高須英津子のセラリッチミルクが人気!セラミド高配合で肌バリア機能UP

November 07 [Sat], 2015, 16:36
高須英津子さんは雑誌「ヴァンサンカン」でも
「エレドクター高須英津子のBeaty歳時記」という
連載があるので、ご覧になる方も多いのではないでしょうか?


皮膚科医である高須英津子さんのこだわりが
凝縮しているのが、ジュランツというドクターズコスメ。


その中でも問合せが殺到して大反響なのが
「セラリッチミルク」という美容液です。


なぜセラリッチミルクが人気なのか?
その理由はズバリ・・・


「セラミドの配合比率がバツグンに高い」


これに尽きます。
この点で市販の美容液や他のコスメと差別化されてます。


というのも、「セラミド配合」と言われる化粧品の
多くは、配合率0.01%以下のなんです。


「少なっっ!!」


このことは、前述の高須英津子さんの記事で
知ったんですが、衝撃的でした。


そして、その当時に私が使っていた美容液を
恐る恐る見てみると、セラミド配合率0.01%でした・・。


当たり前ですけど、
少ししかセラミドが配合されていなければ
その効果もその分しか発揮されないのです。


そんなセラミドの配合率に注目してたどり着いたのが
セラリッチミルクでした。


セラリッチミルクは、セラミド配合率が4.25%。

一般的なセラミド配合美容液が0.01%。


ぜんっぜん違います!


セラミド配合率が高配合というのが
セラリッチミルクが30代40代の女性に人気の理由です。


ここで、なぜ30代40代の女性に
セラミドが必須なのか、確認しておきましょう。


セラミドは、そもそも肌のバリア機能を
正常に働かせるために必要な成分。


肌の「角質層」が、外的な刺激から守ったり
水分の蒸発を防いでいるのですが、

その角質層どうしをつなぎ留めているのが
セラミドから作られている細胞間脂質。


セラミドが不足するということは
角質層にスキマが出来てしまうということ。


肌のバリア機能が十分に働かずに
乾燥したりシワが増えたり保湿ができなくなるんですね。



肌のバリア機能は皮膚表面の近いところで働くので
外側から化粧品などでセラミドを塗り込んであげることが
効果的なんですね。


だからこそ、セラミドを多く配合している
高濃度の美容液を使うことが肌のバリア機能アップには
効果的です。


セラリッチミルクのメリットを整理すると・・

□ セラミドが高濃度で高配合率4.25%。
  (通常化粧品は0.01%以下なので圧倒的)


□ 皮膚科医 高須英津子さんが勧める安心の美容液
  敏感肌や目元など薄い肌にも使える


□ ファッション雑誌にも多数掲載されていて
  利用者も多く、口コミでも評判がいい。



でも、正直デメリットもあります。

□ セラリッチミルクはセラミド高配合なので金額が高め。

□ 一度試すと、市販のセラミド美容液には戻りたくなくなる。

□ お試し版を買って試しているうちに正規版が売り切れになった。


利用者の声では、金額が高いという声は確かにありますが
私自身は、セラミド配合率が高濃度で含まれているので
その分だろうなと納得しています。


もちろん、それはセラリッチミルクの効果に
私が満足しているからこそ、そう思えるのかもしれません。


やっぱり肌のプルプル感はまったく違いますし
特に目元の小ジワは、鏡を見てニヤけるほど
本当に薄くなりました!


「でももし買って肌に合わなかったら・・・」


と心配な方は、お試しセットも送料無料で
セラリッチミルクを購入できるので試してみても
いいでしょう。


ただ、セラミドはもともと人体にある成分なので
赤みなどの副作用は出にくい成分です。


また、皮膚科医の高須英津子さんが
監修しているのでその点は心配しなくてもよいのではと
個人的には思いますよ。


やっぱり、正規版をまとめて購入してしまった方が
使い続けるうえでは安心です。


私もよくやるのですが、
在庫切れの時に違う商品に浮気して
結局、その分損をするという^^;


もし興味が湧いた方は
下記のリンクから詳しい情報をチェックしてみては
いかがでしょうか。