歯科治療の現場は日々進化をつづけてい

February 06 [Mon], 2017, 13:11
歯科治療の現場は日々進化をつづけています。



最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。



義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってもいいですね。技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医院を、インターネットの口コミなども利用して選びましょう。


インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが1本なら35万円前後をみてちょうだい。相場は地域によって異なります。



歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。



治療を初める前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療をうける歯科医院を決めることが肝心です。チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。
多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療をうけやすくしています。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前におこなう検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。


他の歯科治療と同じように、インプラントにも多様な点で、失敗が起きる可能性があります。失敗するとどうなるかと言ったら、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。



このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術をうけるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。
歯科で鎮痛剤の処方をうけ、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。



インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行ない、結果を検討した上で初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。
それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。


インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用には結構の開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。



インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと思ったら大間違いです。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って完璧なセルフケアを目さしてちょうだい。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスをうけてちょうだい。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。

あとは、治療が失敗し立とき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手く噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯がどうちがうかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、ご飯に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。一般的なインプラント治療は、段階が大聴く3つに分かれます。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、二ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもちょうどくるのはインプラントです。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、ご飯も美味しいと思えます。義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみでおこなうありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、命に関わる大事な問題です。

院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。


歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。


血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見をきき、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優月
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる