Blog 移設しました 

March 18 [Tue], 2008, 0:05
このたびBlogを移設いたしました。

URLも変更になります。http://yaplog.jp/root/

こちらのBlogは更新されなくなりますので、

新しいほうを見に来てくださいね(^^)

いつもありがとう!

とかげ 拝

週末のこと 

March 09 [Sun], 2008, 15:21
とかちゃんの個人オフィスは、大宮駅から徒歩10分ほどのメインストリート沿いにあります。

人呼んで、Veloce大宮店という名前です(笑)

駅からずっと歩いてコンコースの切れたその先にあって、周囲はオフィスビルなので、遊びや買物の人たちが来ませんから休日でもあまり賑わしくありません。予備校や夜間学部のある法科大学院があるおかげで7時から23時まで営業していて、さらにオフィス用のビルを使っているのでフロアがVeloceにするには大きすぎるくらい広く、スペースにゆとりのあることといったらまるで書斎。300円足らずのコーヒーで使える、素晴らしいレンタルオフィスなのだ♪西新宿の、工学院大学の裏のもいいんだけど、あそこよりもさらにこちらは書斎向きです。これで近くにFedexがあれば完璧なんだけど。いつもありがとう!>Veloce様

週末、とかちゃんと一緒に勉強などしたい方は、とかちゃんのオフィスへいらっしゃいませ!大宮は新宿から湘南新宿ライン等で乗り換えなし30分です♪


さてこの週末は、映画のセットみたいなところで過ごしてきましたよ。楽しかったぁ〜!

金曜の夜は、Kさんが横浜インターコンチネンタルのフレンチディナーへ誘ってくださいました。内心、王子様というニックネームを献上(笑) ひとことでいうと霧のように立ち上る気品のある方で、そばに居ると空気がさっと澄むようでありながら、こころ和ませてくれる穏やかな物腰。、そして耳に心地よく広がる声。姿もありようも美しい人と、素敵なお店で、凝った美味しい食事をいただくなんて至福のひとときですね(^^)

本当に美味そうに召し上がりますねと、Kさんにも大いに喜んでいただけたのでよかった♪ そういうことなら自信がありますよ!だって食いしん坊だもん♪ それに、一皿ごとに本当にわくわくするものが出てくるの。いちいち歓声を上げたり、うなったり、急に黙りこくったり、ひとり賑やかにやってしまいました。おとなしかったのはウサギのソテーを食べたときくらいかな…。舌に乗せたときと、おしつぶしてから、そして噛むほどに出てくる味わいと香り…その複雑な風味の移り変わりをじっくり味わいたくて押し黙ってしまったものだから、口に合わなかった?と心配されてしまいました。ちがうの、食べたことない美味しさだったの(笑)

Kさんは舌が肥えてらっしゃるから私みたいに騒ぎはしないんだけど、でも一皿ごとに(盛り付けを見て歓声、ソースをなめてホォー!部分ごとにわぁ〜♪ って調子ね)私がキャッキャと喜ぶのに、微笑んでそうだね美味しいねえと応えてくださるので、楽しさ倍増。もうお腹も心も舌も、めいっぱい楽しんでしまったのでした♪


それとね!帰りにお店の方から、深紅のバラを一輪いただいたの!もうここで完全に舞い上がってます(笑)感激屋さんなんだねえと笑われちゃったけど、無理もないと思わない?となりに王子様、手には深紅のバラ、素晴らしいエスコート。はははは、灰をかぶってお仕事したわけじゃないのに、魔法使いのおばあさんが人選を間違えたのでしょうか。シャンパンの軽い目眩も手伝って、芝居のセットの中を生きてみたような、うきうきした春の夜でした。かぼちゃの馬車がないので京浜東北のホームに向かいながら振り返ると、改札までおくってくださった王子様の背中が雑踏に紛れてゆきます。魔法が解けちゃう前のシンデレラの気持ちが分かる気がしました…靴を置いてきたらよかったかな?(笑)


