痛くない、削らない歯科治療で40年、昭島市にある歯医者さん

August 25 [Fri], 2017, 20:47


歯医者は痛いもの。
そんなイメージをまだ持っていたら、大きな勘違いかもしれません。

医療の進歩とともに歯科医療も日々進歩しています。
かつては歯を削ったり埋めたりといったことが必要だった治療も
現在では必要最小限で済むようになっています。

そして現在の歯科医療は、
なるべく歯を削らないことを前提とする
『M.I 治療』が浸透してきています。
『M.I』とは『ミニマルインターベンション』、
直訳すると「最小限の干渉」です。

つまり、歯を削ることを最小限に抑え、
生まれ持った歯を温存することで
歯の寿命を伸ばそうとする歯科治療
です。

そしてそんなコンセプトをすでに
40年前から実践している歯医者が東京都昭島市にあります。

痛くない、抜かない、削らない治療を目指して昭島市に開業し、
いままでに多くの患者さんを診てきている歯医者さん。
特に最新のレーザー治療はより痛みが無く、
照射した部分だけに作用するため、
健康な部分を最大限に残すことが可能です。

昭島市以外から通う患者さんも多いことから、
その治療の質の高さがうかがえます。

痛みを気にする方や、歯のトラブルを抱えた方は、
気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
https://fujishika.org