誘導ページとは 

January 29 [Sun], 2012, 0:46
誘導ページとは
検索エンジンからのアクセスを呼び込むことを目的とした、
中身が無い誘導用サイトのこと。
GoogleがNGを出したサイト制作方法の一つだが
サテライトサイトの作成も、作り方によってはここに区分されてしまうため
注意が必要といえる

エイジングフィルタとは 

November 29 [Tue], 2011, 15:05
エイジングフィルタとは
新規取得されたドメインに対して特殊な評価を行うこと。
一定期間運営されたドメインでないと上位表示は難しかった時代には
頻繁に飛び交っていた単語ではあるが、
現在も同種のルールがあるかどうかは不明

LPOとは 

September 25 [Sun], 2011, 14:24
LPOとは
ランディングページ最適化
ユーザーが一番初めに到達するページの成果を上げるための工夫をいう
PPC広告などで誘導するページに特別なコンテンツを差し込むような方法が中心。
ユーザーの意図を組み込んだページ作りが必要になるため
専門で行っているような業者も多数存在する。

MEOとは 

June 11 [Sat], 2011, 9:51
MEOとは
マップ検索エンジン最適化と呼ばれる新マーケティング手法
Googleマップでの上位表示を狙う手法であり、通常の検索ではない部分をターゲットとしている。
基本的にはHP所有者が自信で登録する情報と、
検索エンジンが自動収集している情報で順位を判断している模様だが、
SEOほど詳しく調べられておらず、現時点では実態はよくわかっていない。

被リンクIP分散とは 

December 14 [Tue], 2010, 9:13
被リンクIP分散とは
被リンクを集めるうえで各HPごとに割り当てられているグローバルIPを分ける必要がある、という説
同一のドメインからの被リンクや、HPが置かれるサーバーによってIPは変化する。
マルチドメイン設定などをすると同一のIPになるケースも多く、
SEO業者などはIPを分散させないと被リンクの効力は発揮しない、という。
クラスA分散、クラスB分散といった用語も飛び交うが、
業者の多くが左から順にABCDと分けており、
実はそのIPの呼び方自体がそもそも正しくない。
一般サイトが気にする必要があることでもなく、数万単位の被リンクを受けるようになって
初めて多少気にすればいい程度のものでもある。

関連検索キーワードスパムとは 

December 07 [Tue], 2010, 9:16
関連検索キーワードスパムとは
YahooやGoogleの検索窓にキーワードを入力した際の予測変換や、
検索語に最上段に出てくる他のキーワードの候補の枠に
特定のキーワードを意図的に表示させる行為
虫眼鏡SEOなどと言われることもある
Googleアルゴリズムでは難しいが、Yahooでは検索クエリの過剰送信で
表示されることも多いため、Yahooがメイン土壌と化している
検索エンジン側からは公式にスパム行為であると発表されているが
現在のところ特にペナルティ等は確認されていない

YahooのGoogle化 

November 25 [Thu], 2010, 21:00
YahooのGoogle化
2010年11月中旬にサーバーの変化と思われる現象が起き、
ほとんどのブラウザでGoogleの検索結果を返すようになった。
Yahoo検索時のフッター、Copyrightの箇所が
Copyright (C) 2010 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.
となっている場合はGoogle検索を返していると判断して問題ない。
2行にわたって表示される場合、まだYSTを利用していることになる。
2010年いっぱいで全てのサーバーが切り替わるという正式アナウンスがあるが
今後Yahooなりの編集をかけていくのかは不明。

バイラルマーケティングとは 

October 31 [Sun], 2010, 20:07
バイラルマーケティングとは
口コミを活用したマーケティング戦略。
Web上ではSNSやランキングサイトなど、様々な切り口から口コミをしてもらい
サービスや商品の価値を高めつつ、集客や購買につなげることが中心。
本質的に評判を高めて口コミを誘発する以外にも、
いわゆる『やらせ』による口コミ戦略もあり、こちらはSEO用途にも活用される。
被リンク効果と口コミ的なワードでの上位表示をダブルで狙える上、
検索エンジン側からはあまりスパム行為に見えないというおまけつき。

コンバージョンとは 

July 15 [Thu], 2010, 13:33
コンバージョンとは
conversionを和訳すると『転換』となる。
よく「コンバージョン率」などと使われる。
ある状態から変化するという意味合いになるので、
Webマーケティング上では「成約率」という意図で使われるのが一般的

alt属性とは 

June 11 [Fri], 2010, 9:57
alt属性とは
ホームページ内のHTMLにて、画像に名前をつけるために用いられる
画像を表示できないブラウザ等のために、その画像がなんなのかをユーザーに伝えることが出来るが、
現状ではもっぱらSEOのために使われている