Kさん、楽しいひとときと素晴らしいお食事をご一緒させていただいて、本当にありがとうございました。お話していたら、ぱっと心に花が咲くように元気が出て、ショゲていたはずが終始ニコニコして過ごせてしまいました。お料理も美味しかったですね(^^*) しあわせ〜☆
また近々、お目にかかりましょうね。次はワグナーの「La Boheme」、一緒に観にゆきましょう。


お姫様ごっこのような瀟洒な時間に酔った翌日は。

わたしのこのところの迷走ぶり、ショゲっぷりを案じてくれたNくん。忙しいなか時間を割いて、一気にどっぷり人情味あふれる、下町散策に誘い出してくれました。商店街のドン詰まりに、生ハムが豚の足のままどーん!と置いてある本気の肉屋さんがあって、そのビジュアルにもうとかげのハシャぎスイッチが一瞬でOnになりました。おじさんたら愛想よく薀蓄を披露してくれて、ほんわかと人懐こい気持ちに♪生ハムはさぞや高かろうと思いきや、足丸ごとでも3万円代、イベリコ豚のものでも6万円代で買えちゃうんだって。パーティーに持っていったら、かなり華やかっぽい〜!(女性ひとりで持ちあげるのは厳しそうなくらい、すごく大きいの)Kさんのスイートルームパーティーに次回参加の折、豚の足をまるごと抱えていったら沸きそうね(笑)

今日はいけないけど次回リベンジしようぜと誓いながらアップルパイ屋さんの前を通って(とかちゃんはアップルパイが大好き)、その場で焙煎して淹れてくれるコーヒー屋さんでコーヒー牛乳を飲んだり、デザインフェスタで気になっていた人形屋さんの本拠地をみつけて胸躍ったりしてから、ミスドで暖を取りつつしょーもないおしゃべり。まったく私ときたら低俗粗野丸出しだったのですが…ええちょっと脳内で記憶のいたずらがね…(笑)

お互い学生だったのに、彼は結婚して大人らしく落ち着きや自信を備えつつあり、いまだに学生時代の延長みたいで覚束ない日々の私には変な気がしましたが、久々に屈託なくおしゃべりできてとても嬉しかったです。このところ穏やかでなかったいろんな思いが、ニュートラルになるのが感じられました。頭では分かっているのに、気持ちのほうが悩みにつかまっていたのだけど、岩石が外側からはがれるように解き放たれて、「まあ仕方ないし。違う形でも楽しくやっていけそうだし…」と自由になったかんじ。


この人はもともと趣味の仲間で大好きな友達だったのだけど、私がまだ子供だったので、せっかくもっと近づきになれるチャンスを作ってもらったのにそれを見送ってしまった相手でもありました。そういう経緯のある友達とお話できたことが、まさに折り良く大きな助けになりました。原点に引き戻される感じがしたというか。忙しい中、私のために貴重な時間を割いてくれて、本当にありがとう!あなたがもしいつか息苦しくなって、誰かうなづく人が必要なときがあれば、私を呼んでください。眠れない夜とね(^^)


ああ、今週末は、素敵なことばかりだったなぁ。夢みたい。感謝のことばもありません。

さあ、いまからもうひとつ!素敵な時間を作ります。
今度はうんと集中して勉強することに成功して、自信を高める時間にしたいんだー。成果をまた誰かと分かち合えるような、密度の濃い勉強が出来るように、頑張ろう(^ー^)

連絡 

March 09 [Sun], 2008, 11:01
昨日の話で、それと似たような仕事を聞いた覚えがある…と思ったのだけど、不確か過ぎてノイズのようなコメントになってしまったので、本を探ってみました。こういう話だった…ちょっと違ったかなあ。特許段階で情報が出せると大使館や競合がお客になるのかな?テスト段階だから、予習したいお客さんへのBtoCだもんね。


