給食格差

June 01 [Wed], 2011, 9:37
震災被害の大きかった被災地の公立学校の多くで、
パン1個と牛乳という給食が続いているそうです。
簡易給食では栄養、量ともに足りないので、
避難所から通う子どもたちのためにも
何とかできないかと、外注弁当を出すことにした
ところもあるようです。
外注弁当にすると予算オーバーするそうですが、
超過分は市の予算に計上しているとのこと。

ただここは、給食の管理が、教育委員会ではなく
学校給食センターに委ねられていて、現場の実情を
より知る立場にいるからこそ、こうした臨機応変な
対応ができているとのこと。

それにしても、同じ被災地の子どもなのに、
通う学校によって一方ではパン1個、
かたや毎日温かいお弁当が食べられるという、
この「給食格差」がなくなればいいですよね。

栄養不足で体に変調をきたす子どもが
現れる前に、SEO対策の費用と同じように、
対策が必要なところには、しっかり費用を
かけてほしいなと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seo-lpo-pro
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる