セノビックの効果は?口コミは?本当に大きくなれるの?

May 26 [Thu], 2016, 11:58
どこから聞きつけてきたのか、お子さんから急に
「セノビック」を飲みたい、と言われ、

どうしたものかと、悩んでいるママさんも
いるのではないでしょうか。



確かに幼稚園のときから背の順はいつも一番前で、
腰に手をあてる「前へならえ」しかやったことがないから、
本当に効果があるんだったら、飲ませてもいいけど、

でも、本当に効果あるの?

という疑い半分の気持ちが正直なところだと思います。


「セノビック」は現在までに、800万袋も売れているので、
購入者の口コミもそれなりに見て取ることはできるのですが、

「効果がある」「効果がない」ということに
言及している口コミはほとんどありません。

みなさん恐らく購入してから
1ヶ月程度で口コミを寄せているので、
そんな短期間では効果のあるなしなんてわからない、

ということがひとつと、

もし、その1ヶ月程度で急に背が伸びたとしても、
それが他でもない「セノビック」の効果であるかどうかなんて、
誰にもわからない、という当たり前の理由からです。

ただ、口コミの多くは、

牛乳で溶かしたセノビックをおいしい、おいしい、
と言って飲んでいるので、いつか効果が現れて、
大きくなってくれたらいいなあ、

といったような、期待まじりのことが書かれています。

効果があるかないかを口コミから判断することは難しですが、
ほとんどの子供たちが、

「セノビック」をおいしいと言って飲んでいること、
そして、それまであまり牛乳を飲まなかった子たちでさえ、
習慣として牛乳を飲むようになったことは確かなようです。


身体が大きくなるためには、
遺伝、バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動、
といった4つの要素が必要ということは、

お医者さんの声としてもよく聞くことです。

厚生労働省が発表したデータによると、
1950年から2010年の60年間の間に
30歳代の日本人の平均身長は、

男女とも右肩上がりでほぼ10pほど高くなっています。

ここで先ほどの身体が大きくなるための4つの要素のうち、
遺伝を除いた3つの要素を考えてみます。

1950年頃に比べ、現代の子供たちのほうが
十分な栄養をとっているといえるでしょうか?

1950年頃に比べ、現代の子供たちのほうが
十分な睡眠をとっているといえるでしょうか?

1950年頃に比べ、現代の子供たちのほうが
適度な運動をしているといえるでしょうか?

自信を持って今の子供たちのほうが恵まれているといえるのは、
「栄養」についてだけではないでしょうか。

「睡眠」も「運動」も、60年前の子供たちの方が、
今の子供たちよりも条件がいいように思います。

そう考えると、身体が大きくなるには4つの要素が必要だといっても、
「栄養」にかかる比重が、より大きいのではないかと考えられます。


「セノビック」には、カルシウム、鉄、ビタミンD、ボーンペップ
といった4つの成長成分が含まれています。

カルシウム、鉄は言うに及ばずですが、
ビタミンDは体内に吸収されにくいカルシウムの吸収を
促進する働きがあります。

また、ボーンペップは、卵黄から発見された
骨の成長を助けるペプチド(アミノ酸が結合したもの)で、
骨を成長させる細胞を活性化させる働きを持ちます。

「セノビック」が背を伸ばす効果があるかどうかはわかりませんが、、
なんとなく応援ぐらいはしてくれそうなイメージですね。

これだったら、試しに少し飲ませて見ようかな、
と思ったママさんも、その前にお子さんと
ひとつ約束を交わすことは絶対に忘れないでください。

飲ませてあげるけれども、ご飯は今まで通り、
ちゃんと食べるのよ、と。

「セノビック」についてもっと知りたい方は、
下記の画像をクリックし、詳しい情報をご覧ください。
↓  ↓  ↓