うろおぼえ失礼しますた(^^;)
携帯のアドレス以外知らないので、添付ファイル送れないからここにあげておきます。

大橋禅太郎「すごい会議」より。

著者についてはここ

不自由が恋しいくらいひとりきり 

March 06 [Thu], 2008, 4:11
私が生まれた頃の古い歌だけど、眠れない夜に朝を待つともなく、音楽を聴いていて出会った。クリスマスに歩いた丸の内の、色とりどりのビオラ・パンジーで拵えたツリーがぼんやりと見える。もう春だもの、出会いと別れの春。去る人は去り、遠ざかる人は遠ざかって、それでも魂に通うものがあるなら絆は断たれることはないのでしょう。

夏は冬にあこがれて、冬は夏に帰りたい、というのもあったね。ふふ(^^)

「哀しいくらい」小田和正

僕のまちがいは 哀しすぎる
いくつかの愛を 通りすぎたこと
いつもことばが 足りなくて
君は息を止めて 僕を見てるだけ

今はこのまま 夜よ明けないで
見えない明日は 来ないでいい
哀しいくらい 君が好きだから
心ひらいて

君のまちがいは いつもおびえる心
「今さえよければ…… 今 倖せなら……」
どうしてそんなこと 思ってたの
君よ泣かないで

……だから
今はこのまま 夜よ明けないで
見えない明日は 来ないでいい
哀しいくらい 君が好きだから
心ひらいて

哀しいくらい 君が好きだから
心ひらいて

倖せになれるね
顔を上げて 眼を閉じて
哀しいくらい 君が好きだから
哀しいくらい

株式会社日本ブレイク工業(←関係ない) 

February 26 [Tue], 2008, 23:36
ジェロ、ブレイクしてるねー!
なんか嬉しい…(^▽^)

http://www.youtube.com/watch?v=CwTFJ-Vwbgs


あ、日本ブレイクはあの社歌が熱すぎる、横浜の解体屋さんです。
作詞作曲、歌唱は いち登録社員さん。ブームは去ったけど、好きです。

http://www.nbk.gr.jp/song.html



ダイヤモンドカッターだだんだんっ!

パラダイムシフト 

February 25 [Mon], 2008, 16:21
前にも、本を捨てなさいという提案をしてくれたのをよく覚えています。

それはあなたの昔の恋人の話でしょう?と
正直そのときは思いました。それは私じゃないわよと。


でもあなたが教えようとしてくれたのはそういうことじゃなくて、
頭の中身を詰め込んで空想の世界だけを完全に育てることではなく、
現実に自分のいる世界を作り上げていったらどう?
という示唆なのかなと気づきました。

本の中に私の人生があるわけじゃないものね。

これから、きっと変わります。
必要なことは本を捨てることじゃなく、
もう半分側の自分を押し殺さないことだと分かったから。


昨日ね、初めて会った方から、こんなメールをいただきました。

とかげさんとは最後のGrワークでご一緒させていただきましたが、
目標だけトゲトゲ、ギラギラ(笑)した人に見えるけど、
本人を目の前にすると まるく、あたたかい 感じがしました、
よく笑うからかな。
「こんなオーラもあるんだぁ」と新鮮でした。
お話できてよかったです。



たった10分足らず、お話しただけの方です。
率直さにも、形のないものを受け取る感覚の鋭さにも驚きましたが、
これって、まさに私の俯瞰図なんじゃないかと思ったの。

自分が笑っていたかどうかはまったく覚えていませんし、
そんなにトゲトゲしい、ギラギラした目標を語ったつもりでもなく。
いずれにしてもこの両面とも私なのです。


双方の連携がよくないから、その連携をとって、
どちらも生かしてやったらもっと質の高いバランスが取れるはず、
そんなことを実感しています。

本が邪魔なのではなくて、違うことに使っている私の問題なの。
あなたの提案をそのまま私の答えにはならなかったけど、
提案は私がいま持っている私自身の答えを導くための、最初の式になりました。



本当に、ありがとう!


