暴力問題や、強化委員会による助成金不正徴収疑惑など不

May 06 [Mon], 2013, 12:44
暴力問題や、強化委員会による助成金不正徴収疑惑など不祥事が相次ぐ全日本柔道連盟(全柔連)は18日、都内の講道館で理事会を開催した理事会では、佐藤宣践副会長(69)から上村春樹会長(62)らの辞職を求める声が上がったが、結果的には留任一連の問題を通じて辞職者ゼロと、改めて全柔連の自浄能力の低さが露呈された

【写真】パリで謝罪行脚の上村会長「針のむしろだった」

 落日に染まるニッポン柔道を象徴するような“ぬるい”決定だった約3時間半の理事会を終えた上村会長は、自らの責任を問われると、これまでと同じ答弁を繰り返した「第三者委員会からの提言を実行していくのが私の仕事です」連盟トップ以下、全幹部が留任責任の所在はまたもうやむやにされた

 相次ぐ不祥事を起こしながら、自浄能力が失われたと断罪されても仕方ない上村会長は「これからに向けて、一丸となって改革を進めていくという結論になった」と語気を強めたその舞台裏では、佐藤副会長が理事会前の執行部会と併せて2度、執行部の総辞職を提案「賛同はなかった誰も何も言わなかったので何を考えているか、発言がないので分からない」と同副会長採決さえも行われず、黙殺で葬り去られた

自浄能力低さ露呈 第三者委員会の提案を受けて検討プロジェクトを立ち上げたことに、小野沢専務理事は「6月の理事会までに推進体制などを定める」と改革案をアピール不正徴収の疑惑がかかる助成金問題については、「外部の人に詳細な調査を依頼していく」と進ちょくはなし一連の不祥事で後手の対応策を繰り返してきた全柔連が、誰一人として責任を取らずに幕引きを狙うのは、世間の常識とかけ離れている

 改革案のめどが立つ6月の理事会後の辞任についても、上村会長は「それはその時のことですから」と言葉を濁す管理責任を問われる上層部が“居直った”ままでは、改革など夢物語だ高齢者や障害者の生活を支援する「和歌山高齢者生活協同組合田辺支部」(串上良知支部長、和歌山県田辺市片町)は、新規事業として墓参り代行業を始めた事業代表の永井克己さん(71)は「高齢などさまざまな事情で墓参りに行けない人を支援したい」と話している

 墓参りに行きたいが足や腰が悪い人や交通手段を持たない人、地元を離れて遠方なために行けない人が多いという話を聞き、事業化した墓参り代行業の名称は「心香」スタッフには葬儀事業の経験者もいるという

 墓石や花筒の水洗い、花交換、草取り、線香立てなどをする作業前と作業後の写真を撮影し、依頼者に確認してもらう料金は1回4194円同月の2回目以降は3千円年間契約で毎月1回で4万1940円墓参りの付き添いや墓修繕の料金は相談に応じるという

 組合は1999年11月、田辺支部は2006年5月に設立した田辺支部ではこれまで、家屋の修繕や草刈りなど「暮らし、安心、お助け隊」や居場所づくり事業をしている

 「お助け隊」のスタッフは50〜60代の男性10人組合員から連絡を受け、材料費と1人時給1200円で請け負う隊員には元大工ら建築関係の経験者もいるほかにも、畳の入れ替えや入院患者の衣類の洗濯、病院での診察の順番取り、鉢の植え替えなど要望は多様という森山薫隊長(65)は「さまざまな要望があるが、できないと言わないでできるだけ対応したい依頼を受けたのをきっかけに時々遊びに行くなど、つながりもできた」と話す

 居場所づくり事業については、田辺市上秋津のデイサービスセンター「上秋津の里」で週に2回茶話会を開いている今後はこの場で、つえを作って寄付するなど社会貢献活動に取り組みたいという

 組合の事業を利用したい人は、1口千円を出資し組合員になればよい高齢者や障害者だけでなく、県内に在住か勤務している20歳以上であれば誰でも加入できる支部の組合員は約300人毎年1割ほど増えているという

 串上支部長(68)は「スタッフの生きがいにもつながる高齢化が進めば、困ったことはいくらでも出ている今後も事業を展開していきたい」と話している連盟トップ以下、全幹部が留任ガガミラノ 時計 レディース連盟トップ以下、全幹部が留任時計 レディース 人気連盟トップ以下、全幹部が留任ヴィトン バッグ連盟トップ以下、全幹部が留任激安ブランド通販連盟トップ以下、全幹部が留任グッチ iPhone ケース連盟トップ以下、全幹部が留任ガガミラノ 人気
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/seoano698/index1_0.rdf