2004年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seraphinite_y
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
ベジタリアン バリ・ウブド / 2004年12月30日(木)
インドネシアのスマトラ沖大地震の津波による被害に遭われた方のご冥福をお祈りします。
                         
 最近になって、ベジタリアンになった僕は旅先でかなり苦労すると思っていたのですが、意外と大丈夫だったのに驚いた。高級店に行くとちゃんとベジタリアン用のメニューを出してくれるところもある。今回いろいろ回ったけれど、一押しのお店は、『Kafe BATAN WARU』!! 値段もかなりお手ごろ。メニューにもちゃんとベジタリアンでも OK!な表記がされていて安心。2回行って、イエローカレーとナシゴレンを食べたけど、どちらも絶品。お好みで香辛料を入れるようになっていて、最初から全然辛くない!(むしろ少し甘い)のが一番うれしい。お腹に優しい感じ。ぜひまた行って、他のメニューも食べてみたい。
 ドリップしたおいしいコーヒーが飲みたければ、その近くにある『TUTMAK』。ここの飲み物はおいしかった。でも食事はダメ。メニューに『ベジタリアン用にします。』とあるので、ナシゴレンを頼んだら、鳥のから揚げが皿の上から外されただけで、後は全く変わらず。炒めご飯の中にはしっかりと鶏肉が入っていた。残念!
 あと『CASA LUNA』。ここのパンもお勧め。クロワッサンと、ケーキを食べたけど、とてもおいしかった。あと何個かテイクアウトして、後で食べようとホテルの部屋の机の上に置いておいたら、いつの間にか大量のアリがたかってしまった。残念!!
 他にも何件かおいしい店の情報があったのだけれど、いく機会がなかったのでまた今度行ってみたいです。今回の店は、いろいろなところで紹介されているので、ぜひ行ってみてください。
 
   
Posted at 00:04/ この記事のURL
コメント(0)
バリアン バリ旅行記3 / 2004年12月22日(水)
 バリ島で、アルサナさんを受ける前日、近くにもうひとり、バリアンがいることを知り、行ってみました。モンキーフォレスト通りから、少し奥に入ったところで、連れて行ってもらわなければぜんぜんわかりません。Balinese Traditional Healing Centerというところです。
最初はどんな感じかわからなかったので、食事だけをしたのですが、医食同源のようで、「これは身体のどこどこに効く」と食べものの説明を聞きながら食べました。ベジタリアンメニュー。健康的で結構おいしかったけど、辛い!! 店の雰囲気もよさそうなので、後日、ヒーリングを予約しました。
 スパや、マッサージとは違い、本当の治療です。ですが、バリアンなので、シャーマニックです。まず祭壇の前で、『お祈り』。そして祭壇の上にある水を頭にかけたり、飲んだりを繰り返しました。祈りとはまた別の祈り(どうかこの水があたりませんように…)をしながら水を飲んでました。
 治療ですが、タイガーバームのようなすうっととする薬や、ハーブをつぶして練ったものを身体に塗ったり、ハーブの葉を貼り付けたりしながら、マッサージを受けました。僕は飛行機疲れで、腰が痛かったので、こんな感じの治療になりましたが、別の病気の場合は、また全然違うと思います。
 最後に、ハーブの漬かった水を、お風呂場でかけてもらいました。ヒーラーの人は、50から60歳くらいの女性。ヒーリングセンターと言っても彼女の家です。小さい風呂場で、素っ裸になって、前の方まで、水をかけてもらっていると、子供の頃、母親と一緒に入っていた頃のことを思い出して変な感じでした。
 医食同源なので、この後、ジャムー(粉末薬)と食事。真っ黒い飲み物をボウル半分出されて無理やり口に押し込まれ、やっとのこと飲んだら、おととい食事をしたときと同じ食べ物がでてきました。時間は夕方4時頃…。食べられません。
 面白かったのは、腰以外のところ(頭とか目)を、念入りに治療されました。自分では気がつかないけど、悪かったみたい。さすがヒーラー。言わなくてもわかるんだ〜。
 だいたい3時間位いて食事つきで、1,500円位。貴重な経験でした。スパやエステだけでなくこんな感じのものを受けてみても おもしろいのでは?
 
