妊娠届出書の書き方で良くある疑問点
2016.05.15 [Sun] 19:12

■妊娠届出書の書き方で良くある疑問点
妊娠届出書は、妊娠しているということを正式に地方自治体に報告するための書類です。妊娠届出書を提出することで、母子手帳をもらうことが可能になります。妊娠届出書を書く時に特に困ってしまうのは、未婚の場合でしょう。

未婚の場合に、旦那さんの名前を記入するか悩むかと思いますが、結婚の予定があるならば記入しておいても良いでしょう。また、職業を記入する欄で悩む人も多いようです。アルバイトやパートでも記入して大丈夫ですので、自分の職業をしっかりと記入しておきましょう。他にも疑問に思った点があれば、地方自治体の窓口に聞いてみると良いかもしれません。

■妊娠届出書に記入する主な項目と書き方
妊婦・旦那さんの氏名
既に結婚をしている場合には困ることはありませんが、未婚の場合にどう記入すれば良いのか悩んでしまう人が多いようです。未婚であっても、旦那さんの氏名は記入して大丈夫です。また、記入していなくても提出を受け付けてもらえないことなどはありませんので大丈夫です。

妊婦さんの職業
妊婦さんの職業について記入する欄があります。正式な社員ではなく、アルバイトやパート勤務でも記入して大丈夫です。仕事をしていれば書いて大丈夫ですので、しっかりと記入しておきましょう。

病院で受けた検査・検診
性病の検査を受けたか、結核検診を受けたかなどについて記入する欄があります。病院でどのような検査を受け、どのような結果だったのかなど、検査を受けた際の書類は残しておくことをおすすめします。

■妊娠届出書の書き方は参考になりましたか?妊婦さんに摂取してほしい成分のご紹介
妊娠届出書を無事提出したところで、妊婦さんに積極的に摂取してほしい成分を紹介します。元気な赤ちゃんを生むために必要な「葉酸」という成分をご存知でしょうか?

妊婦さんに積極的に摂取してほしい成分として、厚生労働省も呼び掛けています。葉酸を摂取することで、赤ちゃんを育てるために足りていない栄養分を補うことが出来ます。「ベルタ葉酸サプリ」のようなサプリメントなら、毎日手軽に葉酸を摂取することが出来るのでおすすめです。