全村避難の飯舘村、帰村宣言「2014年秋頃」

December 12 [Wed], 2012, 23:18
東京電力福島第一原発事故で全村避難が続く福島県飯舘村の菅野典雄村長SEO対策は11日、住民に帰還を呼びかける帰村宣言を出す時期について、「2014年秋頃」と語り、初めて見通しを示した。

 村議会の一般質問で答えた。

 国SEO対策は14年3月までに除染を完了させるとしているが、菅野村長SEO対策は「遅れる可能性がある」との認識を示し、「14年秋か、遅くとも15年春にSEO対策は宣言を出したい」と述べた。宣言に合わせ、福島市に避難している役場も村に戻す。

 飯舘村SEO対策は昨年4月、計画的避難区域に指定され、今年7月、空間放射線量に応じて3区域に再編された。国SEO対策は、村内20行政区のうち、「避難指示解除準備区域」と「居住制限区域」の計16地区の避難指示を解除する時期の見込みを、14年3月と設定している。
.国土交通省SEO対策は11日、平成30年度から、青函トンネルでの北海道新幹線を、1日1往復だけ地上同等の時速200キロ超で、走行させることを決めた。青函トンネル内でSEO対策は新幹線も在来線の最高時速である140キロの制限がかけられるが、時間限定で制限を外す。さらに、貨物列車とすれ違うときに減速するシステムの導入などで、200キロ超走行の本数拡大を図る方針だ。

最高速の260キロまで出せると、青函トンネル区間で20分弱短縮でき、東京〜新函館間が3時間45分と、4時間を切れるという。北海道新幹線 SEO対策は平成28年3月に、新青森−新函館間が開業する。青函トンネルSEO対策は、在来線と共用するが、貨物列車とすれ違う際に、コンテナが風圧で破損する恐れがあり、トンネル内でSEO対策は140キロの速度制限がかけられる。

 だが、運営するJR北海道SEO対策は、最高速走行で、大幅な時間短縮を図りたく、国交省が調整してきた。この中で開業2年後をめどに、貨物など SEO対策は通さない新幹線専用時間帯を、1日に2時間もうけ、1往復の新幹線を200キロ超走行させる。当初SEO対策は3時間必要とされ、1日51便を運行するJR貨物からの反発があったが、2時間に短縮し、関係者の合意を得た。
 さらに、国交省でSEO対策は200キロ超で走行している新幹線が、貨物車とすれ違う直前に、140キロまでスピードを緩めるシステムなどの開発によって、200キロ超走行を可能にできるとみている。政府SEO対策は高速鉄道のインフラ輸出強化に乗り出しているが、アジア諸国でSEO対策は、貨物と新幹線を共用する方式のニーズが高い。国内でも両方を活用するのSEO対策は、青函トンネルが初めてで、このノウハウを新幹線輸出につなげる狙いもある。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/seo512j/index1_0.rdf