----------------------------------------------------

週末二日間かけて、創造性や潜在意識を大いに活用して
驚異的な成果をあげる読書法(といっておこう)の講座を
受講してきました。40人いた受講生の中で明らかに私一人、
際立って特異で突飛な成果を得ていました。
頭のおかしい人と思われたかもしれませんが、
終了近くになって、再受講の人でこれまで劇的な成果を上げてきた人が
自分の活用事例とそのやり方をみんなにはなしてくれたなかで、
とかげが言っていたのと同じ経験ですがこのあとこんな風にモノが
見えるようになりました、といってくれたのが嬉しかったです。
講師もよく分かるといっていたので、たぶん私は一挙に無意識に
アクセス回路が開いちゃったのですね。


「クレディセゾン」という文字がいま目の前のDMに出ていますが、
見た瞬間そこから一気に脳内で銀座の劇場で芝居が始まってしまう、
とそれを見ているうち左手を額に当てて天を仰いだ女優の記憶から
一挙にパルコ劇場でスタニスラスを呼ぶ女帝と「愛しているから
殺すのよ」と男を箱に詰めている盗賊の女首領が一度に見え、
そうかと思えばその線上のシーンから一気に古いスーパーのうらの
ダンボール置き場での遊びにとびます。

もう見たものから無限のハイパーリンクがめぐってしまいます。
劇場の膝の上で暑かった狐のコート、シェリー酒の香り、
慣れない靴で擦れた足の痛み…
10年前だろうがいつだろうが、とめどなく五感が今日に降って沸きます。

この技術の名前は、フォトリーディング。
無意識と意識の両方を使って情報を処理する技術です。
意識だけの情報処理が知性だけに依存する一方で、
フォトリーディングはわくわくする気持ちが、技術の要です。
有意義であって、とてつもなく楽しい。
ついでにラッキーなことに、日本人に合っています。

もう世界の各国で、学校の公教育に取りいれられていますし、
メキシコではこれのできない人は法曹の受験資格すら得られません。
パソコンがそうであったように、いずれ日本でもフォトリーディングが
ないなんて考えられない、という時代がやってくると思います。

いままでなんだったの!?と、少なからず腹が立ちますけど…

知性として認められてこなかった創造性やアート、
人と人をつないで幸せにする心のチカラといった人間の豊かさを、
満足感を高めるというだけの人性の彩りだけで終わらせず、
左脳と同様に実用的な情報処理エンジンとして使用します。

一度無意識の世界にプロセスを渡してしまうので、
その部分はブラックボックスですが、無意識のプロセッサが
動いているあいだ脳の特定の箇所が熱いので、処理は体感できます。

で、何をどうやったかは知りませんが、処理がすんだ頃に
意識側から適切なプロトコルでアクセスしてやると、
とんでもない結果が取り出せてしまいます。

ふと思い出した新宿駅そばの料理屋からミツ○ー本社までとんで、
喫煙所の自動販売機のコカコーラとその周りの配列まで
見に行けます(笑)デザイナーさんが書いてる絵も見えますねー。


き も ち わ る い で し ょ ( 笑 )

お願い、気持ち悪がってて!
そのあいだにお先にいかせて貰いますんで、シッシッシ!


…って感じですがいずれ、広まっちゃうだろうな。
あああ、7年前であったときに講座にいっておけば!!(涙)


潜在意識がどうのこうの、という話はこれまで
意識の世界に取り出せるものが何一つなかったので、
ものすごく胡散臭いものでした。
詐欺やでたらめの温床でしたからね。

でも、受講した仲間がいうように、「新しい扉を開けた」ように
両方を行き来できるようになったら、まったく世の中が違ってみえます。

心理学で言われていたことは本当なんだと体験したり、
頭では うっそ! と思うようなシナプスの結合がでてきちゃったり、
がちがちに癖のついた意識だけの狭い世界(脳の3%ですからね)では
絶対に思いつかなかった知見がやってきたり。


こんなエキサイティングで即効性のある技術、ほかにないですね。
教えて欲しい?本で読んでる?


