかの一つである日本データテクノロジーという会社に依頼をしたようで、
3日ほどで、データは元通りになったようでありがとうと感謝のメールが送られてきましたよ。
パソコンはまだまだ奥深いものですね。

アグネス殺害予告少年自宅を家宅捜索

September 29 [Tue], 2015, 11:27
歌手アグネス・チャンのツイッターに「メッタ刺しにして殺す」などと書き込んだ疑いで
15歳の都内に住む少年の自宅が家宅捜索されたそうです。



日本ユニセフ協会大使として児童ポルノ根絶を訴えてきたアグネス。
ただ、この活動を始めた頃から悪質な書き込みは毎日のようにあったとか。

慈善活動をしていながら豊かな生活を送っていることが許せなかった・・・
これが少年がこのような行動にいたった原因だといいます。
もちろん、少年のやったことは許されることではなく、絶対にしてはならないこと。
ですが、だからといってアグネスさんのしていることが正しいとも言えないと思います。

善意の募金を自分のものにしている・・・
中学生でさえもその真意を見抜いているということが問題であって、
今回の件で、日本ユニセフは、ビジネスなのだと知った人も多いのではと思います。
ユニセフと日本ユニセフは別物、このあたりをもっと正確に報道してもらいたいですね。

自力では難しいこと

September 25 [Fri], 2015, 10:38
パソコンになんらかの不具合が起きたとき、
まずは自分でなんでもやってしまいたい気持ちはよくわかります。
特に専門知識がある程度ある人ならなおさらそう思うのではないでしょうか。
私は、その点まったく知識がないので、はなからそんな気は起こらないのですが、
主人はもともとパソコンなどの機器に詳しいですし、自作パソコンなどを作っているような人なので、
余計に自力で修理をしたいと思ってしまうのだと思います。

でもそういう人ほど、危険なんですってね。
ハードディスクの障害にもいろいろあって、ハードディスク自体が壊れてしまう物理障害の場合には、
自分でソフトを使ってデータを復元しようとしても、むしろ状態を悪化させてしまうことになるのです。
なおそうとすればするほど、ますますデータ復旧の可能性を下げてしまうことになります。

ではどのような症状なら物理障害だといえるのか。
ハードディスクから「カタカタ」といつもは聞こえてこないような音が聞こえてきたら要注意です。
そのような際に、ハードディスクを自分であけて修理しようなんてことをすれば、
もはや二度とデータを復元できなくなる可能性大になってしまうので、
絶対にやってはいけません。

ハードディスクはパソコンパーツの中でも、負担が大きく壊れやすいパーツです。
わずかな埃やチリが入れば、それが原因で正常に作動しなくなるくらい精密な機械なのです。

このような障害をなおすには、チリや埃の入らないクリーンルームを完備している
データ復旧会社での作業が必要となってきます。
作業環境が整備されていない環境で、復旧作業を行うのは非常に大きなリスクがあることを
しっかり頭に入れておきましょうね。

なるべくはやく、できることは自分で、と焦ってしまう気持ちはわかりますが、
データを確実に戻したいのであれば、やはり専門の業者に任せるのが一番ではないでしょうか。

パソコンの寿命

September 24 [Thu], 2015, 11:46
日頃パソコンを使っている人であれば、ちょっとしたパソコンの不具合に気づく人もいるでしょう。
たまにしかパソコンには触らないという人よりは、
パソコンが壊れる前兆に気づきやすいのではないかと思います。

もちろんある日突然データがなくなって消えてしまうなんていうトラブルもありますので、
必ずしも壊れる前の前兆があらわれるというわけではありません。
ですが、少しづつ障害の程度が大きくなって、データ消失につながっているという場合もあります。

ですから、このパソコンのちょっとした異変に気づいて対処することは非常に大きな意味をもつのです。
データが失われてしまう前にバックアップさえとっておけば、
パソコンがもし正常に作動しなくなってもデータだけは守られますからね。

その前兆ですが、電源をいれても起動しない、ハードディスクを認識しない、
パソコン内部から異音がする、起動に時間がかかるようになった、などがその代表的なものです。
これらがすべてパソコンが壊れる前触れの症状ではありませんが、
その可能性があることは確かですので、もしこういった症状があらわれはじめたら、
パソコンの使用を中止して、一度専門業者に見てもらうと良いかもしれませんね。

パソコンは精密機器ですから、丁寧に扱うことが大前提です。
熱や、衝撃、水などには特に弱いので、室内の温度や水没などに気をつけるのはもちろん、
落下などさせてしまうのはもってのほかです。
パソコンの寿命を縮めないためにも大きな負担をかけないよう注意しなければなりませんね。

ハードディスクの寿命は5年くらいと言われていますが、
使い方によっては、その寿命を延ばすことも縮めることもあると思います。
いつまでも使い続けられるものではないということを頭にいれておき、
いつ不測の事態が起きても困らないよう、必ずデータのバックアップはとっておくようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sese0918
読者になる
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる