セレナを静岡で高く買取してもらうコツ

December 22 [Thu], 2016, 13:17
どうすれば、車をできるだけ高い金額で
買い取ってもらえるのかというと、結論から言えば、
高値で買い取ってくれる業者を見つけることです。


つまりできるだけ多くの業者に見積もり依頼をして、
金額を見比べていくんです。

ある会社の調査によれば、見積もりを比較した結果、
最高額と最低額の差の平均額は何と12万円近くにも
なるんだとか。

売る相手を間違えてしまうと、
12万円も損をしてしまう可能性があるので、
車の買取では一括見積サイトの利用は絶対に欠かせません。



■おすすめの一括見積サイト

このブログでおすすめしている
一括見積サイトは簡単な項目を入力するだけ。


1.メーカー
2.車種
3.年式(多少ずれていてもOK)
4.走行距離(多少ずれていてもOK)


この4項目に加えて、査定結果を受け取るための、
最低限の連絡先を入力すれば良いので、
スマホからでも1分で入力を済ませられます。


サイト経由で買取業者に連絡がいくため、
あなたの家に業者が押しかけてきて、
車を売るように圧力をかけてくる心配もありません。

女性でも気軽に見積り依頼ができますよ。



■車を売るならいつが良いの?


車を買い取ってもらう場合、たいていは、
何かしらの還付金を受け取れます。

自動車税
自動車重量税
自賠責保険
車検

は、基本的に前払いです。

残存期間に応じて、
それに見合った金額を査定結果に
上乗せしてもらえることが多いです。


ただ、そんなことを気にするくらいなら、
手放すと決めたら早いほうが良いです。


車の価値が突然、大きく下がるのは、
明日とか明後日かもしれないからです。


車の買取価格が一気に落ちるのは、
モデルチェンジが発表された時です。


モデルチェンジがいつ発表されるかなんて、
メーカーの内側の人間でもなければ、
知ることはできません。


うかうかしていたら、
チャンスを失うことになるので、
売ると決めたらとにかく早く蜜も依頼を出して、
高く買い取ってくれる業者を見つけておくべきですよ。


ちなみに、車の買取業者は、買い取った車をそのまま
中古車として売る以外の販売方法を持っているものです。

・部品として売る

・海外の取引先に売る

・スクラップとして売る


などなど、いろんな手段があるので、
たとえ20年以上乗っていようが、
20万キロ乗っていようが、
査定額がゼロ円になることは珍しいんですよ。
↓↓↓








保険は上手に割引を活用しよう

December 22 [Thu], 2016, 13:17
自動車保険は、任意保険にはなっていますが、ドライバーのマナーとしても加入しておく方が良い物です。
絶対に事故を起こすとは言えませんが、絶対に事故を起こさないとも言えません。万が一の事を考えると、手厚いサポートを受ける事ができる保険は、自分にも、また事故の相手に対しても入っておく方が良い物です。
とはいえ、自動車保険の値段を見てみると、なんかちょっと高いような気がする事もあるでしょう。
特に、事故を起こす可能性なんてないと思っている人にとって、数万円の出費はかなり大きな出費かもしれません。
とはいえ、保険料を抑えるために、保障内容をあまり充実していない物にするのは余り賢い選択とは言えませんね。
そこでお勧めなのが、上手に割引を使うという事です。自動車保険には、一般的に割引制度を使うことが出来るようになっています。どの様な条件の人であっても、同じ保険料ではなく、その人の条件によっては割引が効いて、一般に比べるとかなり保険料が安くなる事だってあるのです。
その一つが、免許証の色です。テレビとかを見ていても、自動車保険について取り扱っているCMなどを見たことがある人もいると思いますが、実は免許証の色によって、割引を使うことが出来ます。
自動車の免許証の色は3種類、グリーン、ブルー、ゴールドとなっていて、割引を使うことが出来る人は、ゴールド免許の人です。
ちなみに、契約期間中にゴールド免許になった時も、保険会社の方に連絡をしてみるのをお勧めします。
場合によっては、その時からゴールド割引を使うことが出来るようになって、保険料が戻ってくる事があるからです。
もう一つは、年齢です。その車を運転する人が限られている場合、その年齢以下の人が運転した場合には保険を使うことはできませんが、年齢条件を付けるだけでも保険料が安くなります。
それと同様に、乗る人を限定するのも一つの方法です。例えば、その車に乗るのは35歳の男性とその妻31歳のみであったら、30歳未満不担保・家族限定という感じで限定を付けるだけで、何も限定を付けていない時に比べるとかなり保険料が割引されます。
自動車保険は、どんな条件であっても同じ金額の保険料になるとは限りません。免許証の色・年齢等色々と割引を使うことが出来るので、保険料を安くしたい時はその割引を上手に活用するのがお勧めです。
またそういう事に対して分からない時は、保険会社の方に聞いてみると色々と教えてくれるので、そこで質問してから色々な割引を使うようにしましょう。

早割とはどのようなものか

December 22 [Thu], 2016, 13:07
昨今では様々な方法によって最良の結果をもたらせるように、早割りという自動車保険の契約ブランを活用して、通常よりも更に低価格で契約料金を済ませること検討する人も少なくありません。
そこで適切な方法として自分たちでしっかりと納得できる方法を確認しておく事こそ重要なポイントでしょう。
・早割とは基本的に早期契約割引の事を指しています。早割とは略称です。保険会社によって対象の期日は異なりますが、保険契約が始まる日よりある一定の日数以上前に契約申込みをした場合、割引対象となることになります。
取り扱っている会社では、基本的に45日以上前に契約申し込みを実施した人への申し込みを実行していることがあげられています。
とはいえ保険会社によってはまったく取り扱っていないところも少なくありませんので、事前に情報を積極的に取り入れて、取り扱っているかどうかを適切に確認しておくことが大切です。
現在のところまだ少ないのですが、やはり申し込みをしたいという場合には、その保険会社に申し込んでおくことが大切です。

・早割を取り扱っている保険会社現在まだ数社しかありませんので、通常よりも更に早めに取り扱いを済ませる場合などに適応されています。
・早割りはどれくらいお得なのか保険会社によって異なりますが、新規契約の場合には数千円、継続の場合には数百円から数千円というところもあります。
一概にどの金融機関がお得なのかはわかりませんが、通常よりも素早く効率よく行動することによって、かなりお得であるといえるので、自分たちの生活面を見直し、保険の更新手続きに関しての書類と契約日の計算をしてから確認をしたほうがいいといえます。
・早割りは得か?基本的にお得な制度といえますが、様々な部分の割引を含めて活用することによって、通常よりも更に早くお得に取り入れることが可能といえます。
また、複合的に別の割引と組み合わせることによって更にお得な料金となる可能性も高まります。
1年にわずか数百円だという会社もありますが、そういった会社の場合にはほかの割引と組み合わせることによって更に割引率が高まる可能性があるので、事前に確認をしておくことが大切だといえます。
実際にインターネットで申し込みを済ませる人など様々なライフスタイルに対応した形で発生している新しい形の割引方法なので、通常よりも更に効率よく魅力的な料金にするため、今後、業界で取り入れる会社も増えてくる可能性もあります。