ダメです、本じゃわかりません。最初に著された本からずっと追ってますが、
鉛筆がシャーペンになるだけです。パラダイムシフトが起こらない。
でも合気道のように、型を道場で教われば一瞬です。
本で合気道をやる人はいないでしょ。


一気に意識/無意識の連絡通路が開通してしまったようで、
あまりにも脳が止まらないので(何千人と教えてきて、こういう人は初めてだそうです)
いま意識側だけに知覚を絞ってこの文章を書いています。
そうじゃないと、シナプスにはルートがないので、意識だけ使ってる人に
伝わるようにまとまらないの!論理と言語は意識層の処理だもんね。
無意識側は、コンテンツも経験も各人違うので、
同じものでも受け取られるものがまったくちがうし。。


自分がもっていた反対側のEQな自分と手を結んでしまった今、
この手を解くなんてことは考えられません。
そしてものすごく自分に信頼感が満ちています。

芸術と知性に敬意を払うことを大切にしていて本当によかったとおもいます。
取り出せないでいたけど、無意識下に想像を絶する量の質の高い豊かさを
めいっぱい詰め込んできたんだもの。
人が私の魅力を認めてくれるのは、感性だったり、笑ったときに蜜柑のしぶきの
ように散る瑞々しく開かれた心だったり、するのです。
閉じてしまうこと、ないことにしてしまうこと、全然ないよね。

今なら思い出せるあの日、封印の鍵として「とかげのしっぽ」を心に刻んで
封をしたものを、もう一度開くときが来ました。いや、もうひらきつつある。

トカゲの尻尾はシンボルだったけど、人に説明した意味以上の意味があることも、
自分で自分を閉じたことも、私の意識は知らされていなかったのね。
ただ忘れてしまわないために、私はもうひとつの名前を自分のつけたのでした。

もう誰も私を殴ったり、おびえさせたり、襲ったりはしないのだから。
柔らかで敏感な心をまもるために、自分の半身をしまっておく必要はないんだね。


ああ、ほんとうによかった。

捉えたこと 

February 23 [Sat], 2008, 0:48
感情を伴った学習というのはよく身につくので、君は有能な人間だといわれてなぜか全否定したうえに猛烈になにかに怒りを覚えた、という先の経験をぜひその機会にしたかったのだけど、結局うまく解としてまとめられなかったかも。

捉えられたことは、

理想と、自己イメージと、実績のあいだに非常に大きな乖離があって

理想に基づいて、自己イメージに立脚して行動しようとするが、実績が伴わない。


特に、自己イメージと実績の乖離が問題で、90点=マイナス10点(満点から)と見做す要領で、その差に四六時中いちいち傷つくうえに、そのうち実存まで嫌悪してしまう傾向がある。学習は自己イメージを育ててはくれるものの、先に脳内でその内容を習得してしまうので、学ぶほどに自己イメージと実情との乖離が拡大する。学習が実情を育てるには修練を要するので、拡大した乖離のために学習そのものが苦痛になる。(イメージ上、先にできているべきものが、実際にできないから。)


観察すると、アホです(笑)頭はアホだと笑っても、感覚のほうはすぐにイメージとの差分を参照しては恥じ入ってばかりいて、これが望ましい結果にはつながらない習慣なので、早急に切り替えておきたい。

以上、まとめ。抽象論はまとまったけど、具体的プランにはなりきらなかったね。

学習する状態と進める準備を整えること、目標と現在地の捉え方を変えること、「非知的高等生物」に退避している自己イメージを内容はどうあれいったんノーマルに戻すこと。

ためになったなあ♪

出品してはみたけれど 

February 22 [Fri], 2008, 20:43
あ~ん、失敗しちゃった!(><)

検索でひっかかってこない…。ヤフオクの検索って、原則としてタイトルしか検索対象にならないんだね、普通にやると…。うわあ盲点だったなあ。著者がクローズアップされてるのに、著者名を省いちゃった。タイトルは30文字までしか入れられないのだけど、タイトルを短縮すればよかったね。ほかの、入札されてる本のタイトルを研究してからにすべきでした。アクセスが40件しかないもん(笑)

落札されなければ、もう一度出しなおしてみようっと。それと写真をいれたほうがいいのね。2mmの破れってどんなの?って思うもんね。アドバイスくださったかた、ありがとうございました。

