セロトニンが不足すると体がだるくて眠れなくなる原因!

April 17 [Fri], 2015, 12:08
セロトニンが不足すると体がだるくなります。

そして、眠れなくなってしまいまし。



セロトニンは幸福ホルモンと呼ばれているもので、
心を穏やかにするのに必要なホルモンになります。

それで、セロトニンが不足すると心が穏やかではなくなり
イライラしやすくなります。

そして、無気力になってしまうのです。

無気力なのに無理して体を動かそうとすると、
だるさを感じてしまいますよね。


また、セロトニンが不足すると眠れなくなりますが、
寝不足による体のだるさも加わります。

セロトニンは睡眠に必要なメラトニンという物質を
作るのに必要になります。

つまり、セロトニンが不足すると
メラトニンを作り出すことができないので、
眠れなくなってしまうのです。


という事で、セロトニンが不足すると、
体がだるくなり、そして、眠れなくなるのです。


それで、セロトニン不足による
体のだるさと睡眠不足を解消するには、
セロトニン不足を解消する以外に方法がありません


セロトニン不足を解消する方法はいろいろありますが、
主な解消法は以下の3つです。


早寝早起き・太陽の光を浴びる

セロトニンは太陽が出ている日中に分泌されやすく、
日が沈ずむ夕方以降は分泌されにくくなります。

そして、太陽の光を浴びると
セロトニンが分泌されやすくなります。

ですから、早く起きて太陽の光を浴びれば
セロトニンが分泌されやすくなりますよ。


単調な運動(ウォーキングなど)をする

ウォーキングなどの単調な運動をすると、
セロトニンが分泌されやすくなります。

朝日を浴びがらウォーキングをすると、
セロトニンがさらに分泌されやすくなります。

また、食事の際の噛むことも単調な運動になります。

食事の時はよく噛んで食べると、
セロトニンが分泌されやすくなりますよ。


セロトニンの原料を食事から摂る

セロトニンを作り出すには、
アミノ酸の一種であるトリプトファンとビタミンB6が
必要になります。

トリプトファンはたんぱく質が分解されると出てきます。

肉や魚、大豆製品などたんぱく質が豊富なものを食べると、
トリプトファンを補うことができますよ。

また、ビタミンB6は、肉や魚、ナッツ類に含まれています。

ですから、肉や魚などを食べていれば、
セロトニンの原料を補うことができる、という事になります。


以上がセロトニンを増やす主な方法です。


また、セロトニンの原料はサプリメントなどで
効率よく補うことができます。

セロトニンを生成するのに必要なトリプトファンやビタミンB6をはじめ
眠れないのとだるさを解消するのに効果的な成分が
配合されているサプリがあります。

それは、「マインドガードDX」です。

不眠解消に効果的な成分が豊富に含まれていますので、
眠れなくて悩んでいる方におすすめなんです。

もちろん、セロトニン生成に必要な成分が含まれていますので、
体のだるさで悩んでいる人にもおすすめですよ。


詳しい情報は下の画像をクリックすると確認できます。
↓   ↓   ↓



















.