   
Posted at 23:28/ この記事のURL
コメント(0)
ジャリ・メナリ バリ旅行記2 / 2004年12月15日(水)
バリ島のスミニャックという所にある、ジャリ・メナリ(Jari Menari “踊る指”という意味)で、マッサージを受けてきました。ここの社主である、スーザン・ステインさんは、以前、エサレンにいたことがあるそうです。ウブドで、僕がエサレンマッサージをしていると言ったら、スミニャックで、エサレンに関係のある人がいる、という情報を得たので、急遽、予約を入れた次第。ここの売り?である、『フォーハンドリラクゼーション 60分』と、『ベーシックセッション 75分』二つ合わせても5千円位(めちゃ安!)です。フォーハンドリラクゼーションは、2名の熟練したセラピストが動きを調和させながらマッサージしていきます。それは、まさにダンスのよう。僕のカラダというステージを使って・・・。(^^)
 今回のセラピストは、男性二人なのですが、セッションが始まって、すぐ妙な間が、あるな??と思い、薄目を開けてみると、僕の両側に立った二人が、片方づつ僕の肩に触れ、もう片方の手を伸ばし互いに掌と掌を合わせて、僕の上で『ピラミッド』のかたどっているみたいでした。このまましばらく静止。これは何かのエネルギーワーク?それともダンス??面白い(*^^*)!!好奇心で、ずっと目を開けていたいけど、我慢しました。でも何度か薄目でチェック。両サイドで、ストロークを行うときは、呼吸から、手の動き、離れ方まで、ピッタリ!!二人が頭・足に分かれて行うときは、片方のマッサージが終わって手が身体から離れると同時に、もう片方が、身体に触れてくるという(常にどちらから触れているわけです)、見事なほど調和の取れたセッションでした。リラクゼーションというよりは、エンターテイメント的な気もしますが・・・。
 ベーシックは、エサレンマッサージのベーシックとそんなに変わりません。はじめて受けるのにはいいかも。。でも他でエサレンマッサージを受けたことがある人には物足りないかも。
 帰りに、『ジャリ・メナリ』ロゴの入ったグッズを店員に、観光地の売り子みたいに進められて気分は最悪(ー"ー ) になりましたが、セッションは面白い(≧∇≦)です。近くまで来たらよってみてください。
 
   
Posted at 23:17/ この記事のURL
コメント(0)
アルサナ バリ旅行記1 / 2004年12月08日(水)
 今回の旅行の目玉であるアルサナさんのマッサージを受けてきました。アルサナさんは、バリアン(バリ島のシャーマン)で、一ヶ月先まで予約がいっぱい、などといわれていて期待は高まりました。
 アルサナさんは、バリ島のウブドにある“BODY WORKS CENTER”というところでやっています。中は、お寺みたい。吹き抜けで、緑が多くとても気持ちよかった。アルサナさん用のセッションルームは3階にあり、下よりももっと風通しが良く、南国の暑さが心地よさに変わりました。その部屋の中で待っていたアルサナさんが、ニコニコして迎えてくれました。仙人ような落ち着きようと、子供みたいな笑顔で、何者?という感じ。
 セッションはオイルをつけてのバリニーズに近いマッサージ。“ブダ・カチャピ”というらしい。
驚いたのは、彼にストロークは、筋肉と骨に直接触られているような感じ。普通だと太ももなどは、かなり力いっぱい押されないと(すごく痛い!(>_<。))、骨まで感じられないのだけれど、彼のは全く痛くない。骨の周りの普段触られないような細い筋肉までほぐされてとても気持ちがよかった。その後、体の上に乗っかられて、踏まれる。呼吸ができないくらい強い力で、肺の上を踏まれて、えー!何するんだ!と思っていたら、足が離れると同時に至福の心地よさが…。ヽ(´▽`)/〜♪ この人は、どこまで、身体のことをわかっているんだろうと、感心してしまった。マッサージが終ると、1階で紅茶と果物が出されます。ござや長いすがあってごろごろできます。10分くらい休むつもりが、動きたくなくて、一時間くらい倒れてました。前も書いたけど、吹き抜けでとても気持ちがいい場所です。もしウブドにいく機会があったらぜひ試してみてください。
 
   
Posted at 23:37/ この記事のURL
コメント(0)
帰国 / 2004年11月12日(金)
インドネシア・ジャワ島から戻ってきました。
 
   
Posted at 23:34/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!