なにごとも経験。意地でもヤフオクで売ってみせるっす☆

ヤフオクに出品してみたよ 

February 21 [Thu], 2008, 20:56
佐川急便さんが今日本人確認便をもってきてくれたので、晴れてヤフオクに出品ができるようになりました(^^)v 最初に佐川さんが来たとき、87歳のうちのおばあさん@だいぶぼんやり しかいなかったので、宅急便屋が免許証やパスポートを持ってきたといってるけどいったいあの子はなにを企んでいるの!?なにか事件に巻き込まれたんじゃ!!…と、大騒ぎになっておりました。おまけに、私が年寄りだと思って荷物も預けないなんて!どうかしてるんじゃないの!と怒り心頭。いや、ちがうんです(^^;)

身分証明書の確認を代行することになっていて、たとえ私が家にいても、証明書をみせるまでは受け取れないのよと説明したけど、まあわかんないよね。ヤフーでITなことだけは分かってくれたようなのですが、なんら誤解を解く助けにはならなかったので、お祖母さんにも業者さんにも私にも気の毒ですが、もうそのままにしておくことにしました。明日からはこのおばあさんとふたりきりだー。でも、孫の務めだし、大事に思ってはいるので、お給仕させていただきます〜。

出品したのは、いま売れ行きのよさそうな勝間本の赤です。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m49411656

勝間本を横断買いしたら1万円超えちゃったので、若干の資金回収ができるといいな。今月50冊以上本を買ってしまったので、財布が寒くて寒くて(涙) 紹介文ってこんな感じでいいのかしらね。コメントもらえたら参考にさせてもらいます☆


私は本名のほかに、とかげちゃんとミヅキちゃんという名前で呼ばれてまして、ミヅキちゃんはこのYahoo!のIDを作ったのが7月だったので、7月をもじってつけました。文月(ふづき)を(ふみづき)と読み替えて、うしろ3文字を取っただけです。ハンドルネーム違いで8月に作ったハヅキちゃんとか、11月に作ったカンナちゃんもいた気がしますが、使ってないのでもうIDすら覚えておりません(笑)

誰も入札しなかったらちょっと悲しいので、誰か入札してちょ。ジョニー・デップ似の二枚目、アーメイ似のエキゾチックで品のいい淑女なら、身体で払ってくれてもよくてよ(ぉぃ)

朝湯ですっきり 

February 20 [Wed], 2008, 5:41
おはようございます♪朝風呂済ませてほかほかのとかげさんです。

いつかのハンズメッセで購入した、椿のシャンプー&コンディショナーを開封しました。泡立ちのよすぎるシャンプーはいかにも界面活性剤たっぷり!身体に悪そう!という感じであまり好きじゃないのですが、こちらはこってりもったりとした密な泡がほどほどに立って、なんだかリッチな洗い上がりです♪もうひとつ、表示指定成分無配合というラベンダーのシャンプーも買ってあって、椿が開いたらそちらも楽しみ。ヘアサロンで、同じシャンプーだと思われるもので洗ってもらったことがあって、すごくほっとしたのよね(^_^) ほんのささやかな贅沢でリフレッシュできちゃいました。


一部でご心配いただいているようですが(すみませんねぇ)お察しのとおり、あまり心中の落ち着きがよくないので、いろいろ行き届かないところが目に付きます。そういうことがまた次のほころびを呼んでしまったりするので、気がついたらすぐに手をかけるように心がけています。当たり前のことをきちんとやるって難しいことですが、基本に忠実になればそれだけ物事がシンプルになって、物事の調和を取りながらうまく進められるようになるでしょうから。


仕事のあと、県立図書館に寄って作業や勉強をして帰る日が増えました。これはこれで、家に帰るとやりたくなくなってしまうことをこなして帰れるので有意義ですが、もう少し自分の部屋にいて、内側を基盤を整えることにも気を払ったほうがいいかもしれないね。
P R
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/senohtokage/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE